トップページ最新ニュース › DMMビットコインとはどんな取引所なのか?

DMMビットコインとはどんな取引所なのか?

DMMビットコイン, 取引所,DMM Bitcoin

DMMビットコインが新規登録を開始してきたことで、取引所の数が増えて、ますます仮想通貨市場やビットコイン市場が活発になってきたといえます。

最近は落ち着いてきたビットコインの価値ですが、新たな取引所がこうやって参入してきたことを見れば、長い目で見ればまた徐々に上がっていくと僕は見ています。

そんな中で、DMM BitcoinのCMの広告塔としてローラさんを起用し、まだ仮想通貨に興味のない層にも浸透させようという意図を感じるところではあります。

今回はDMMビットコインの内容を具体的に見ていき、皆さんに紹介していこうとおもいます。

DMM Bitcoinはどんな特徴があるの?

DMMビットコイン,取引所,DMM Bitcoin
DMMはもともとDMM.comでオンライン通販やコンテンツ配信を手掛ける大手企業でした。ですが以前からFXや有価証券などトレード事業にも参入していました。

ビットコインは、日本では2017年4月に「改正資金改正法」が施行され、法的なルールのもと、円など各国通貨との売買ができるように認められました。正式な通貨ではありませんが、財産的価値も認められているわけです。

法的にも整備されてきたわけですから、DMMのような大手企業がDMM Bitcoinで仮想通貨に参入してきたのも自然な流れなのかな、というところですよね。

そんなDMM Bitcoinのポイントを簡単にまとめますと
Point1.取引できる仮想通貨の種類が豊富!
Point2.使いやすくて豊富な取引ツール!
Point3.様々な手数料が無料!
Point4.土日も含めた24時間対応サポート!
ということになります。

では見ていきましょう。

DMM Bitcoinはどんな取扱通貨があるの?

DMMビットコイン, 取引所,DMM Bitcoin
DMM Bitcoinという名称の取引所ですが、もちろん扱える仮想通貨がビットコインだけというわけではありません。

DMM Bitcoinで取り扱っている仮想通貨の種類は14種類です。

通貨ペアとしてはBTC(ビットコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)・ETH(イーサリアム)・ETC(イーサリアムクラシック)・NEM(ネム)・XRP(リップル)・LTC(ライトコイン)があって、それぞれBTCとJPYで売買できます。これで14種類です。

現物取引は今のところBTCとETHのみなので、DMM Bitcoinに入出金できる仮想通貨もBTCとETHのみということになります。

他のアルトコインは売買で枚数を増やしても、最終的にはBTC・ETH・JPYに換えて出金することになるようです。

DMMの中では、アルトコインの出来高は増えても、出口になる通貨に限りがあるので、BTC・ETHの取引高が最終的には増えそうです。

使いやすくて豊富な取引ツール!

DMMビットコイン, 取引所,DMM Bitcoin
DMM Bitcoinの取引はスマホとパソコン画面両方からできますが、これが見やすいんです。

自分の必要としている情報ウィンドウだけを表示させることもできるし、経済情報カレンダーやリアルタイムチャートの情報までカバーしています。

DMMビットコインは入出金手数料が無料!

DMMビットコイン, 取引所,DMM Bitcoin
DMMビットコインは入出金手数料を無料にしてきました。

現状では他の仮想通貨取引所はJPY出金時どこも300円~756円の手数料がかかります。FXユーザー層は「仮想通貨取引所は何で有料なの?」と嘆く人も少なくありませんでしたが、このDMMの参入で他の大手取引所は改善していくかもしれませんね。

ちなみに、BTCやETHの出金手数料も無料と表示されていますが、マイナーへ支払う手数料はかかります。

どういうことなのかというと、多くの仮想通貨取引所ではマイナーへの手数料が0.0001BTCだとしても、取引所でピンハネして0.0005BTCくらいにして徴収している状況なんです。

BTCの出金においては、ウォレット間同士だと入出金手数料は1~6円程度なのに、取引所から送るとピンハネされて300円くらい取られています。
取引所の管理の手間もあるので仕方ないわけですけど、DMMではピンハネされないということになり、この辺りは助かりますね。

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引所

DMMビットコイン, 取引所,DMM Bitcoin
DMM Bitcoinが狙った市場はアルトコインのレバレッジ取引ということが言えます。コインチェックで扱っている人気銘柄を軸としたアルトコイン銘柄を扱い、馴染みやすくしています。

今まで他の仮想通貨取引所でもレバレッジ取引はできるシステムでしたが、ビットコインのみが多かったです。
そこをアルトコインでもできるようにしたという点が現段階でのDMM Bitcoinの最大の特徴といえます。

ロスカットのルールとレバレッジ倍率

DMMビットコイン,取引所,DMM Bitcoin
証拠金維持率が80%以下になった場合にロスカット。レバレッジ倍率は最大5倍。

安心して使えるシステムになっているのではないでしょうか。

DMM Bitcoinのスプレッド一覧表を見る

DMMビットコインのスプレッドは現在下記通りです。

・BTC…40,000円(約2.2%)
・ETH…3,000円(約1.8%)
・XEM…4円(約2.2%)
・XRP…5円(約2.1%)
・LTC…600円(約2.0%)
・ETC…100円(約2.2%)
・BCH…8,000円(約2.4%)

販売所形式の仮想通貨取引所としては、スプレッドは低い方だと思います。コインチェックさんの場合は変動制ですが、通常時で2%~3%、ボラリティが大きくなると7%ほどになります。

細かい2段階認証設定が可能!

DMMビットコイン,取引所,DMM Bitcoin
セキュリティ面で見ると細かい2段階設定が可能になっています。

まず、ログイン時に2段階認証の入力を求められます。

さらに顧客情報変更時に2段階認証の入力も認められます。

いづれ出金制限アドレス設定なども加えられるのではないでしょうか。

DMMビットコインのまとめ

DMMビットコイン,取引所,DMM Bitcoin
ここまでDMMビットコインをみてきましたが、ほかの仮想通貨に比べて狙いが異なるので、それなりに利用する人は集まってくるのではないでしょうか。

使いやすいインターフェイス、小さめのレバレッジ倍率。

まだまだ改善点はあると思いますが、注目していきたい仮想通貨取引所の1つといえますね。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ