トップページ詐欺/トラブル › 暗号通貨の詐欺被害者続出!!絶対に巻き込まれないようにするには?

暗号通貨の詐欺被害者続出!!絶対に巻き込まれないようにするには?

暗号通貨 詐欺

まだまだ世の中では暗号通貨を知っている人は少ないようですが、その中でも
「儲かる」という言葉に騙されて詐欺にあってしまう人が続出しているそうです。
どんな手口で騙されてしまったのか過去の事例とともに貴方が絶対に巻き込まれないようする方法をお伝えてしていきたいと思います。

暗号通貨ってなに?

暗号通貨 詐欺

「仮想通貨や暗号通貨って聞いたことはあるけど何?」
と思う方もいると思います。

まず、仮想通貨と暗号通貨は同じものです。

なぜ呼び名が違うかというと、日本での呼び名になります。

世界では暗号通貨と呼ばれており、ビットコインの正式名称が「暗号通貨ビットコイン」と表記されていたので世界で暗号通貨として広まりました。

それではなぜ日本では仮想通貨と呼ばれているのかというと、
日本のマスコミが電子マネー等の目に見えないデジタル通貨を仮想通貨とひとくくりにして呼んでいるということが原因のようです。
実際は電子マネーと仮想通貨は同じではありません。

そしてオンラインゲーム等で使われる「デジタル通貨」「バーチャル通貨」等も代替通貨として
仮想通貨やデジタル通貨と一緒にされていることが原因でもあります。
しかし、投資に使用する通貨は「暗号通貨」であり、電子マネーは含まれませんので間違えないようにしましょう。

暗号通貨を使った詐欺が続出している被害とは?

暗号通貨 詐欺

メディアでもありあげられている暗号通貨は一般の人にはまだ馴染みがないようですが、
それでも暗号通貨を使った詐欺にあってしまっている人が続出しているようです。

2015年では一年間で全国から国民消費者センターに100件以上の相談が寄せられたそうで、
今ではもっと県数が増えていると思います。

その中でも岐阜県在住の70代のA子さんは1億1千万円、
茨城県在住の80代女性のBさんは3500万円の被害に遭ったそうです。

お二方ともどんな内容で詐欺にあったかは明確にはされていませんが、
2014年頃から暗号通貨の普及で、システム等今よりも帆整備等されていない時だった為、
会社が倒産したり、投資額を回収できなかったというケースの可能性が考えられます。

当時は暗号通貨という分野が珍しく、新しい投資に注目している人たちや、興味を持った人が
高額な価格で売買されるケースが多く見られたので、標的にされてしまったのかもしれません。

現在は法律が定められ安心と信頼のあるシステムなってきましたが、
それでも暗号通貨の詐欺はなくなりません。

こんな手口で騙されるな!

それでは貴方が暗号塚で詐欺に騙されない為にもよくある手口をご紹介したいと思います。

決まり切った甘い言葉

暗号通貨 詐欺

「1年後には50倍になりますよ。」
「将来価値が出るので今買わないと損しますよ」
「1口1万コインを買えば1年後には1億になります。」
「絶対利益が出るので買った方がいいですよ」

いかがですか・・・・?
このように言われた場合は詐欺の可能性が高いので
注意して情報を確認する必要があります。

甘い言葉で誘う場合は詐欺の世界では基本です。
暗号通貨の場合、営業マンがカフェで説明していたり、無料セミナーで進めていることが多いです。

この場合のからくりは、
紹介した人がビットコインを買うと紹介者に報酬が入るというシステムが多く、
「絶対に儲かる」と言ってくる場合があります。

「絶対」という言葉はとても期待を持たせ本当に儲かった気分にさせてくれる魅惑の言葉なので
そのように言ってくる人がいたらまずどんな仕組みになっているのかしっかり話を聞いておくとが
大切です。

不明な点があれば質問をし、その場で決めるのではなく一度ご自身で調べてみるといいと思います。

数倍の値段で売りつける

暗号通貨で何十億も稼いだ人のエピソードを元に、
「○○コインは第2のビットコインになる」と言い通常販売されている相場価格の3~5倍の値段で
暗号通貨を売りつけてくる手口です。

他にも「ビットコインで成功した人が買い占めたコインを持て余しているので分けてあげるよ」という
なんとも太っ腹な話を持ち出し勧誘してくる手口もあるそうです。

価値のないコインを売りつける

過去、暗号通貨は誰でも作れましたので、自分で作った通貨を販売する人もいたそうです。
実際にそのコインが本当に価値があったのか、値段が上がったのかはわかりませんが、
いきなり「私の暗号通貨価値があるんですよ。これから高騰します」と言われても
「わかりました」と言って買う人なんていませんよね。

「独自の通貨」をウリにする手口があるそうですが、そもそも価値があるのであれば
流通もしますし、話題にもなるはずですよね。

独自の通貨は、世の中に流通せずに個人で取引きされる場合が多いので
詐欺に巻き込まれやすいと言われています。
その辺も含めて注意しましょう。

動画や情報商材にも気をつけて

まず仮想通貨の説明をし、
「昔ビットコインを買っていれば今は1000万にもなっていた。しかし、今の取引は昔のように
勢いはなくこれからは新しいコインが高騰する」という話を無料動画や情報商材で
紹介し、そこで得たお金を自社の仮想通貨を作る資金にしている会社もあるそです。

実際に説明を受けた後で、短期間で儲かっているチャートを見せられると
「本当に儲かっている」と思い判断が鈍ってしまいます。

詐欺の手口に騙されないためには

まず、暗号通貨は投資です。
投資なので「絶対儲かる」ということはありません。

まずそこはきちんと把握しておいた方がいいと思います。

そして貴方がこれから暗号通貨を使って投資をしてみようかな・・と思っているのであれば、
まずは詐欺コインを見分けるサイトで確認した方がよいでしょう。
ある程度流通しているメジャーなコインであれば人を通して購入しなくても
日本国内に存在する取引所で簡単に購入できます。

まとめ

暗号通貨 詐欺

あくまでも暗号通貨の投資は自己責任です。

暗号通貨は目に見えない通貨の為マイナスイメージが大きく
被害に遭われている方もいるせいか「詐欺」「怪しい」と言われてしまいます。。
しかし、暗号通貨すべてが詐欺通貨なわけではなく、被害に遭わない為にも
正しい知識を身につけることが大切です。
また、「怪しい」と思ったときにはすぐに結論を出さずに一度冷静になって考えてみるのがいいでしょう。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ