トップページ詐欺/トラブル › 仮想通貨取引所 Zaifでのシステム障害の問題。 仮想通貨の運用で 気をつけるべきこととは?

仮想通貨取引所 Zaifでのシステム障害の問題。 仮想通貨の運用で 気をつけるべきこととは?

仮想通貨,システム障害

Zaifで9月29日から10月2日にかけて、システム障害が発生しました。

仮想通貨を取り扱っている人なら、
今回のシステム障害の問題は
とても関心のある問題だと思います。

今後の仮想通貨の運用で
支障がないようにするためにも
今回の問題は知っておくべき問題です。

また

「今はまだ仮想通貨を運用していないけど
仮想通貨には興味がある!」

という方も今後仮想通貨を運用する上で、
今回の問題は、知っておくと次に同じような事態に陥った時
どのように対応すれば良いのかがわかるので非常に役立つ内容です。

ぜひ最後まで読み進めていってください!

今回のシステム障害問題の概要

仮想通貨,システム障害

テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」で
9月29日から10月2日午前にかけてシステム障害が発生しました。

Zaifのウェブサイトによると、
29日午後2時ごろからデータベースの接続が重くなる,
処理プロセスが想定以上に滞るという状態になりました。

今回発生したシステム障害による被害は出ませんでした。

データベースなどを増設するなどして24時間体制で
対応した結果、10月2日午前10時半に完全に復旧しました。

今回のシステム障害問題の問題点は?

仮想通貨,システム障害

そもそもテックビューロとは、金融庁が9月29日に
仮想通貨取引所の登録業者として公表した第一弾の11社のうちの1社です。

金融庁は仮想通貨取引所の業者を登録する際、
システム面の強靭さに重点を置いて
申請を受けた業者を審査しています。

ですから、テックビューロも

「システム面がしっかりしている」

という太鼓判を押されて登録された業者でした。

そして迎えた9月29日。

金融庁から登録を受けいよいよスタート!
という初日にシステム障害が発生してしまったのです。

これでは、システム面を厳しくチェックして
登録したのにそのチェックが意味のないものになってしまいますよね?

また、Zaifで仮想通貨を運用している人も
今回のシステム障害がおきたことで

「この先Zaifで運用していって大丈夫かな…」

と不安になってしまいますよね?

今回のシステム障害で明らかになった問題点は
仮想通貨取引所はまだまだシステム面で不十分ということです。

システム障害問題への各方面の対応

仮想通貨,システム障害

今回の問題を受けて、Zaifは今後

・インフラ担当者の増員

・障害が発生した際に復旧に要する時間を
最短にするためのバックアップを整える

といった、我々利用者が安心して
取引所が利用できるような環境の整備に
取り組む方針です。

金融庁としては、システム障害が発生した場合には
利用者に速やかに状況を報告するように求めています。

また、登録業者それぞれの問題点に応じて、
きめ細かく対応していく方針を示しています。

日本仮想通貨事業者協会の
奥山泰全会長(マネーパートナーズ代表取締役)は2日の会見で、
登録の有無にかかわらず、利用者保護の観点から
体制やシステム面の強化が必要だと指摘しました。

テックビューロについては

「しっかりした対応を取り続けていくと認識している」

と述べました。

いずれにしても、まだまだ仮想通貨取引所の
体制やシステムは強化する必要があるということが
今回のシステム障害から明らかになりました。

仮想通貨のシステム障害問題から
あなたが学ぶべきこと

仮想通貨,システム障害

今回の問題から、私たちが学べうことは大きく分けて2つあります。

①「システム障害は起こるものだ」
と普段から意識して仮想通貨を運用していく

まず、金融庁の担当者も述べていましたが、
システム障害は常に起こるものであり、
絶対に起こらないと断言はできません。

もちろんシステム障害は
起こらないことが一番いいです。

しかし、仮想通貨を投資や運用、決済などで
実際に利用している人は、日頃から

システム障害が起こる可能性がある

ということを頭の中に入れておきましょう。

②日頃から仮想通貨に関する最新の情報をチェックする

また、今回の問題から
銀行などの金融機関と比べて、仮想通貨取引所は
システム面でまだまだ脆いということがわかりました。

実際に仮想通貨を利用している方はもちろん、
これから仮想通貨を利用、運用しようと考えている人は
普段から仮想通貨に関する最新情報をチェックするべきです。

情報を取り入れることで、
あなたが仮想通貨を取り扱う際に
今回のようなシステム障害など、仮想通貨に関する問題に
どう対処していけばいいかわかります。

そうすれば、あなたが被害を受けたりする確率は低くなりますよね?

テレビ、新聞やSNSなどを日頃からチェックして
仮想通貨に関する情報に敏感になっておきましょう。

いかがでしたか?

システム障害は起こらない方がもちろんいいです。

しかし、可能性はゼロではないので
普段仮想通貨を運用している方は
日頃からこういったニュースには関心を持っていく必要があるでしょう。

今回のシステム障害が
今後の仮想通貨市場での良い教訓になるといいですね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ