トップページ最新ニュース › 世界3位の仮想通貨国 韓国の内情から今後の日本の仮想通貨業界を予想

世界3位の仮想通貨国 韓国の内情から今後の日本の仮想通貨業界を予想

仮想通貨,韓国

ビットコインを始めとして、イーサリアム、リップル、ライトコインと2017年年末からの取引価格の上昇が起こっている仮想通貨

そんな仮想通貨に対する、国民の関心が非常に高まっている国をご存知でしょうか?

その国は、韓国です!!

政府からの規制が厳しくなった中国の仮想通貨関連会社の多くが拠点を韓国に移しているという情報はありましたが、それ以上に韓国国民の仮想通貨に対する関心が非常に高まってきています。

そこで今回は、韓国仮想通貨に関する意識調査から分かったことを紹介していきたいと思います。

韓国の仮想通貨に関する基礎知識

仮想通貨,韓国
韓国は、日本・アメリカに次いで世界第3位の仮想通貨市場となっています。特に、韓国で頻繁に取り扱われている仮想通貨が、ビットコインキャッシュです。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュですが、全世界の取引額の半分以上が韓国のものであり、世界最大のビットコインキャッシュ保持国となっています。

このことから、ビットコインキャッシュの値動きには韓国の金融情勢(金融規制)が大きく関係してくることが分かります。

ちなみに、長きに渡って仮想通貨市場のトップであった中国ですが、昨年からの中国政府の規制が相次ぎ、仮想通貨市場は非常に小さくなってきています。

そんな中国の仮想通貨運営会社が、目をつけている避難先が韓国なのです。

・中国から近い。
・仮想通貨の市場が大きい。

主にこの2つの理由から、多くの中国の仮想通貨運営会社は韓国へと拠点を移すことを計画しています。中国の仮想通貨運営会社が拠点を移した場合、さらに韓国の仮想通貨市場は拡大していくでしょう。

近い将来、アメリカの仮想通貨市場が追い抜く可能性を韓国からは感じます。

韓国国民へのビットコインに関する調査では、日本・アメリカを上回る高い認識度

仮想通貨,韓国
仮想通貨市場において、日本・アメリカに遅れを取っている韓国ですが、韓国国民のビットコインに関する認識度は非常に高いレベルにあることが分かりました。

携帯調査会社のDooit(ドゥーイット)によると、韓国・日本・アメリカでビットコインに関する意識調査を行ったところ、韓国が最も高いことが分かりました。

結果は以下の通りです。

調査日 2017年12月1日~4日 調査対象20歳以上の3018人 誤差1.78% 調査の信頼性95%

ビットコインを聞いたことがある           44.1%
ビットコインを知っている              35.1%
ビットコインをよく知っている         10.8%
ビットコインについては知らない         10.0%

(引用:Dooit「“Perception and Prospects for Bitcoin” survey」)

韓国では国民のじつに90%がビットコインについて知っているという高い調査結果が出たのです。

同様の調査は、日本・アメリカでも行われていて、日本では88%、アメリカでは70%という結果でした。

現在、時価総額では3位となっていますが、中国の仮想通貨運営会社の韓国への移動やビットコインへの高い関心は今後も韓国の仮想通貨市場を拡大させる可能性がありそうです。

韓国国民の仮想通貨への投資は非常に普及している

仮想通貨,韓国
韓国人は、ビットコインをはじめとした仮想通貨への関心が高いだけでなく、積極的に仮想通貨に対して投資も行っています。

オンラインの求人ポータルサイト「Saramin」の調査によると、韓国人サラリーマンの31.3%が仮想通貨に投資をしており、その内仮想通貨への投資額は平均566万ウォン(約62万円)を投資していたことが分かりました。

韓国人の平均月収が平均163万ウォン(約18万円)といわれているので、仮想通貨投資を行っているサラリーマンは大きい金額の資金を運用していることが分かります。

仮想通貨への投資額の詳細は以下の通りです。

(投資額)
100万ウォン以下 44.1%
100万ウォン   18.3%
200万ウォン~400万ウォン 9.8%
400万ウォン~600万ウォン 7.8%
1000万以上        12.9%
(引用:Saramin)

平均投資額は566万ウォン(約62万円)と出ましたが、大部分は100万ウォン以下の投資なので、大部分の韓国国民は多くの金額を投資するにはいたっていないことが分かります。

しかし、仮想通貨への関心は非常に高まっていてサラリーマンだけでなく、色々な年齢層に広がりを見せています。

大学生や地方の高齢者などもどんどん仮想通貨投資に参入するようになっているそうです。

周りがやっているからという安易な理由で仮想通貨投資を始める人も多いらしく、韓国の金融当局は仮想通貨の下落による混乱を新派視しているとのことです。

カカオ・トークを運営するカカオも韓国仮想通貨市場に参入

仮想通貨,韓国
韓国最大手のメッセンジャーアプリを持つカカオ社は、2017年11月仮想通貨の取引ができるUpbit社を韓国のフィンテック会社であるDunamu Inc.と共に運営を開始しました。

カカオ社は、自社のメッセンジャーアプリの影響力を背景に仮想通貨ビジネスに乗り出してきたというわけです。

韓国のスマートフォンの95%に以上にカカオトークがインストールされています。

戦略に長けたカカオ社のことですから、Upbitへの登録者・利用者を増やすために、カカオトークを必ず利用してくるでしょう。

全てのカカオトーク利用者がUpbitを利用するかどうかはわかりません。

しかし、韓国のスマートフォンへのインストール率95%という数字から察するに非常に多くの韓国人が仮想通貨投資をはじめる際にUpbitを利用する事が予想されます。

韓国で仮想通貨への関心が非常に高まっている状況を考えるとカカオ社の仮想通貨ビジネスへの参入は、経営において非常に有効な手段となるように思えます。

韓国の流れから今後の日本の仮想通貨業界を予想する

仮想通貨,韓国
韓国のカカオ社の流れは、日本の多くの企業も参考にしているはずです。

DMMをはじめ多くの企業が仮想通貨ビジネスへの参入を狙っていると思いますが、個人的な予想ではLINEの仮想通貨ビジネスへの参入はさらに日本において仮想通貨を広めるきっかけになるのではないかと考えています。

日本のメッセンジャーアプリ最大手といえばLINEです。

韓国のカカオと同じような戦略を持って取り組めば多くの資金が、日本の仮想通貨市場やLINEに流れ込んでくる可能性が高まります。

LINEのスマートフォンへのインストール率は非常に高いものがありますし、LINEニュースなどメッセンジャーアプリ以外からの流入を見込むこともできます。

韓国のカカオの動向次第ですが、LINEが仮想通貨ビジネスに取り組むことでさらに仮想通貨の取引価格が上昇することが予想できます。

まとめ

仮想通貨,韓国
今回は、韓国の仮想通貨に関する意識調査から分かったことや日本での仮想通貨ビジネスの展開について以下のような内容でお話して来ました。

韓国の仮想通貨に関する基礎知識
韓国国民へのビットコインに関する調査では、日本・アメリカを上回る高い認識度
韓国国民の仮想通貨への投資は非常に普及している
カカオ・トークを運営するカカオも韓国仮想通貨市場に参入
韓国の流れから今後の日本の仮想通貨業界を予想する

韓国は、

国民の高い仮想通貨への関心
中国の仮想通貨運営会社の逃避先
カカオトークからの広がり

の3つの要因から今後も仮想通貨市場が拡大していくことが予想されます。

ビットコインキャッシュの保有率は、韓国が世界一であるので、ビットコインキャッシュ保有者は特に韓国の動向には注目しなくてはいけません。

これから韓国の仮想通貨に関する規制も本格的に始まってくるという情報を聞いています。

今後も韓国の仮想通貨ニュースには注目です。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ