トップページ最新ニュース › 知っておいて損はしない!仮想通貨の過去/現在/未来

知っておいて損はしない!仮想通貨の過去/現在/未来

仮想通貨,将来

仮想通貨に興味がある人、これから仮想通貨に手を出そうと考えている人、既に仮想通貨を利用してなにかしら始めている人、いろいろな人がいると思います。

これから仮想通貨投資などを始める人は、始める前にもちろん仮想通貨投資のことについて勉強をすると思います。
でもただ勉強するだけではなく、仮想通貨そのものを知ってあげることも大切です。
人と深く関わっていくときも、相手のことを知って更により良い関係が築けるものです。

仮想通貨の歴史を知ったところで、直接的にあなたの収入に良い影響を与えるというわけではありませんが、これから仮想通貨を扱っていく中でなにかのヒントになったり、一知識として頭に入れておいても損しないと思います。

そこで今回は過去~現在にかけての仮想通貨の歴史と、これからの仮想通貨の未来予想についてお話していこうと思います!

1.仮想通貨の起源

仮想通貨のことを暗号通貨と呼びます。暗号を利用し、偽装したり、情報を書き換えたりできないようにしています。
その暗号通貨の始まりですが、2008年にサトシ・ナカモトという人物が『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P電子マネーシステム)という一本の論文を投稿したことによってはじまりました。

ちなみにサトシ・ナカモトはどこの誰だか分かっていません。日本人の名前ですが、日本人かどうかも不明です。

この論文では、従来のように通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散投資し、暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保するというものでした。

この考え方に多くの研究者やプログラマーが触発されて、有志が集まってプログラミングを行い、2009年に初めてビットコインが発行されました。

ビットコインは初めのころ、マイニングしたり、送金したり、ビットコインが仮想通貨として機能するかどうかをゲーム感覚でテスト運用されていました。
そのころのビットコインは1円の価値もありませんでした。

初めてのビットコイン取引と言われているストーリーがあります。
まだビットコインの価値がほぼ無いに等しかった開発当初、とあるエンジニアが暗号通貨のメーリングリストに「ビットコイン1万枚と、ピザを交換しないか」と投稿しました。
それに対し、あるプログラマーが話に乗り、ビットコインとピザは交換されました。
この取引が仮想通貨初の商取引と言われています。

現在のレートは1ビットコイン約70万円。
ビットコインが社会現象を起こした2017年末~2018年頭にかけては、1ビットコインが最高約240万円にまで跳ね上がりました。

もしもそのプログラマーがその1万ビットコインを数年間所持したままだったら、彼は240億円手にしていたことになります。
そんな額を手にしたら、私だったら喜びよりも恐怖心を覚えてしまいそうです、、、

2.なぜ価値があがったのか

ビットコインのプログラム上、ビットコインの最大発行枚数は2100万枚と決められています。金のように発掘される量に限りがあるので、価値が付きます。

開発当初は普通のパソコンでマイニングできていましたが、現在は競争が激しくなり、少しでも多く、誰よりも早くマイニングするために、家庭用のコンピューターではなく高速処理ができるコンピューターでないとマイニングが困難になっています。

枚数が限られていて、更に入手が困難になってきているのなら価値が上がっていくのは当然ですよね。

ではそもそもなぜビットコインは人気がでてきたのでしょうか?
考えられる理由を2つご紹介します。

1つめにビットコインは「中央の干渉を受けない決済方法」です。
2013年のギプロスショック預金封鎖の時、金融機関に影響を受けることのないビットコインは、国・政府・銀行の影響に左右されずに利用できる通貨として認識され価値を高めました。
また2015年の中国人民元切り下げなど、国民が自国の法定通貨に対して不信感を抱いた時も、国に管理されていないビットコインの価値が高まりました。

このように世界中で法定通貨の価値が危うくなる度にビットコインの価値は高まっていきました。

2つめにビットコインは半減期が存在します。
どういうことかといいますと、ビットコインは4年に一度新規発行量が半分に減るタイミングが訪れます。
半減期とは、一度のマイニングで入手できるビットコインが半分になってしまう時期のことです。ビットコイン開発当初に一度にマイニングできる量は50ビットコインでした。しかし2012年の半減期で25ビットコイン、2016年の半減期で12,5ビットコインになりました。12,5ビットコインが現在の一度のマイニングでの入手可能枚数となっています。

発行量は減少するのに人気が高まり続ければ、供給よりも需要の方が多くなり、価値が上昇します。実際に半減期の際には、半減期直前に価格が上昇しています。

そもそもなぜ半減期が必要なのでしょうか?
ビットコインの発行枚数は2100万枚(正確には2099万9999,9769BTC)と決められています。発行枚数が決められているのなら上限に達する前にビットコインが欲しいと思います。
そのためずっと同じ間隔でビットコインが発行されてしまうと、急激なインフレが起きてしまします。
そこで半減期を設けることで、ビットコインが急激に発行されすぎるのを防ぎ、ビットコインの価格が緩やかにあがっていくようにしているのです。

3.現在の仮想通貨

仮想通貨需要が高まってきているのは言うまでもありませんが、仮想通貨の市場規模はどれほどのものなのでしょうか?

2018年度4月10日に金融庁で開催された「仮想通貨交換業等に関する研究会」で、とある日本仮想通貨交換業協会が説明した資料があります。

それによると、2017年度の仮想通貨取引量は現物が12兆7,140億円、デリバティブ取引(証拠金・信用・先物取引)が56兆4,325億円とされています。

1日当たりおよそ1900億円の取引額ということになります。
これは世界全体の取引量と比べた時に約15%のシェア率です。

ちなみに2018年7月時点、世界での取引量は1日約119億ドル(約1兆3000億円)です。

今でこそ以前のような急激な上昇や暴落は無くなりましたが、ビットコインは現在の市場価値になるまでどのような経緯を辿ってきたのでしょうか?

ビットコインは2009年から2012まで少しずつ着実に価格上昇を続けてきました。

しかし2014年、あの有名な「マウントゴックス事件」の影響を受けて、仮想通貨は危険というイメージが世間に広まってしまい、時価総額が暴落してしまいました。

それ以降は低迷が続き、再度時価総額が拡大したのは、大手金融機関がブロックチェーンに関する実証実験を開始した2016年頃からで、時価総額は100億ドル以上となりました。

そして2017年初は190億ドル程度だった時価総額が、あの仮想通貨ブーム到来の影響を受け価格が急騰し、2017年度末には6000億ドルを超えました。
更には2018年2月にピークを迎え、なんと時価総額は8000億ドル超えにまで達しました。

しかしそのピークを最後に、仮想通貨への規制強化や、コインチェック取引所のハッキング事件などの影響を受けて、価格が下落。価格が下落したことで時価総額も同時に下落。
2018年7月現在は多少の上がり下がりは続いているものの、2670億ドルほどで安定しています。

4.仮想通貨の将来性

2018年7月21~22日、ブエノスアイレスでG20諸国の財務大臣と中央銀行総裁による、仮想通貨に関する会議が行われました。
この会議で結論までは至らなかったものの、肯定的な形で幕を下ろしました。

G20 によって発表された報告書では、「仮想通貨やその基盤となる技術は金融システムの効率性を改善する可能性を秘めている」と記されています。

この内容には、仮想通貨やブロックチェーン技術をこれまで以上に高く評価していることが現れています。そして以前から仮想通貨やそれらの技術を評価する見解を述べていたG20 のメンバーは、現在もそれらの技術にさらなる可能性を感じていることが伺えます。

このように世界規模で今後の期待がされているため、まだまだ仮想通貨は伸びていくと思われます。

しかし、これから仮想通貨の需要が伸びていくと推測されるにしても、どの仮想通貨が伸びていくのか分かりませんよね。
仮想通貨は1500種類ほどあると言われています。
そんなに種類がある中から当てずっぽうで銘柄を選んで投資しても、その銘柄が伸びなければ損をしてしまいます。

仮想通貨の将来性を見極めるポイントは4つあります。
・知名度
・時価総額と流通量
・実用性
・信頼性

これらのポイントを意識しながら、できるだけリスクが低くて価格上昇の期待が見込める、将来性のある仮想通貨を選んでいきましょう!
この4つのポイントを踏まえて、今後将来性のある10種類の仮想通貨をランキング形式で紹介していきます!!

将来性のある仮想通貨ランキング

1位 イーサリアム(ETH)

時価総額:約5兆円
イーサリアムは「スマートコントラクト(契約の自動化)という独自の契約条件を記載できる技術を備えています。
スマートコントラクトとは、契約の条件を満たしていれば自動で契約が執行され、決済できる仕組みです。
スマートコントラクトを活用して独自の通貨を発行して資金調達を行うICOや、仮想通貨以外の分野に対応することも可能です。

これらのことから、イーサリアムは将来的にビットコインに匹敵するほどの時価総額に成り得ます。

2位 リップル(XRP)

時価総額:約2兆円
リップルは、銀行間取引の決済システムに特化しており、Googleが出資している唯一の仮想通貨として知られています。

従来の銀行間取引では手数料の高さと反映時間の遅さが問題視されていましたが、リップルの技術より手数料の引き下げと、より早い反映時間での取引が可能となりました。

このことから、いくつもの金融機関のシステムに導入されることが見込まれており、日本の大手金融機関でも導入が進められています。
実用性、技術面、将来性の観点から、間違いなく成長していくと予想されます。

3位 ビットコイン(BTC)

時価総額:約11兆円
ビットコインは言わずと知れた仮想通貨で、多くの人が耳にしたことのある、断トツに知名度がある仮想通貨です。
知名度、時価総額、流通量、全てにおいて他の仮想通貨とは桁違いです。

ビットコインを使った決済を導入する会社も増えてきていて、将来性も安定しているといえます。
しかし、ビットコインは希少性が高くなってきており、価格の急騰や暴落が激しく、購入するタイミングが難しいという難点があります。

4位 ビットコインキャッシュ(BCC)

時価総額:約1.4兆円
ビットコインキャッシュはビットコインから分岐して誕生した仮想通貨で、ビットコインのデメリットとされていた取引量に伴う処理速度の問題を解決しました。

ビットコイン同様、実用性、信頼性、将来性の面で安定しています。

このことから今後は決済に使われる仮想通貨として伸びていくことが予想されます。

5位 エイダゴン(ADA)

時価総額:約3700億円
エイダゴンはイーサリアムのデメリットを改善するために、チャールズ・ホンキンソンという数学者等が開発した仮想通貨です。
元々はオンラインカジノで使用することが目的でしたが、あまりの性能の良さから注目を集めています。
右に出るもののない仮想通貨を目指し、有能な専門家チームが開発を進めているため、将来性が非常に高い仮想通貨と言われています。

実際に時価総額も伸びてきているので、今後の動きに注目すべき仮想通貨です。

6位 オミセゴー(OMG)

時価総額:約870億円
オミセゴーは東南アジアの国々で決済システムを改善する目的で使用されています。
タイでは金融庁が勧める仮想通貨として、既に採用が決定しています。更にタイ国内のマクドナルドでも導入が勧められていて、実用性の面では問題がありません。

今後はタイだけでなく、東南アジア各国で需要が広まっていくと予想されているため、将来性の高さは十分にあります。

7位 ステラ(XLM)

時価総額:約3980億円
ステラはリップルを基本にして開発された仮想通貨で、主に個人を対象にした送金システムを提供しています。
IBMなどの大手企業も提携を果たしており、その信頼性の高さから取引量や時価総額も安定して伸びています。
安全で素早い送金を可能にする送金アプリが開発されたことで、利便性が増し、利便性の面で多くの支持を集めています。
汎用性の高い仮想通貨に投資をしてみたい人にはお勧めの1つとなっています。

8位 ライトコイン(LTC)

時価総額:約5000億円
ライトコインはビットコインの欠点である決済スピードの遅さを改善するために開発された仮想通貨です。
「ビットコインが金でライトコインが銀」と言われるほどの実力と将来性を秘めており、安定した取引がされています。

半減期のタイミングに合わせて購入する人が多く、値動きが活発になっていくと予想されることから、ライトコインもまた今後の動きに注目したい仮想通貨の1つです。

9位 モナコイン(MONA)

時価総額:140億円
モナコインは、1位~8位の仮想通貨と比べると、群を抜いて時価総額が低いですが、他に引けをとらない将来性を秘めています。
2ちゃんねるから誕生した日本製の仮想通貨として注目を集めています。

ライトコインを基本に開発されており、世界で初めてSegwitをいう送金データ容量を小さくする技術が使われた仮想通貨でもあります。

まだ時価総額や流通量は少ないながらも、根強い支持層が存在しており、国内の仮想通貨取引所への上場も増えている点も、将来を期待できる要因の1つです。

10位 アイオータ(IOTA)

時価総額:2900億円
アイオータはIoT機器との連携を実現するために開発された仮想通貨です。

他の仮想通貨に採用されているブロックチェーン技術とは異なる「Tangle」というシステムを利用しているのが特徴です。

その結果、送受信手数料ゼロを実現し、リアルタイムで決済できる仕組みを実現させました。

Microsoftや富士通などIT関連の大手企業が次々と提携しており、今後も実用性と将来背が期待できる仮想通貨の1つです。

一概に仮想通貨といっても、このように仮想通貨ごとにそれぞれ全く異なる特徴を持ったものもあります。
ビットコインブームが到来した時は、ただ人気があるから投資をしてみて成功した人も多かったようですが、これからは慎重に銘柄の性質や本質を見極めて投資をした方がよさそうです。

今後仮想通貨に投資をする際には3つのポイントを抑えておきましょう。
・仮想通貨の情報収集
・より良い仮想通貨取引所の選択
・しっかりとした仮想通貨の保管

雑誌やインターネット上の情報に惑わされず、あなた自身で確実な情報収集をしましょう。
その際、仮想通貨についてだけではなく、取引所の信頼度やセキュリティー面なども併せてリサーチすることをお勧めします。

仮想通貨。未来のあるべき姿

現在当たり前に遣われている「法定通貨」。
「仮想通貨」は「法定通貨」の対になる存在とも言えます。

法定通貨の価値は国が保証してくれています。
反対に国が保証してくれているという事実がなければ、1000円だろうが1億円だろうが価値のないただの紙切れになってしまいます。

日本は比較的平和であり、経済も安定しているため法定通貨の価値が保たれていますが、国によっては仮想通貨の方が信用されている国もあります。

世界中の多くの人が仮想通貨の価値に気づき、信用すれば、キャッシュレスの世の中になるどころか、法定通貨が無くなる時代が到来する可能性だってあります。

いまだに現金に執着し、仮想通貨が危険なものだと信じている日本人からすれば、現実味のないことかもしれませんが、これは十分にあり得ることです。

なぜそんなことが言えるのか。
お金はなにかを購入する時、サービスの対価としてお金を払う時などに利用します。
その用途以外にお金が必要なことはそうそうないと思います。

しかしそれは本当にお金じゃないといけないのでしょうか?

要はお互いが満足できる信用のある取引が出来ればいいのです。

少し話が変わりますが、大昔は肉や魚などの食料を物々交換することによって物を手に入れていました。

しかし食料は日持ちしなかったり、不漁の時などは交換したくても交換できないことがあったりなど難点が多かったのです。

そこで考え出されたのが「稲」や「貝殻」で決済するという方法です。

これが現在のお金の起源でもあります。

それから時がたつにつれて、「稲」「貝殻」からもっと希少性の高い「金」「銀」「銅」に変わります。

「金」「銀」「銅」は持ち運びに不便ということで、交換が約束される「証明書」に変わります。しかしそのうち偽の証明書を発行する人が出てきました。

そこで中央銀行が作られ、国民全体が信用できる紙幣が作られることになりました。
この時点ではまだ、金などの「資源」と「紙幣」を交換して紙幣を入手しており、紙幣は金と交換されたものだから価値があるという認識でした。

しかし金の採掘量には限りがあります。
紙幣は金と交換できるので、銀行が持っている金の量までしか紙幣が発行できませんでした。

それと併せて、経済が活発になるにつれてたくさんのお札が必要になり、お札も不足し始めました。

そこで国は「金」と「お金」を切り離し、「お金」単体で価値がつくように国がお金の価値を保証するという対策に出ました。

それが今の「お金」です。

なにが言いたいかといいますと、これを見ると紀元前から西暦2018年までに、決済方法は4回も変わっていることがわかります。

ということは法定通貨が消滅し、仮想通貨取引が当たり前になる時代が到来する可能性は十分にあり得ます。

しかもこれだけIT社会になっている中、決済方法だけが古典的なままこの先何十年も続けられていく方が考えにくくないでしょうか?
確実に時代は変わりつつあります。

既に現段階でスマートコントラクト、トークン、ブロックチェーン技術などの新時代のシステムが次々に誕生しています。

これからの時代を生きていくのであればこの事実を知っておく必要があります。
知るだけでなく、受け入れる必要があります。

まとめ

仮想通貨の生い立ち、ご理解いただけましたでしょうか?

2017年は「仮想通貨元年」といわれています。
それだけ仮想通貨は爆発的に世界を変えるインパクトのある発明だったことがわかります。

「5.仮想通貨。未来のあるべき姿」でもお伝えしましたが、2017年の仮想通貨ブームを皮切りに時代は変わっていくと予想されます。
それを受け入れるも受け入れないもあなた次第ですが、ここまでお伝えすればどちらの選択をすることが吉なのかわかりますよね。

ポケベルブームがピークを迎えていた1996年。
20年後には国民の2人に1人がスマートフォンという機械を持ち歩き、それが生活に欠かせないものになっていることをだれが予測できたでしょう。

スマートフォンどころか携帯電話もパソコンも世にまともに普及していないその時代に、タイムスリップしてその事実を伝えたとしてもきっと鼻で笑われます。

そんな感じです。

予言者のインチキ発言ではなく、世界中の有識者たちがこぞって仮想通貨の繁栄を予測しています。
ポケベル時代と違い、ここまでITが普及している現代に生きている人であれば、それが現実となり得るかどうか、容易に予想できると思います。

ここまで読んでもまだ「仮想通貨は危ない」「働いてお金をもらってこそ美徳」「新しいものには興味がない」などと思っている人。
思うのは自由ですが、きっと時代に取り残されていきます。

キャッシュが消滅するということは銀行もなくなってしまう可能性があります。

あなたの預金口座もいつ凍結してもおかしくおりません。

私は余力のあるお金を貯金だけに回すのではなく、投資に回すことも覚え、資産を分散して所持しておくことをお勧めします。

これからの時代を生きるために改めてお金の遣い方を勉強する必要があります。

そしていつどんな時代が到来してもいいように、考えられる何パターンもの未来のシナリオを予想し、生きる力と知恵を身に着けていきましょう。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ