トップページ最新ニュース › あのアメリカの大手投資銀行「ゴールドマン・サックス」の極秘情報を入手! 高まる仮想通貨への注目

あのアメリカの大手投資銀行「ゴールドマン・サックス」の極秘情報を入手! 高まる仮想通貨への注目

仮想通貨,ゴールドマン・サックス

仮想通貨、ビットコインへの注目は日に日に高まっています。
国の中でも、ビットコインを通貨として正式に認めたところもあり、
今後さらにその影響が大きくなることは間違いありません。

そんな中、アメリカの大手投資銀行である『ゴールドマン・サックス』
ビットコインの導入を検討しているという極秘情報を入手しました。

あのゴールドマン・サックスも注目するビットコイン。
なぜ導入を検討しているのか、そして今回の話題が与える影響について
じっくりと解説していきます。

ゴールドマン・サックスってなに?

仮想通貨,ゴールドマン・サックス

そもそも、『ゴールドマン・サックス』について
よく知らない人の方がいっぱいいると思います。

今回のニュースをより理解するために、
まずはゴールドマン・サックスについて知りましょう。

『ゴールドマン・サックス』は1869年に創業された
アメリカのニューヨークに本社をおく大手金融グループです。

ここに出てくる「金融グループ」とは、
幅広い金融サービスを行う”世界有数”の金融機関です。

ゴールドマン・サックスが提供しているサービスは、
「投資(運用)銀行業務」、「証券業務」が中心です。

提供する相手は個人だけではなく、
企業や他の金融機関、そして政府機関も対象だということです。

つまり、ゴールドマン・サックスは
金融関係のサービスがほとんど揃っている
金融の「何でも屋さん」であると言えます。

そして、アメリカの一人の投資家から
政府の重要な機関に至るまでを幅広く対象にした
アメリカの金融機関の「ドン」といえる存在です。

『ゴールドマン・サックス』の動き

仮想通貨,ゴールドマン・サックス

では、今回の『ゴールドマン・サックス』の動きについて、
その具体的な概要を見て見ましょう。

ゴールドマン・サックスの内部の関係者が
匿名を条件に「内部の極秘情報」として話してくれました。

関係者によると、ゴールドマン・サックスは
顧客によるビットコインや他の仮想通貨の取引を
支援するビジネスの開始を検討している
ということです。

現在、ゴールドマンは仮想通貨の専門家と話し合いを
重ねているということですが、ビジネスプランやスケジュールは
まだ決まっていません。

また、ゴールドマン・サックスは
ビットコインに関連する投資もやっていません。

また、暗号通貨取引部門と戦略的投資グループは、
投資家や小売業者に十分な流動性を提供するための
暗号化取引プラットフォームの立ち上げ計画について
調べていると伝えられています。

つまり、ゴールドマン・サックスが仮想通貨に注目して、
仮想通貨に関するビジネスを開始するために全体で動き出しているということなのです。

なぜゴールドマン・サックスが
仮想通貨に関する業務開始を検討しているのか?

仮想通貨,ゴールドマン・サックス

では、なぜ『ゴールドマン・サックス』が仮想通貨業務の検討をしているのか?
それにはいくつかの理由が考えられます。

①投資家や利用者のニーズに応えるため

仮想通貨は世界的に注目されています。
もちろんゴールドマン・サックスを通して投資をする人や
ゴールドマン・サックスの利用者も仮想通貨に注目しています。

ですから、こういった顧客の求めに応じるため
今回、仮想通貨業務の検討を始めたのが第一の理由と考えられます。

②社のもうけの拡大と、将来のことを考えて

国際的に大きな影響をもつ経済新聞、
WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、
昨年はほとんどの経済価値化と、通貨の下落により
債券部門の収益は21%減少しました。

暗号化取引における新しいビジネスの立ち上げは、
伝統的な金融業界と新しく出てきた暗号侵害部門の両方において、
ゴールドマン・サックスに対する需要を刺激する可能性があります。

つまり、現在伸びてきている仮想通貨に関する事業を
新たに開始することによって、ゴールドマン・サックスの
もうけを増やせるのではないかと考えたのです。

実際に、世界で最も広く利用されているビットコイン・ウォレットや
暗号取引プラットフォームを運用している大手取引所をみると
評価や価値は上がっています。

ですから、今後のことを考えてみても
仮想通貨に関する事業に取り組むことが
将来的にプラスになると考えたのです。

ゴールドマン・サックスが
仮想通貨業務に乗り出すことによる影響

仮想通貨,ゴールドマン・サックス

では、『ゴールドマン・サックス』
仮想通貨に関する事業を開始することで
どんな影響が出てくるのでしょうか?

まず、仮想通貨事業の計画にある取引プラットフォームの立ち上げが進むことで、
「規制当局の銀行」が、トレーダーや投資家のために仮想通貨の交換
行うかもしれないと予想されています。

また、事業に本格的に着手することになれば、
将来的には仮想通貨の値動きを解説したり、
顧客の注文を受けて売買を手がける可能性もあります。

さらに、買い手と売り手を繋げるマーケットメーカーの
役割
を担う可能性もあり、その影響は計り知れません。

また、アメリカでは仮想通貨に関する具体的な取り決めがまだなされていません。

しかし事業に着手することになれば、
アメリカの中での仮想通貨の見方や評価は確実に変わり、
アメリカでの仮想通貨の影響力はさらに大きくなることが予想されます。

こうなると、1つの銀行が新しい事業を行うという
単純な話ではなくなる可能性が出てきます。

今後のゴールドマン・サックスの動きは
アメリカの仮想通貨業界や金融に大きな影響を
もたらす可能性
を持っているのです。

ゴールドマン・サックスの
仮想通貨についての動きのまとめ

この話はまだ計画段階であり、
もしかすると廃案になった可能性もあります。

しかし、実際に計画が実行に移される
気配がしていることも事実です。

いずれにしても、
今後の『ゴールドマン・サックス』の動きが与える影響は確実に大きく、
今後も注意深くみておいた方が良さそうです。

あなたがもし仮想通貨を実際に運用しているのであれば、
今後の運用の際にも大きな影響をもたらす話ですので
ぜひこれからも注目してみてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ