トップページアルトコイン › Paccoin大高騰目前!仮想通貨で期待の草コイン?!

Paccoin大高騰目前!仮想通貨で期待の草コイン?!

Paccoin 仮想通貨

密かに話題沸騰中の草コインPaccoin

Paccoin 仮想通貨

今回は、一部界隈で話題沸騰中の仮想通貨、草コインを紹介します!紹介する草コインは、Paccoinという仮想通貨です。Paccoinは2018年の年始早々に大高騰をしたことで有名な仮想通貨です。過去のチャートを見てみるとわかりますが、1月1日からたった1週間で20倍にも高騰しています!

またPaccoinを支持する人たちの独自の仮想通貨コミュニティが存在し、参入者も大きく増加していることで、影響力を持っています。2月、3月には大きなイベントもあることから、これから非常に期待のできる仮想通貨ですね!

Paccoinは時価総額 第108位の草コイン

Paccoin 仮想通貨

実は、Paccoinの時価総額はなんと仮想通貨全体で108位です。108位というのは、ランキング的には相当下ですし、一般の人は全く目もくれないレベルにマイナーな仮想通貨です。いわゆる草コインという部類に含まれますね。

2018年1月現在は108位ですが、大高騰をした1月初旬には一瞬50位くらいに上り詰めたこともあります。とは言っても、草コインは草コインなので、購入するときは自己責任で夢を買いましょう!!

インパクト抜群のPaccoin動画

Paccoinのコミュニティには、PaccoinをプロモーションするDEV Teamというチームが有りますが、そのDEV Teamが公式ページで公開した動画が次の動画になります。仮想通貨的な具体的な内容はほとんどない感じですが、普通にかっこいい動画ですし、見てみると映画館でみる映画の予告編みたいにクオリティが高く面白いです。

後ほど紹介しますが、3月1日に公開するハードフォークに関してプロモーションしている動画ですね。とりあえず、胸が騒ぐ類の面白い動画ですので、一度見てみてください。

仮想通貨Paccoinの目的は4C

Paccoin 仮想通貨

それでは仮想通貨Paccoinの目的は一体なんなのでしょうか?Paccoinの目的(Mission)については、PaccoinのBrand Guidlinesに明記されており、それは4Cであります。

Friendly community focus to help new users to cryptocoin use.

PacCoin purpose and focused on a foundation of four ‘C’s:

1. Community
2. Choice
3. Content
4. Charity

Build a strong community that is able to provide charitable solutions via content, media & alternative choices.

Paccoinの4つのMissionは、コミュニティ、選択、コンテンツ、チャリティです。そして一つ目のコミュニティに関しては、Missionの冒頭でも語られていて「フレンドリーなコミュニティは新しいユーザーが仮想通貨を使うのを手助けすることにフォーカスする」としています。

つまりPaccoinというのは、コミュニティを作るための仮想通貨であり、そのコミュニティはフレンドリーなもので、チャリティ精神が溢れるものになるという宣言ということです。そしてPaccoinを利用してくれるユーザーには様々な選択肢と、コンテンツを提供していくということになります。

そして最後には、チャリティ可能な解決策を提示できるコミュニティを作ると明記しています。

このPaccoinのミッションから言えることは、Paccoinの一番の目的は仮想通貨コミュニティの構築であり、そしてコミュニティの目的はチャリティであると言えるでしょう。とても崇高な目的であり、とても感心できるものだと思います。

Paccoinが大高騰目前の理由は?

Paccoin 仮想通貨

それではPaccoinはどれほどすごい仮想通貨なのか?と思われるかもしれませんが、実はまだ全然強くはありません。というのも、おそらく開発者たちはメンバーも少なく開発に使うことのできる資金もそれほど多くないと感じられるからです。実際Paccoinには、仮想通貨のもっとも基本中の基本とも言えるホワイトペーパーが存在しませんし、まだロードマップすら出ていません。

つまり公式に、Paccoinが具体的に今度どのように社会に出て行き、どんなコンテンツを提供し、どんな役割を果たすのか、その仮想通貨としての方向性、具体性が全くわからないということです。この仮想通貨として具体的な進展がないという状況が、Paccoinがまだ草コインとして止まっている所以でもあります。そして実際、Paccoinの存在を知っている人であっても、怪しいコインだとして取り合わない人も一定数いるわけです。

ですがここで敢えて強調しておきたいのは、Paccoinはまだ草コインだからこそ、大きな投機的な可能性があるということです。リップルやイーサリアムが今後高騰していくの当たり前の話で、誰もが確信をしていることでしょう。それに対してPaccoinは仮想通貨の業界では、まだ草コインの部類。だからこそ今注目して、その可能性を信じることが大事だと思うのです。

Paccoinが草コインとして扱われているのは、Paccoinに将来性がないからではありません。Paccoinの将来性がわからないからです。つまりPaccoinが今後ロードマップを公開し、さらに仮想通貨としての開発を加速度的に進めていけば、きっとその大きな将来性から大高騰がくるでしょう。

Paccoinはハードフォークで新しく生まれ変わる!

Paccoin 仮想通貨

そしてPaccoinが現在注目を浴びているのは、もちろんPaccoinが今まさに変革しようとしているからです。Paccoinは公式に、新しい仮想通貨に生まれ変わるという発表がされています。新しい仮想通貨とはどういうことかというと、ハードフォークを行い今までのPaccoinを終了し新しいPaccoinに乗り換えるということです。

ハードフォークを行う理由は、現在のPaccoinの発行上限数が大きすぎて、仮想通貨としての価値が高くなりづらいという現状があるからです。なので今回ハードフォークを行い発行上限を減らすことによって、通貨一枚の価値が高くなるように見せようとしているというわけです。

Paccoinのハードフォーク内容は?

具体的なハードフォーク内容はこちらです。

■ハードフォークについて
1,発行枚数 約3兆枚→30億枚へ 実質総量の過半数が3/1日にBURNされます!!
※発行数の変化による既存のPaccoinの価値への影響はないので注意

2,トランザクションスピードが向上

3,スケールの改善によって、取引の利便性が向上

発行枚数が減ることによって、Paccoinに人気が出て、さらにトランザクションスピードが早くなりスケーラビリティも改善するので、さらに使いやすい仮想通貨へと進化します。ですので、ハードフォークによって大きくPaccoinの価値が高まることは確実でしょう。

PaccoinのRedemption Coin Offering(BURNではない)とは何か?

Paccoin 仮想通貨

仮想通貨の業界ではBURNという用語が存在します。そして今回のPaccoinのハードフォークがBURNと言われたりしているのが、通貨の発行上限枚数を減らす操作が、BURNと全く同じだからだと言えます。

ですがPaccoin開発者の公式ブログでは、今回のハードフォークでは、BURNではなく、RCO:Redemption Coin Offeringだと明記しています。ではBURNとRedemption Coin Offeringとは、何がことなるのでしょうか?

そもそもRedemptionとは、株式などの有価証券を発行元が買い戻すことを意味する用語です。つまり仮想通貨の世界でいえば、今回のPaccoinのRedemptionとは、Paccoinの開発者たちが世界に出回っているPaccoinを買い戻す操作のことを意味するわけです。そしてCoin Offeringとは、コインを提供するわけです。

したがって、RCO:Redemption Coin Offeringの意味は、今出回っているPaccoinを買い戻す代わりに、新しい仮想通貨を提供しますよ!というコインの交換のことを示すわけです。そしてRCOを行うことで、古い仮想通貨を新しい仮想通貨に変換する際に発行上限数を調整することができるわけですね。

今回のRCOで、発行数減少によって、Paccoinそのものの価値が変わらないのには理由があります。いわゆるBURNであれば、「燃やす」という意味からもわかる通り、現状存在する通貨の大半を捨て去って闇に葬ってしまうわけです。一般的な仮想通貨の場合ではBURNが行われ、それ以上のことは何も起こらないので、必然的に価値が大高騰します。当たり前です。

それに対してRCOでは、BURNするだけでなく、発行数を減らす代わりに、同じ割合でPaccoinの価格も下げるのです。発行数が減って1単位のPaccoinの価値は上がりますが、そもそもPaccoinの相場自体も下げるので、結果的にトントンでプラマイゼロという計算になるわけです。

したがってBURNでは仮想通貨の価値は大きく上昇しますが、PaccoinのRCOでは、発行上限を下げるだけで、実質的な価値は変えないという選択を取っているというわけですね。Paccoinの開発者は、今後RCOを行う仮想通貨が増えていくだろうということも、ブログの中で触れています。

Paccoinの今後の情報

Paccoin 仮想通貨

Paccoinは2018年の年始から大高騰を果たして、とてもいいスタートを切っているわけですが、この波はこの先まだまだ続いていくと考えられます。今年の春までに、先ほど紹介したハードフォークを含め様々な仮想通貨イベントが待ち構えています。いつ価格が高騰するかはわかりませんが、今一番持っておきたい草コインかもしれません!

それではここからは、2018年のイベントを順次紹介していきます。

1月15日にPacFyle Project公開!

• PacFyle Project: This will be the PAC community’s main communication vehicle and entry point for users. We are planning on delivering the Alpha version on January 15th, 2018, which consists of several features such as Multi-language support and a Forum to replace Discord. After that, we are planning on delivering several features every month until we have a feature rich platform

まず1月15日には、PacFyle Projectという新しいプロジェクトが公開されると、Paccoin公式ブログで発表がありました。。現在はDiscordというPaccoin専用のコミュニティが存在しますが、それの代わりとなる新しいコミュニケーション用コミュニティを公開するということです。

公開されるのはαバージョンなので、まだまだ出来立てホヤホヤの仮想通貨コミュニティになりますが、複数言語のサポート対応なども実装され、さらにコミュニティとして強くなるという形です。さらに、毎月新しい機能を追加して、どんどん コミュニティを強化していくと公表しており、非常に期待が持てますね!

Paccoinは元々、コミュニティを作るための仮想通貨であることを考えると、そういう意味ではとても順調にコミュニティ作りに励んでいると言えます。コミュニティの力が強くなればなるほど、どんどんPaccoin信者も増えていき、さらに価格も高騰していくでしょう。

2月1日にマスターノード向けにRedemption Coin Offering先行開始

2月1日には、3月1日のRCOハードフォークに向けて、マスターノード向けの先行RCOを開始すると発表しています。詳細に関してはほとんど公開されていないため、現時点ではよくわかりませんが、Paccoinを大量に保有しておりマスターノードを獲得している人は、先行的に新しいPaccoinを獲得できるということでしょう。

2月1日にロードマップ発表

Paccoin 仮想通貨

さらに同日2月1日には、Paccoinのロードマップが発表されます!これまでホワイトペーパーもロードマップも存在しなかったPaccoinにとって、ついに信頼できる情報が世界に解き放たれることになるのです。

もちろんロードマップの内容によっては、残念な結果になることも考えられますが、コミュニティ重視のPaccoinです。メンバーみんなの意見を持ち寄って、きっと素晴らしいロードマップが公開されることでしょう。

2月1日はPaccoinにとって、仮想通貨業界における大きな転換点となることは、間違いありません。

3月1日にハードフォーク

そしてPaccoinのハードフォークは3月1日に実施されます。このハードフォークがどのようにして行われるかは現時点ではわかりませんが、ハードフォークによるPaccoinの利便性は格段に上昇します。

これもPaccoinの大きなイベントの一つで、2018年は本当にイベント盛りだくさんのPaccoinですね。

Paccoinの強みはコミュニティ

Paccoinは、現時点ではほとんど何も存在しないに等しい草コインです。水面下で行われている仮想通貨開発や構想が一体どういうものなのかはまだ誰も知らないのです。

現在DEV Teamから公開されている、この動画を見たら、もしかしたらがっかりしてしまう人もいるかもしれませんが、あえてこの動画を紹介したいと思います。

この動画ではほとんど何も語られていません。ただただ、仮想通貨開発者たちの思いや理念を、英単語にして掲げてみただけの短い動画です。

ですが個人的には、この動画は何故か胸にくるものがあります。ただそれだけなのですが、ただそれだけが大きな意味を持っているのではないかと思っています。

多くの人はもしかすると、内容がないただのプロモーション動画だと思うかもしれませんが、こうした響くイメージや理念というのは、むしろコミュニティ活動の大きな柱ではないでしょうか?

PaccoinのMissionであり、一番の強みはコミュニティの存在です。それもかなり強固なコミュニティ。Paccoinのコミュニティのメンバーはきっと、Paccoinが大好きで、これからどんどんPaccoinが大きくなっていくことを待ち望んでいます。

そして待っているだけでなく、一緒にPaccoinの開発に取り組んだり、コミュニティで意見を出したり、まさに開発者チームと一心同体で進み続けているわけです。

開発者の言葉では、ボランティアのメンバーが大勢、精力的に活動してくれて、さらにそのメンバーも日に日に増加しているということです。さらに仮想通貨コミュニティのメンバーは世界中にいるので、まさに沈まぬ太陽のごとく、日夜関わらず新しい仮想通貨の開発が進んでいっていると言います。

コミュニティの強みは人です。人は資産です。Paccoinはその力を存分に発揮することを目的に活動しているのです。人が集まればなんだってできます。それは歴史が証明していますよね。人の力を存分に活用するために活動している。Paccoinの仮想通貨コミュニティはそんな爆発的な破壊力を持ったコミュニティと考えられるのではないでしょうか?

PaccoinはYObit.netで買おう!

Paccoin 仮想通貨

PaccoinはYObit.netという仮想通貨取引所で購入できます。本当はCryptopiaやTrade Satoshiの取引所でも購入できますが、実はこれらの取引所は現在新規登録を受け付けていません。新規登録ができないと、購入ももちろんできないので、もし今からでもPaccoinを購入したいという場合は、YObit.netを登録して購入しましょう。

YObit.netは2015年にロシアで開始された仮想通貨取引所で、取引所としてはかなり古くからあります。500種類以上もの仮想通貨を扱っており、草コインを買うのであれば、絶対に登録しておきたい取引所ですね!

YObit.netに登録

YObit.netでPaccoinを購入して、一気に資産を増やしちゃいましょう。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ