トップページアルトコイン › ダッシュコインをチャート解析!上場ラッシュで2倍に高騰?!

ダッシュコインをチャート解析!上場ラッシュで2倍に高騰?!

ダッシュコイン2-6

今大注目のダッシュコイン!

ダッシュコイン2-3

今大注目を浴びているコイン!それはダッシュコインです。

これまでビットコインやイーサリアム、リップルなどに阻まれてきて、そこまで有名度が高くないダッシュコインですが、ここにきて大きな躍進を遂げています!

ダッシュコインの誕生は2014年。誕生から3年あまりたちますが、これまでは地味〜に伸び続けてきたという特徴があり、あまり目立たないコインだったかもしれません。

ですが今、狙い目のコインは絶対にダッシュコインです!

それはダッシュコインのポテンシャルにあります。いずれビットコインをも凌駕し、仮想通貨のトップに躍り出ることさえ十分に考えられる、そんな期待のできるコインなのです。

今回の記事では、現在注目を集めるダッシュコインを、チャートで解析し、その高騰理由を検証していきます。

ダッシュコインをチャートで解析

それでは早速、ダッシュコインをチャートで解析していきましょう。

ダッシュコインが大高騰!

ダッシュコイン2-1

こちらはコインチェックが提供している、ダッシュコインのチャートになります。

チャートの半ばを見ていると、だいたい20,000〜40,000円くらいの間を推移してきたことがわかります。夏前から冬にかけて、それほど大きな高騰もなく漂っていました。

この間ビットコインは200,000〜400,000円くらいを推移していたので、価格は100倍ほどの差があったと言えます。かなり大きな差が開いており、どんどんビットコインとの差も広がっていきました。

ところが、11月の初旬にダッシュコインの大高騰が始まりましたね!

さらに11月12日には、ダッシュコインはたった1日のうちに40%近くも高騰が起き、これからその勢いがほとんど落ちることもなく、どんどん上昇しています!

図では11月29日の価格が表示されていますが、これを大高騰前の11月11日と比べて見ると、優に2倍も高騰していることがわかりますね。

たった2週間ちょっとで、価格が2倍にも上がったのですから、本当に素晴らしいと言えます!

ダッシュコインの高騰理由とは?!

ダッシュコイン2-4

それでは、なぜダッシュコインは、これほど前に注目を浴び、高騰しているのでしょうか?

その秘密は、大きく分けて2つあると考えられます。一つ目はダッシュコインの優れた性能と、そして二つ目がダッシュコインの上場ラッシュです!

優れた通貨:ダッシュコイン

ダッシュコインは匿名性が高く、セキュリティー性も非常に高いです。さらにマスターノードという仕組みや取引スピードが非常に速いというのも大きな特徴です。

ダッシュコインのマスターノードは最強

ダッシュコイン2-5

その中でも、ダッシュコインマスターノードは最強と言えます。

ゲーム的にはチート技みたいな感じのマスターノードですが、実はこのシステムを採用しているのは、未だダッシュコインだけです。

マスターノードとは何かというと、マイニングでの競争をゼロにして、簡単に取引を実行させるという最強の手法です。

ビットコインのマイニングにおいては、マイナーたちが報酬を競い合って、互いにパソコンを最大限稼働させ、その結果1人だけがマイニングに成功します。

このため、ビットコインのマイニングには、大量の電力とコスト、時間がかかってしまい、送金スピードが遅くなってしまうのです。

それに対してマスターノードでは、ランダムで取引を承認するマイナーを決定するため、競い合いも必要ない公平なシステムで、大幅なコストカット、時間短縮が期待できるわけです。

これは本当に最強と言えるでしょう。

スケーラビリティ問題解決

ダッシュコイン2-6

そして、このマスターノードのシステムを利用することで、ビットコインの問題として常に取り上げられ続けてきた、スケーラビリティ問題を解決することができます。

つまり時間もお金もかからずに、マイニングができてしまうことから、取引量が大量に増えたとしても簡単に対応することができるというわけです。

ビットコインがハードフォークや分裂騒動を通して、なんとか努力して戦い続けても全然対応することができなかったスケーラビリティ問題です。これが一瞬で解決できてしまうと考えれば、ダッシュコインの将来性は非常に高いと言えるでしょう!

さらにダッシュコインの将来性について知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

ダッシュコインが上場ラッシュ!

ダッシュコイン2-7

ダッシュコインの基本的なスペックの高さは、ダッシュコインがジワジワと高騰してきた理由になっていると思いますが、そこに拍車がかかったのが、中国での上場ラッシュです!

念の為、上場について説明を加えておくと、上場というのは取引所で取り扱いができるようになることを言います。

仮想通貨は、基本的には取引所で売買を行なっていると思いますが、そもそも取引所で欲しい仮想通貨を取り扱っていなければ、買うことも売ることもできないわけです。

そして取引所は、人気が出てきている仮想通貨を時々、新しく導入するわけです。コインチェックではダッシュコインを取引することができますが、Zaifでは取引ができません。

例えば、Zaifでもダッシュコインの取引を可能にしようと決まれば、ダッシュコインの上場になるわけです。

今回はなんと、海外の取引所で、ダッシュコインの上場が続いているのです。

11月9日に中国取引所Huobiに上場

11月9日には、ダッシュコインはHuobiに上場しました。Huobiというのは、中国最大級の仮想通貨取引所であり、中国人の仮想通貨熱が非常に高いです。

そのHuobiがダッシュコインの取り扱いを開始するというわけですから、それはダッシュコインへの期待が大きく高まることは当然とも言えます。

Huobiの公式ニュースでは、11月9日にダッシュコインが取引可能になると、正式に発表していることがわかります。

11月12日に香港取引所OKexに上場

さらに11月12日にはOKexでもダッシュコインが上場しました。OKexは、香港で有名な仮想通貨の取引所です。

中国のHuobiでの上場に引き続き、ラッシュで香港取引所の上場があったことは、ダッシュコインにとってかなり大きな好材料になったと言えます。

OKexは公式にダッシュコインとZcashの上場を発表しており、OKexの取引所を見てみると既に取り扱いがスタートしていることが確認できますね!

そして、この11月9日の中国取引所Huobiの上場と、11月12日の香港取引所OKexの上場を受けて、先ほど紹介した11月12日の40%程度の大高騰が起きたという流れになるのです。

ダッシュコインの今後は?

ダッシュコイン2-8

日本での上場ラッシュが続く?!

現在、日本の取引所でダッシュコインを購入できるのは、コインチェックだけです。海外の取引所を使用すれば、日本人でもダッシュコインを取引できますが、一般の人からしてみると少しハードルが高いかもしれません。

中国でも、香港でも上場され、価格の高騰もまだまだ見込まれているダッシュコインですから、今後日本での取り扱いが増えることも十分に考えられます。

日本でダッシュコインがまだあまり有名でないのは、取引をすることのできる日本の取引所がコインチェックだけだからでしょう。

この状況では、ダッシュコインはまだまだマイナーコインとして日本では扱われてしまうのは致し方ないですが、時価総額第7位であるというのは忘れてはいけないでしょう。

仮想通貨の時価総額のランキングは上図のようになっています。

最近ビットコインから分裂したビットコインゴールドや、ライトコインに負けてはいますが、非常に肉薄しており第5位まで登るのは時間の問題でしょう。

今後、日本の取引所でもダッシュコインをさらに取り扱って行く流れになった時、一気にダッシュコインの人気に火がつき、大高騰することになるはずです。

日本での上場ラッシュが起きる前に、大量に購入しておきたいですね!

ビットコインが衰退?

ダッシュコイン2-9

そしてもう一つ忘れてはならないのが、ビットコインの衰退です。

ビットコインはまだまだ伸びていくとも言われていますが、スケーラビリティ問題や分裂問題を考えると、これから衰退していく可能性は大いにあります。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュが今後、ビットコインに取って代わるということが言われていたり、ビットコインとビットコインキャッシュの戦いはまだまだ続いていくと思います。

そこでビットコイン、ビットコインキャッシュの両方を凌駕するマスターノードを搭載したダッシュコインが、漁夫の利的にトップに躍り出るという展開も非常に面白いですよね!

ビットコインとビットコインキャッシュで、ユーザーやマイナーが半分に割れ、それぞれ母数が減っているという現状があります。

つまりビットコインへについては、かつてほどの信頼がなくなっており、今までビットコインに投資していた人たちが、もう少し将来の明るそうな通貨に投資しようと思うのは非常に納得できると思います。

ビットコイン系列の内部闘争の傍、じわじわと価値を高めつつあるダッシュコイン。あるときを境に、大注目を浴びて大高騰するという未来が私には見えるような気がします。

三強:ダッシュコインとイーサリアムとリップル

ダッシュコイン2-10

ダッシュコインがビットコイン系列を凌駕したとき、仮想通貨の世界には三強が揃うと想像できます。

世の中に同じ種類のコインは2つと要りません。もちろん、仮想通貨自体は1000種類を超えるわけなので、機能が被っているものも大量にあると思います。

ですが今後の仮想通貨の世界を引っ張っていく通貨がどれかと言われたら、ダッシュコインとイーサリアムとリップルの3強なのではないでしょうか。

ダッシュコインはビットコインに代わる役割を持ったコインとして、イーサリアムはスマートコントラクトを基軸にしたプラットフォームを構築する役割を持ったコインとして、リップルは通貨と通貨の間をつなぐ役割を持ったコインとして、3種類の異なるタイプの通貨が3強として生き続けるというのが現実的な未来だと思います。

それぞれ異なる役割を持った通貨同士は、競争し合うことはあっても、潰し合うようなことはないでしょう。

そういう意味で、ダッシュコイン、イーサリアム、リップルは共存して仮想通貨の世界を切り開いていってくれることでしょう。

3強の詳細について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

ダッシュコイン

 

イーサリアム

 

リップル

ダッシュコインの今後について、確かなことは何もありませんが、非常に楽しみなコインだと言えるでしょう。

ダッシュコインの将来を見込んで、今のうちに買ってみてはいかがでしょうか?ダッシュコインを日本の取引所で購入したい場合は、使えるのはコインチェックのみです!

コインチェックの登録こちらから!

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ