トップページ詐欺/トラブル › ノアコイン(NOAH COIN)は詐欺?泉忠司が返金に本当に応じるのか?

ノアコイン(NOAH COIN)は詐欺?泉忠司が返金に本当に応じるのか?

ノアコイン 詐欺

泉忠司氏によるフィリピン政府を巻き込んだ国家プロジェクトでノアコイン(NOAH COIN)が販売されていました。
しかし、実はフィリピン政府全く関与しておらずノアコインを購入した投資家たちからは詐欺ではないかと言われています。
一体どんなプロジェクトだったのか、返金はどのようなものなのかを見ていきましょう。

ノアコイン(NOAH COIN)って何?

ノアコイン(NOAH COIN)とは2018年6月に市場公開される新しい仮想通貨です。
ビットコインをはじめとするさまざまな仮想通貨がありますが、ノアコインもそのうちの一つとして
市場に出てくるものだといわれています。

なぜかというと、ノアコイン(NOAH COIN)のプロジェクトで大きなテーマがあり、
それは、「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援するため」の世界初の仮想通貨だそうです。

プロジェクトに賛同したフィリピンの有志と日本が架け橋となりフィリピンの支援をしていくという国家プロジェクトではなくあくまでも民間のプロジェクトとのことです。
そしてこのフィリピンの有志が集まってできたのが非営利団体「ノアファンウンデーション」であり「ノアプロジェクト」と言われています。

そして、ノアコインやノアプロジェクトを復旧させるために泉忠司氏さんが関係しているとのことです。どんな人物なのか見ていきましょう。

泉忠司ってどんな人?

まずはじめに泉忠司さんの経歴を見ていきましょう。

泉忠司氏経歴

●350万部のミリオンセラー作家
●現役の英語の大学教授
●ケンブリッジ大学にも大学院博士課程の時に留学
●河村隆一さんと小説と音楽のコラボレーション
●3000名のコミュニティー運営
●1カ月に17億円の売り上げ達成
●フィリピンに1年の半分以上住んでいる
●「ドラゴン桜」のモデルになっている
●文化褒賞を受賞
●年間、個人で20億円の利益出す
●個人で不動産を1年間で1000件以上販売
●海外で取締役を務めるホールディング会社が2つの銀行を所有

ざっとみてもとても凄い方だというのがわかります。

また自身の活動の一つとして「ドラゴンアカデミー」という塾で仮想通貨についても講座を開設しています。
そんな泉さんですがフィリピンの社会問題を解決するためにノアコインという仮想通貨を広めるプロジェクトに参加されていたのですがそのノアコインに詐欺ではないかという疑惑があったそうです。

ノアコイン(NOAH COIN)は詐欺なの?

ノアコイン 詐欺

検索すると「ノアコイン(NOAH COIN) 詐欺」と出てくるのはなぜなのか見ていきましょう。

泉氏は仮想通貨ノアコインの6000兆円プロジェクトというものに取り組んでいたそうです。
内容は、「たったの1秒作業することなく、最低一億円以上の現金が自動化で確実に手に入り
40年以上の不労所得が約束される3歳から90歳までの方ならば100%実践できる」という
すごい内容のものですよね。
あなたから1円も受け取りませんと言いながらも自身のドラゴンアカデミーという高額塾の宣伝加入をしてみたり、エイダコインの価値が上がるからエイダコインに投資しあなたは「何もしなくていいですよ」と話が変わりエイダコインを紹介して、その次に紹介手数料をエージェント資格を100万円以上の金額に支払っていただいた方に付与しますということをしていた模様です。
また、違う動画にも、「僕がキミのゼロを1億円にすることを約束します。」
という謳い文句がありました。
これはノアコインを手に入れることでゼロを1億円にするということのようです。

しかし、フィリピン政府公認など、嘘の宣伝がばれてしまい
フィリピン駐日大使館やフィリピンナショナル銀行からは無関係だと正式な発表がありました。

フィリピンでは「内容がかけ離れている」として許可はしていないと名言までしています。

結構大々的にやっていたプロジェクトなので大きな話題になっていたようですが、
実際フィリピン政府とはなんの関係もなく、国家プロジェクトではないと宣言までされ、
しまったようです。

それにも関わらず泉氏はプロジェクトを進めた結果警告まで来てしまったため
泉氏はメッセージを発信しました。

泉忠司氏のメッセージ

泉忠司です。
ノアグローバルイノベーションサービスより
非常に重大な発表がありました。
大切なお知らせですので、
僕の方からも趣旨をお伝えいたします。

ノアコインは第2期のプレセールを終えましたが
プロジェクトの規模が非常に大きくなっていることもあり、
ノアグローバルイノベーションサービスは、
第三者機関を通して、コンプライアンスを遵守する責務があるとの
見解に至りました。

そこで、既にノアコインを購入していただいた方に、
以下の4つの措置がとられることになりました。

1、下記の「ノアコインの情報の訂正と謝罪」において
説明することにおいて購入当時のノアコインに対する認識と誤解があった場合や、
その他の理由でノアコインの継続所有を希望されない場合は、直ちに売買契約を
無効にし、お支払いいただいた金額と同額を返金する。

2、ノアコインを継続所有にご了承いただき、今後も変わらず保持する場合は、
継続所有の同意の確認手続きをしていただく。

3、既存購入者の皆様に対して上記2店の確認が完了するまで、第3期プレセール開始を延期する。

4、第3期プレセール開始まで予約受付を一時休止する。

泉氏によるノアコインの修正と謝罪

フィリピン大使館やフィリピン・ナショナル・バンクの発表等により投資家達から
「詐欺」と言われたり今後の動きについてノアコインはかなり心配されています。

泉氏によるとプロジェクト発足当初から
ノア側は多くのVIPとミーティングを重ねていたそうで、
泉氏自身も
「間違いなくこれは国家プロジェクト級の事業だ」と認識をしたそうです。
その後、彼が行うセミナーや動画で、ノアコインのプロジェクト規模を説明する際に、
「製剤官民が一体となって取り組んでいるプロジェクト」や
「国家プロジェクト」等、「フィリピン政府公認の暗号通貨」と認識されるような表現が
あったのは間違いなくあったと言えます。

泉氏自身も、「僕の行き過ぎた表現でそのような事態となったことを深く反省しており、
ここに謝罪します。」と発信していました。

しかし、その謝罪とはうらはらに、過度な表現は独り歩きをしてしまい、
「ノアプロジェクト」=「フィリピン政府公認の国家プロジェクト」であるかのような
表現が用いられた代理店サイトが幾つもインターネット上に出てきてしまったのです。

また、ルシオ・タン氏がノアプロジェクトに関わっていると、セミナーや動画で言及してきたことについてもフィリピン航空のグループ銀行であるフィリピン・ナショナル・バンクから「一切関係がない」と
発表されました。

ただ、フィリピン・ナショナル・バンクからは「一切関係がない」と言われてしまったそうですが、
ルシオ・タン氏のご子息でありフィリピン航空グループの要職である
ボン・タン氏とイートンシティの開発について
ミーティングを重ねてきたのは間違いなく事実だそうなので、
一切関係はないとはいえど、ノアプロジェクトについては何か動きはあったのですね。

その一つとして泉氏は、ボン・タン氏をはじめ、
イートンシティの責任者など要職にある方々と
2017年4月1日に直接会い泉氏も2017年4月15日に行ったトップリーダーズ会議にて
彼らが論議をする様子の写真も紹介したそうなので
こちらも嘘ではなさそうですね。

その後の動きについても、
ノア側とボン・タン氏側の間で認識の違いもあって、フィリピン航空グループやルシオ・タン氏と
ノアシティを共同開発をするという話がなくなってしまったことも泉氏は説明しており、
ノアシティの構想はトビー・アントニオ非氏率いる
レボリューション・プリクラフィティッド社と共同で行っていくことが確定しているそうです。

さらに、泉氏は「ノアコインが必ず上がる」ことに関しても
「未来のことは誰にもわかりません」と言い切っています。
たしかに仮想通貨は「必ず儲かる」というものではなく、「儲かる」と言っている進めている人は
詐欺と受け取られてもおかしくありません。
ただ、泉氏の説明の中でも言葉足らずな部分があり自身の表現で
誤解を招いてしまった件に関しても謝罪はしています。

ノアコインには利息(コインステーク報酬)が付き、所有しているノアコインの量に対して
毎年決められた割合で利息が付与されるということなのですが、
暗号通貨の価値が上がれば日本円に換算したときに価値は上がりますし、
その反対に暗号通貨の価値が下がれば日本円の価値も下がります。
どの仮想通貨に対しても同じことが言えるので、
その点は必ず理解しておきましょう。

再度、泉氏のメッセージをまとめると、
1、ノアプロジェクトはフィリピン政府公認のプロジェクトではない。
2、条件面での折り合いが付かなかったことから、
現在ノアプロジェクトにフィリピン航空グループは関与していない。
3、「ノアコインの価値は絶対に上がる」とは断定できない。

さらに泉氏は、
ノアコインはフィリピン政府公認のプロジェクトとではありませんが、
非常に大きなプロジェクトであるとこは確かであると言い切っています。
また、ロビー・アントニオ氏という世界的にも著名な経営者率いる
非常に大きなデベロッパー企業と共同開発を計画していることは確かなので
この計画はとても今後が楽しみですね。

ノアコインについても「ノアコインが絶対上がる」と断言はできなくとも、
可能性が感じられる暗号通貨であることは間違いないと泉氏は言っているので
第3プレセールは延期中ではありますが、近々なにか動きがあるかもしれません。
その動きにも注目が集まることでしょう。

また今回の騒動に関して返金の受付期間は
2017年7月10日から2017年9月7日までの60日間となっていました。

現在は返金の受付期間は終了していますので
返金についてのお問い合わせは購入した場所で問い合わせてみるのがいいと思います。

また泉氏は今回の警告を受けて
「プロモーションの際の言葉の選択には今後の細心の注意を払っていくようにいたします。」
と深く反省しているようにも思いますし、今後は気を付けると言っていますね。
実際に過剰な表現があり信じて購入した投資家さんたちからは「怪しい」「詐欺」という声が出てもおかしくないと思います。
しかし、今後ノアコインはなくなってしまうということはないようで、
第3プレセールの予定はなないとしていましたが、調べてみると既に決定しているようですので、
今後のノアコインの予定を見てみましょう。

今後のノアコインの予定

ノアコイン 詐欺

ノアコインが市場に公開されるのはフィリピンの独立国家記念日の2018年6月12日になります。
それまではプレセールとなり比較的安くノアコインを購入することができるそうです。

第1期プレセール:2017年1月11日~3月19日(1ドル×1.00倍)
第2期プレセール:2017年4月3日~6月16日 (1ドル×1.14倍)
第3期プレセール:2017年7月24日~10月1日(1ドル×1.18倍)←販売中止

第4期プレセール:2017年12月11日~2018年4月3日(1ドル×1.22倍)
※第4期は全世界で販売

第3期のプレセールは残念ながら中止となってしまいましたがまた予定されてるみたいですので期待できますね。

まとめ

結局ノアコインが詐欺なのかということですが、詐欺コインとはいいきれません。
それはまだ市場に出ていないからともいえます。
ただ一つ言えるのは、仮想通貨は架空のものです。
どのコインが詐欺であり詐欺で無いかというのは事前に調べ納得したうえで
購入しましょう。

 

安心安全な取引所はバイナンス!

コインチェック騒動などもあり、仮想通貨の取引所に対して不安を感じることが多くなったかもしれません。取引所は様々存在しますが、安心安全な取引所と言えるのは、やはりバイナンスでしょう。

自分の資産を守るのは、自分自身でしかできません。仮想通貨の投資は、取引所選びから始まっているのです!どの取引所なら安全なのか、どの取引所ならもっと多くの資産を稼ぐことができるのか、よく考えて取引所を選んで行けるといいですね!

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ