トップページ最新ニュース › 日本の銀行も仮想通貨に注目! MUFGコインとJコインについて徹底解説します!

日本の銀行も仮想通貨に注目! MUFGコインとJコインについて徹底解説します!

仮想通貨,MUFGコイン,Jコイン

銀行も仮想通貨事業に参入しようとしているのをご存知ですか?

実は今、銀行も仮想通貨に注目し始めており
実際に検討を始めています。

この銀行の仮想通貨発行に向けた動きが、
今後の銀行のあり方や金融面を大きく変えるものになるかもしれません。

そこで今回は、銀行の仮想通貨に向けた取り組みを
MUFGコインJコインという二つの仮想通貨を取り上げつつ
今後の展望も含めて解説していきたいと思います。

今回の銀行の動きによって、
今後のあなたの生活はガラリと変わるかもしれません。
ぜひ最後まで読んでみてください!

日本最大手が開発している仮想通貨「MUFGコイン」の特徴

仮想通貨,MUFGコイン,Jコイン

今回の銀行の仮想通貨の発行に第一に乗り出したのが、
日本の銀行の最大手といっても過言ではない
三菱UFJフィナンシャルグループ(FG)です。

「知ってる銀行は?」

と聞かれてまず上がるのがこの名前ではないでしょうか?

その三菱UFJが現在、発行を目指している仮想通貨が
「MUFGコイン」なのです。

では、このMUFGコイン。
どんな特徴があるのか気になりますよね?

そこで今回、3つの特徴をあげてみました。

①1コイン=1円に固定されている

ここが他の仮想通貨と大きく違うところかもしれません。

ビットコインは相場が常に変動しており、
昨日と今日ではその価値が変わります。

どういうことかというと、例えば
昨日、1BTC(ビットコインの通貨単位)=100円だったとします。

しかし、今日になってそれが1BTC=1000円、
もしくは1BTC=50円というように
変わってしまうのがビットコインなのです。

しかし、このMUFGコインは1コイン=1円と固定されています。

よってビットコインのように日によって変動することはなく、
昨日も今日も明日も1コイン=1円なのです。

②大手金融グループが発行している

これもビットコインとの大きな違いです。

ビットコインの場合は、発行元が
決まっていないことが多いです。

どんな無名の企業や、いってしまえば個人も
ビットコインやその他の仮想通貨を発行することできます。

しかし、MUFGコインは三菱UFJという世間的にも名前の知れたところが
発行しているということで大きな信用があります。

あなたも考えてみてください。
どこの誰が発行したかわからないようなコインを使うより、
誰もが知っている会社が発行しているコインを使う方が
何か安心感があって使いやすいですよね。

③ビットコインと同じように、24時間365日送金可能

これは、ビットコインと共通している点ですが、
いつでもどこでも相手とお金のやりとりをすることができます。

ですから真夜中でも、あなたがアマゾンの奥地にいたとしても、
スマホ1台さえあれば簡単に相手にお金を送金できます。

もちろん銀行を解することがないので、
手数料がかかることもありません。

このようにMUFGコインは、ビットコインのデメリットを補いつつ、
MUFGコイン独自のメリットを持っている仮想通貨です。

ですから、日本ではビットコインより
NUFGコインの方が将来的に普及しやすいかもしれません。

MUFGコインの実証実験も開始!

仮想通貨,MUFGコイン,Jコイン

そんなMUFGコインですが、
普及に向けて今年の5/1から実証実験が始まりました。
その具体的な内容を見てみましょう。

MUFGコインの実証実験の具体的な内容

まずは、行員向けの利用から開始するということで、
行員同士でのお金のやりとり、行内の社員食堂やコンビニでの利用など
MUFGコインの実用化に向けた動きが実際に始まっているのです。

また、一般向けにも来年の春頃に使えるように
現在調整されています。

MUFGコインの普及に向けて、
三菱UFJではすでに動き出しています。

大手銀行や地銀も開発に参戦する仮想通貨「Jコイン」

仮想通貨,MUFGコイン,Jコイン

もう一つ、仮想通貨として発行が計画されているのがJコインです。

「Jコイン」は、みずほFGやゆうちょ銀行、さらには数十の地銀が
導入に向けて一緒に計画を目指している仮想通貨です。

このJコインも先ほどのMUFGコインと同じように、
1コイン=1円と決められており、値段が変化することはありません。

Jコインの実用化に向けた具体的な構想

ではその具体的な構想についてです。
Jコインは専用のアプリを使って、自分の口座から
円を引き出し、それをJコインに変換します。

Jコインは大手外食チェーン店やコンビニなどで
支払いとして使えるようになります。

MUFGコインもJコインも共通しているメリットとしては、
やはり個人間、企業間でのお金のやりとりが簡単だという点です。

今まではみずほ銀行からゆうちょ銀行に送金するとなると、
限られた時間内でしか送金できず、何よりも手数料がかかってしましました。

それも、Jコインが登場すればスマホ1台で
いつでもどこでも容易にお金のやりとりができるように
なれば本当に便利になると思われます。

このJコインも2020年までに発行できるように
現在協議がなされている期待の仮想通貨であると言えます。

MUFGコインとJコインの統合がされる可能性も!

仮想通貨,MUFGコイン,Jコイン

そんな今後の日本の金融業界を変えるかもしれない
MUFGコインとJコインですが、この二つを
統合させて一つにしようとする動きもあります。

どちらも同じようなメリットを持っていますし、
たくさんの種類の仮想通貨が出てくるよりも
一つに絞った方が効果的と言えるからです。

実際に三菱UFJはオールジャパンで新しいデジタル通貨を、
どこが運営するのかという点にこだわらずにやっていこうとしています。

みずほFGも三菱UFJに合流を呼びかけていますし、
将来的には日本の銀行全体で一つの仮想通貨が
誕生するかも知れません。

MUFGコインJコイン
どちらもビットコインのデメリットをカバーしながらも
それぞれの強み・特徴を押し出している新時代の
仮想通貨になり得る可能性があります。

他の先進国と比べて、まだあまり仮想通貨というものが
根付いていない日本ですが、MUFGコインやJコインという
新しい仮想通貨の方が日本に普及する可能性は十分にあります。

今後も銀行による新たな仮想通貨への取り組みに目が離せませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ