トップページ最新ニュース › 仮想通貨qashとは?その実態と今後の将来性を徹底解剖!

仮想通貨qashとは?その実態と今後の将来性を徹底解剖!

qash, quoinex, リキッド

仮想通貨にはそれぞれプロジェクトや作成された目的があり、それに向かって開発者たちは努力をしています。そのプロジェクトなどは社会問題を解決しようとしているものから仮想通貨の機能性をあげてくれるようなものまであります。

そういったプロジェクトに注目してみるとより仮想通貨投資を楽しめることもあります。

そこで今回はこれから先の仮想通貨業界に大きな影響を与えるであろう「qash」という仮想通貨を紹介します。

仮想通貨qashとは

「qash」とはQUOINE株式会社が発行した仮想通貨となっています。QUOINEは「QUOINEX」という仮想通貨取引所を運営している会社でもあるため、日本国内の仮想通貨ユーザーの中では比較的有名な存在です。

金融庁に認められた仮想通貨交換業者の中で初めてICOを行っており、この時のICOでは約124億円を資金調達している国内の中でもかなりの大きなプロジェクトとなっています。

QUOINEは元々、シンガポールを拠点として活動していた会社でしたが、日本の仮想通貨に関する法制度が整ってきた頃合いを見計らって日本にやってきました。仮想通貨界の黒船のような存在です。

qashに関してはこのQUOINEX内のみでの購入となっています。

qashはQUOINE株式会社の夢をのせた仮想通貨となっています。QUOINE株式会社は金融サービスを世界で平等に利用できて、平等に金融サービスのメリットを受け入れられる世の中にするというビジョンがあります。

その礎となるべくQUOINEは活動しています。この実現のために「QUOINEX」という取引所の運営も行っていますし、qashのプラットフォームの構築も行っています。

仮想通貨取引所・LIQUIDについて

qashのプラットフォームとして「LIQUID」というプラットフォームが現在も構築中です。LIQUIDは世界中の仮想通貨の流動性の違いによる格差をなくそうというのがコンセプトです。

LIQUIDには取引板のことを「world book」と呼んでおり、世界の取引高がいくら散らばっていても1つに集約して管理する取引板になります。世界中の取引所間での仮想通貨の流動性には格差があります。

そもそも流動性が低い取引所であると売買そのものが出来ないため、仮想通貨ユーザーも利用したいと思いません。そんな非流動性を解決するのがLIQUIDの役割と言えるでしょう。

LIQUIDによって、散らばっている取引所のデータをひとまとめにすることによって、格差をなくすためには世界中の銀行とも仲良くしていなければいけません。

QUOINEXはグローバルな仮想通貨取引所としても有名であり、国際市場にも強いです。すでに「円」「米ドル」「オーストラリアドル」「ユーロ」「フィリピンペソ」など多くの現地通貨が売買に使えるようになっています。

様々な国とも取引が出来るため、世界中の人が利用できるプラットフォームと言えるでしょう。

そんな「LIQUID」ですが、本格的に指導することが2018年の9月に発表となり、QUOINEXという仮想通貨取引所の名前も「Liquid」に完全に変更になります。

Liquidによって、相場の狂いがなくトレードが出来るようになれば、その正確な相場を求めてプロの投資家たちが集まってくることでしょう。

そうなってくるとqashの相場も必然的に上がってきて、トークンとしては高い価値を持つものとなることでしょう。

今回のLIQUIDプロジェクトの中身としては、「ワールドブック」「クロス通貨換算エンジン」「外部マッチング機能」の3つが主な機能となっています。

「ワールドブック」は世界の仮想通貨取引所のデータを引っ張って収集して一つの取引板で売買できるようにする機能だというのは上記でも述べたとおりです。

「クロス通貨換算エンジン」というのは世界中の通貨換算の機能を成立させることで、ビットコインをドル建てでも円建てでもペソ建てでも集約できるようにする自動換算システムです。

世界中の人が利用する仮想通貨だからこそ必要な機能とも言えるでしょう。

「外部マッチング機能」は簡単な話で、世界中の取引所とLiquidを連携させるための機能のことを指しています。

以上の機能がしっかりと整っているため、これから先もかなり期待が出来るプロジェクトとして多くの人が注目しています。

仮想通貨qashコインの特徴

qashに関する仮想通貨取引所などの説明は上記で述べたとおりです。しかし仮想通貨「qash」自体の説明はまだしていません。qash自体も特徴のある仮想通貨となっています。

qashはトークンの中でもイーサリアム上に作成されたトークンとなっています。イーサリアム上で作られたトークンの数は現在、数万を超えると言われており、その中の一つです。

イーサリアム上で作られたトークンであることを基準として設けている「ERC-20準拠」のトークンとなっています。

仮想通貨に必要な承認作業もqashにはありません。イーサリアムに依存して作られているトークンであるため、イーサリアム上で取引データのやり取りが行われて、イーサリアム上で承認していくものとなります。

qashはLIQUID構築のため、資金調達として利用されている部分が大きいですが、LIQUIDがより大きな存在になるとqashの価値もどんどん上がってくることでしょう。

さらに、LIQUIDでの手数料としても利用できるようにする予定であることも発表されているため、所持しておくと使い道はあるのではないでしょうか。

今現在、qashはあくまでトークンとしての存在ですが、独自のブロックチェーンを構築することが出来れば、トークンではなくコインとして発行していく予定です。現在流通しているqashトークンと互換性を持たせるとのことです。

もし、qash独自にブロックチェーンが完成すれば、「world book」のデータを介した売買も行えるようにするようです。

ブロックチェーン上に仮想通貨取引所を作成する予定となっているため、もし実現すれば、国内初の「分散型取引所」ということになります。

qashがこれから取り組もうとしていることは仮想通貨業界の中でも比較的先手を打つようなものばかりです。もしかすると、これから大きな仮想通貨の進歩の可能性をqashが握っているかもしれません。

QUOINEXの取引所としての評判

「QUOINEX」という仮想通貨取引所の存在を知らなかったという人も少なくはないでしょう。しかし、QUOINEXはかなり優秀な仮想通貨取引所です。QUOINEXが取引所のシステムの中で一番力を入れているのが「セキュリティ」です。

どうしても仮想通貨取引所は利用してくれるユーザーに対してのユーザビリティを高くしようとしてしまい、他のことが疎かになりがちですが、QUOINEXはセキュリティファーストの仮想通貨であるため、安全性は保証できるでしょう。

コールドウォレットを採用していることも公言しているため、ハッキング被害などにも遭いにくいです。

そのため、他の機能が若干劣っている部分もあります。出入金に時間がかかってしまったり、操作になれるのに時間がかかってしまったりなど、ユーザビリティに関してはそこまで高くはないと言われていました。

もちろん、徐々に改善されていっており、ユーザーからの声も反映させていっているようです。これからも使いやすい仮想通貨取引所になっていくことでしょう。

仮想通貨10種類を取り扱っており、実は日本国内の取引所の中で金融庁がも認めた仮想通貨交換業者の中で「円」と「ドル」以外の法定通貨のペアで購入できる唯一の取引所となっています。

日本国内の仮想通貨取引所の中では世界最大レベルの法定通貨ペアの組み合わせ取引できる取引所となっています。一部では、アジア最大級の取引所と言われています。

他の仮想通貨取引所との違いとしては口座開設のスピードです。QUOINEXの口座開設スピードはとにかく速くなっており、通常だと1~2営業日で開設が完了します。

また、取引所の中でも珍しく口座を開設する前からでもトレードを行うことができます。仮想通貨初心者などが仮想通貨投資がどういったものなのかということをチェックするためにも使える機能となっています。

先ほども述べた通り、セキュリティに関してもかなり高い機能でユーザーの資産を守っているため、仮想通貨取引所のウォレットの中でも上位に入るほど安心して預けられるウォレットになっているのではないでしょうか。

さらに、QUOINEXは自身の取引所システムに関して、「毎秒100万件をアップタイプ99.99%で処理できる仮想通貨取引エンジンである」ということを発表しており、このシステムを複数の金融授業を行っている企業に提供するということを発表しています。

それほど自分たちが利用している仮想通貨のシステムに対して自信があり、それを周りに利用しても良いという懐の広さを見せています。

仮想通貨取引所・QUOINEXの手数料

仮想通貨取引所で重要になってくるのは仮想通貨取引所を利用する上でかかってくるコストです。

まず、QUOINEXの送金手数料ですが、基本的には無料です。ただ、マイナー手数料は自己負担で支払わなければいけません。

必要最低限のマイナー手数料を支払うも良いですが、マイナー手数料は多く支払えば支払うほど、送金作業を行ってくれるマイナーも率先して作業してくれるため、早く送金が完了します。

もし、はやく送金したいのであれば、少しだけマイナー手数料を弾ませても良いかもしれません。

次に取引手数料ですが、全世界の人が同じ条件で購入できる世界を目指しているため、比較的お得に売買が出来るように0.25%に設定してあります。

他の仮想通貨取引所と比較しても、ありがたい手数料となっているため、コストを削減したいという思いでQUOINEXに登録しても良いかもしれません。

他にもクイック入金の手数料が無料となっていたり、コストがあまりかからないような設計となっています。

こういったコストに関しては様々な仮想通貨取引所が競い合っていますが、QUOINEXはその中でも比較的安い方と言えるでしょう。

仮想通貨qashのこれから

上記でも説明した通り、qashに関してはこれから先も繁栄してくる可能性が高い仮想通貨と言えるでしょう。

「Liquid」プロジェクトも9月から本格的に始動することとなり、2018年の後半から2019年にかけてその存在感を徐々に出してくる存在となるでしょう。

仮想通貨取引を行っていく上でも問題となってくる「流動性」についてを解決してくれる存在であるため、仮想通貨業界全体としても期待をせざるを得ない存在となるでょう。

qashのこれからに期待を持っている人はぜひとも今のうちにqashトークンを購入しておくことをオススメします。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ