トップページ最新ニュース › 超・初心者向け 仮想通貨とは?仮想通貨って何?

超・初心者向け 仮想通貨とは?仮想通貨って何?

仮想通貨,超初心者

そもそも、仮想通貨って何?

まずはじめに、仮想通貨の言葉の意味について押さえておきましょう。仮想通貨とは、「紙幣や貨幣のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨。

主にインターネット上での取引に用いられ、特定の国家による価値の保証はない。」(デジタル大辞泉)と定義されています。分かりやすく書き換えると、「主にインターネット上で取引されている、インターネット上のお金」と言えます。

では、そんな仮想通貨は、普通の通貨と違ってどのようなところが便利なのでしょうか。

仮想通貨はどう便利?

仮想通貨が便利である点の1つとして、国境がないお金である、ということがいえます。

例えば、海外の人とお金をやりとりする場合、外国の貨幣と日本の貨幣でやりとりが生じるわけですから、手間がかかります。

それに比べて、共通の仮想通貨を用いてしまえば、同じ仮想貨幣をやりとりするわけですから、やりとりに手間取ることはなくなります。

実際の暮らしに即してみると、海外サイトで見つけた商品をネット上で購入する場合、通常の貨幣で決済するならば、あなたがお持ちの銀行口座から銀行に支払われる手数料を含めたお金が引かれ、購入品と交換されます。

ところが、仮想通貨の場合、銀行を介したやりとりはなされないので、銀行に支払われる手数料は発生しません。

手数料が発生しない分、仮想通貨で決済した方がお得、ということになります。実際に海外とのやり取りをしない人でも、仮想通貨FXによって利益を出している方もいるようです。

2017年話題になったビットコインというのも、仮想通貨の一つで、ビットコインの価値が大きく変動したことが大きく話題になった原因です。

仮想通貨FXとは、仮想通貨の価値の変動しやすさ(後で説明します)を用いて、通貨を交換し、一番はじめに投資した額より多い額を手にすることで、その差額分を利益にする取引です。

仮想通貨は変動が大きいため、一般のFXよりも大きな利益を得やすいという特徴があります。しかし、仕組みの分かっていない仮想通貨に投資するのは危険であるし、不安ですよね。ここで、その仮想通貨の仕組みについて、掘り下げてみます。

仮想通貨と通常の通貨の仕組みの違い

仮想通貨の最大の特徴は、特定の国家の信頼なしに成立しているところだといえます。

これが、私たちが通常使っている日本円などの貨幣との大きな違いです。まずは、私たちが日常的に使っている通常の貨幣についての仕組みをもう一度考えてみます。

今あなたのお財布に入っている千円札。これはどうして千円札なのか、考えたことはありますか?そのお金って、よくよく考えてみると、ただの「紙」ですよね。

ただの紙なのに、お金として他の紙とは違う価値を持っている。これはどうしてでしょうか。

それは、お金は国の定めた機関によってのみ発行されている、というところに原因があります。日本の場合、お金は「日本銀行」というところで作られています。

そのため、日本円というのは日本銀行券という正式名称があります。この日本銀行は「銀行の銀行」という役割を果たしていて、とても簡単に言うと、日本中に出回っている日本円の価値をコントロールするはたらきがあります。

このはたらきのおかげで、例えばコンビニエンスストアのおにぎりがいつも108円に固定されているのです。もし日本銀行が、その役割を果たしていないと、あるときはおにぎりが20円になってしまったり、1000円になってしまったりするのです。

もし、あなたが今、給料日前で1000円しか財布に入ってなかったとします。そんなとき、あるタイミングではおにぎり1個20円だったのに、今日は1つ1000円もする、となるとおにぎり一つしか買えないことになってしまいます。

これでは国民の生活が脅かされてしまいます。そうなることがないように、日本銀行では、日本銀行券を発行する代わりに、その券をしっかり管理しています。

その信頼があるからこそ、私たちの使っているお金はただの紙ではなく紙幣として価値を持つのです。これが、ある国の信頼を基になりたつ通常の紙幣です。

さて、ここで仮想通貨の話に戻ります。先ほどから触れている通り、仮想通貨はある国の信頼なしに成立しています。つまり、だれも市場に出回る仮想通貨の管理をしていない、ということになります。

ということは、先ほどの例にあるように、仮想通貨の価値に大きく変動があるのです。それを活かして仮想通貨のFXなどに取り組む人もいます。

ではその仮想通貨の価値は誰が保証しているのでしょう。それは、その仮想通貨を保持している人全員です。仮想通貨を用いるコミュニティに属する人同士でその価値を保証して、仮想通貨は成り立っています。

仮想通貨の仕組みを簡単に考えてみた

仮想通貨の仕組みをもっとわかりやすく考えましょう。次のお話を見てください。
「ここに仲良しグループの3人組がいるとします。この3人はお店屋さんごっこをすることにしました。

Aさんは八百屋さん。そこにBさんがやってきました。BさんはAさんからじゃがいもをもらうかわりに、落ち葉を3枚渡しました。Aさんはその落ち葉を持ってCさんがやっているお花屋さんへ行き、ひまわりを一本もらうかわりに落ち葉を3枚渡しました。

実は、この仕組みは仮想通貨の仕組みと似ています。現実世界で落ち葉がじゃがいもやひまわりとどんな人とも交換できるわけではありませんが、仲良し3人組の間ではそれを交換することができます。

その3人間の信頼によってなりたっている、という点で、この関係は仮想通貨を用いたコミュニティの関係と似ているのです。

コミュニティ内部で、落ち葉に対して「これってただの落ち葉で、実際に何の価値もないから、じゃがいもやひまわりと交換する価値がない」という人がいた場合、このやりとりは成立しませんから、お互いで落ち葉の価値を認めるという信頼が必要になります。

蛇足ですが、日本銀行券の仕組みをこの物語に即してみると、こうなります。

「仲良し3人組のところに、Dさんがやってきました。Dさんはたくさんの落ち葉を持っています。

Dさんはその落ち葉をほかの3人にばら撒き、物との交換を活発にさせたり、逆にみんなから回収したりして、葉っぱの動きをコントロールしていくようになりました。」という風に、Dさんが葉っぱをコントロールして、葉っぱの価値を安定させます。

はじめての仮想通貨 まとめ

これまで、仮想通貨とは一体なんなのか、どのような仕組みなのか、ということを述べてきました。

インターネットでお金のやりとりが多い方や、FXに興味がある人にとっては魅力的な点をもった通貨であるといえます。

しかし、実際に私たちが生活で使う円などの通貨との互換性がある以上、その成り立ちや仕組み、リスクについても考えておきましょう。

今までの話でわかっていただけるように、仮想通貨は、その仮想通貨を用いる人の間でしか価値を持たず、また、その価値も大きく変動します。

そのため、投資の利益を目的に仮想通貨取得を考えている際には、実際の通貨と交換する前に、変動が大きいデメリットを把握しておく必要があります。

変動が大きいということは、利益を得やすいと同時に、損害も出やすいということです。どの取引でも言えることですが、扱いには注意しておきたいです。

No tags for this post.

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ