トップページ最新ニュース › Dappsとは一体何か?今世間を賑わせている理由をご紹介!

Dappsとは一体何か?今世間を賑わせている理由をご紹介!

仮想通貨,稼ぐ

仮想通貨が世間を賑わせてる影で「Dapps」という言葉も徐々に有名になりつつあります。

「Dapps」というワードは仮想通貨市場を常に観察している人であれば。今一番の注目すべきワードにです。

「Dapps」は(ダップス/分散型アプリケーション)と言われ、様々なメリットやデメリットがあり、最近ではアプリなどにも使用されています。

最初に「Dapps」を聞いた時は仮想通貨と何も関係ないと思っていた私ですが、「Dapps」に興味を持ち20日間本やインターネットで調べた所、主要コインのビットコインやアルトコインの王様である、イーサリアムなどよりも将来性があり、大きな可能性を秘めている事がわかりました。

今回この記事では「Dapps」の概要説明やメリット・デメリットだけに留まらず「Dapps」の将来性や今後についても説明していきます。

Dapps(ダップス)とは何?その概要とは?

Dapps(ダップス)は英語で言うDecentralized Applicationsの略語になります。
日本語で簡単にいえば、非中央集権の分散型アプリケーションの事を言います。

Dapps(ダップス)を更にざっくり3つに分類すると更にわかりやすいです。

l 暗号化されて分散化したブロックチェーンを利用している事

l トークンを利用し、参加者には報酬が支払われている事

l ユーザーの合意のもとでの改善していく事

上記で3つを説明しましたが、最近「Dapps」を知った人には何を言っているのだろう?と感じたと思うので1つ1つ解説します。

暗号化されて分散化したブロックチェーンを利用している事

「Dapps」のアプリケーションは全てにおいてオープンソースである必要があります。
又、オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たない事が重要です。

トークン、データ、レコードなどは暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用し第ている事。

トークンを利用し、参加者には報酬が支払われている事

アプリケーションはオープンに流通可能な暗号トークンを持っている事が最低条件でありアプリケーションをユーザーが利用する際にはトークンを利用する事である。

参加者には、必ずークンによって報酬(リワード)が支払われる事です。

ユーザーの合意のもとでの改善していく事

アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求によりプロトコルを改善することが重要である。改善をする場合はユーザーのコンセンサスによる事が重要である事がわかる。

この3つ要件を満たすものが「Dapps」の定義とされています。

Dappsは社会基盤を変えるきっかけになる!?

社会基盤を変えると聞くと、日本の投資家はリップルを思いつく人が多いと思います。
リップルは銀行と提携し送金技術の向上を目指しています。

実際にリップルは海外の多くの銀行と業務提携するだけでなく、不動産企業などにも参入しています。

勿論リップルは、社会に大きな影響を与える事は間違いないと思いますが、Dappsはリップル以上に社会基盤を変えると考えられています。

今まであれば、株式会社によるサービス提供つまり中央管理者が存在する事が一般的であり、常識と考えられていました。

Dappsが社会基盤に変わると多くのサービスがインターネットに存在します。

仮想通貨の醍醐味である、ブロックチェーンにより、非中央集権的で分散的なものに置き換わります。

仮想通貨といえば、ビットコインやイーサリアムが印象的ですがDappsの1つです。

ここまで、読んだ方はDappsといえば、分散型のサービスだからゲームや取引所の事も言うのかな?と勘違いする人が多いですが、Dappsはブロックチェーンで動く事が出来る分散型アプリケーションの事をいうので、勘違いしないようにしてください。

Dappsのメリットとは?

大きな特徴は非中央集権・分散管理型のアプリケーションであると考えられています。

Dapps自動でオペレーションをしてくれるので、中央管理者を必要としません。
中央管理者を必要としていないという事は、個人的な管理者の利益特権によって経営方針が左右される事がなく、投資家や使用している人が振り回されるという事がないのが大きな利点です。

オペレーションが自動なので何か改善点がある場合であっても、改善点はユーザーからの合意を必要するという点で、知らないうちに変更される事がなく安心安全です。

数多くのサービスがDappsに切り替わっていくと、国家だけでなく資本主義という考え方も大きく変わっていくといわれています。

Dappsは全世界中の枠組みを大きく乗り越えた経済が生まれていく事も考えられます。

先ほどDappsは管理者に多額の利用料でお金を搾取するという表現を書きましたが、実際にはお金以外にもアクセスが集中した場合、サーバー落ちなどの事が中央管理者の存在によって考えられます。

Dappsはその様な心配事を取り払ってくれました。
又、Dappsには透明性があるとも言われています。仮想通貨の性質上、Dapps上の取引をユーザーは確認する事が出来るのでAさんとBさんが何を取引したかは明確になります。

取引の透明性は管理者の利益思考や管理者の考えによって特定の取引が隠され悪用される心配性がないと断言できます。

Dappsは現段階でも完成系には達していないので今後Dappsを使用しているユーザー同士で相談し、応用する事によってユーザーが使いやすい方向にアップデートを繰り返す事が出来ます。
仮想通貨の取引所では毎日ハッキング攻撃が後を絶ちません。
実際にはコインチェックや海外の大手取引所も次々にハッキングされています。

ハッキングされた額は全ての取引所を合計すると1兆円を簡単に超えると言われています。
その点Dappsは非中央集権ではないのでハッキングリスクがかなり低いという点もメリットとしてもあげられる材料です。

Dappsのデメリットとは?

Dappsをインターネットで調べると大きなデメリットがないというサイトを多く見かけますが、それは大きな間違いです。

Dappsは確かにメリットが多いですが、その反面デメリットもあります。
仮にDappsがメリットしかなく、デメリットがない状態だと既に社会の基盤を全て奪っているといえます。

それではDappsにどんなデメリットがあるのか?
Dappsのデメリットとしては5つの事柄が考えられます。

スケーラビリティ

Dappsはブロックチェーン技術を使用しているのでスケーラビリティ問題が最大の懸念事項として考えられています。

スケーラビリティって何?と思う人やスケーラビリティ問題は何があるの?と思う人が多いので説明します。

Dappsは仮想通貨の一部であり、仮想通貨はブロックチェーンと同等のものです。
つまり、スケーラビリティとはブロックチェーンでの処理がブロックの容量に釣り合わず遅れてしまう事です。

ブロックチェーンでの処理が遅れるという事はブロックチェーン関連分野全体に悪影響でその影響はDappsだけにとどまりません。

Dappsが今後社会に溶け込んでいく場合必然的に解決しなければいけない要因になります。

スマートコントラクトの実行速度

スマートコントラクトとはイーサリアムの契約の自動化機能を言います。

他の人が介入できないのでそれによる時間が一切かからず時間的に大きな節約なります。
時間だけでなく大幅なコストダウンも期待が出来るのでdappsがイーサリアムネットワーク上で作成されています。

これだけを聞くと時間短縮が出来て、メリットでは?と思う人がいると思いますが、dappsを使用した人が全員イーサリアムネットワーク上で制作してしまうと、処理速度が大きく落ちます。

イメージがしにくい人はフレッツ光などで考えるとわかりやすいです。
フレッツ光は回線速度に関してno1です。

しかしながらフレッツ光を使う人が密集しているマンションなどであれば逆に遅くなってしまいます。
それは、同じ回線を複数の人が使用しているので起こりうる事です。

dappsのスマートコントラクトの実行速度にも同じ事がいえます。

多くのユーザーが参加・共有し合って成り立つP2P(分散)ネットワークであるので、多くの人がイーサリアムネットワーク上で制作を行なうだけでなく、低スペックノードが参加している場合は、ネットワーク全体の処理速度が低下する事があげられます。

つまり、既存のユーザーや新しいユーザーが増えれば増えるほどネットワーク全体の処理速度が低下する可能性が非常に高くなるという事です。

セキュリティ問題

先ほど中央管理者が存在しないDappsはサーバのハッキングの可能性が低いと記載しましたが、所詮ハッキングの可能性が低いというだけで、ハッキングリスクが全くないだけではないです。

有名な話ですが、2016年にthe dao事件がありました。
the dao事件はドイツのSlock itが始めたthe daoのサービスのプログラム設計上の弱い部分や不具合所を、攻撃され50億円以上ものイーサリアムがハッカーによって盗まれた事件です。
コインチェック事件を知っている人からしたら10分の1じゃん!と思う人もいると思いますが、2017年末に仮想通貨にスポットがあたり仮想通貨の値は高騰を始めました。

つまり2016年の価格と2017年価格は比較する事が出来ませんし、コインチェック事件の時も価格はだいぶ落ちていましたが、投資家からの注目度など他の色々な面から考えるとthe dao事件は取引所やサービスでの事故では一番印象に残っています。

しかし、the dao事件はサービスの脆弱性が原因なのでイーサリアムのシステムの脆弱性が原因ではないと明記しておきます。
the dao事件が起こった当初、イーサリアムに問題があると勘違いした人が多くイーサリアムの価値が暴落しました。

the daoのdaoは英語表記だとDistributed(Decentralized) Autonomous Organizationになります。
日本語だと自律分散型組織という意味になります。

自律分散型組織は、中央集権的な組織とは異なりブロックチェーンで管理された改ざん出来ないプロトコルを意味します。
つまり、dappsと同じ様に管理者からの影響を受けないという点でdappsとthe daoは同じとも言えます。

少し話がそれましたが、the dao事件があったからこそ、イーサリアムクラッシックが生まれ仮想通貨を大きく飛躍した後押しをした点では、よかったとも言えます。

ハッキングのリスクといえばthe dao事件の様に全体的にはハッキングされる事はないが個人のウォレットがハッキングされてトークンが盗まれるパターンもあるので、最低限のオフライン管理などはしておく事が必要です。

コインチェックのNEMが全て盗まれましたが、全てインターネットに繋げているものだけです。ウォレットやオフラインで管理している取引所は一つもハッキングが成功していない点を見るとdappsのセキュリティリスクはきちんと対処すれば、殆どないといっても過言ではありません。

手数料が高くなる可能性

dappsは中央集権的なので為的な中間搾取はないですが、イーサリアムのブロックチェーンを利用するため手数料(Gas)は発生してしまいます。
これはNEMのハーベストと同じ仕組みです。

ハーベストというと自分のコインの枚数を増やすと勘違いする人がいますが、ハーベストのその部分と同じという意味でなく、ハーベストは手数料で枚数が増えます。つまりイーサリアムのブロックチェーンを利用する為の手数料と同じという意味です。

イーサリアムの場合、コンセンサスアルゴリズム「PoW」(プルーフ・オブ・ワーク)に基づき、貢献者に報酬として支払われる部分から手数料が発生します。

手数料の計算の方法ですが、スケーラビリティと考え方は同じですが、トランザクションが数値が大きい、複雑なスマートコントラクトになるほど、必要な手数料が大きくなります。

マイニングに似ている所があると私自身は思いました。マイニングも徐々に計算する難易度が上がっていると同時に必要な電気代や時間を要します。
マイニングの経験がある人は手数料の考え方はスムーズに頭に入ってくると思います。

dappsはユーザーからの意見を吸収し、アップデートしていくので今後は多くのdappsを使用しているユーザーが低コストで利用できるようにスケール(拡大)していく事は勿論ですが、EOSのような手数料を必要としないシステムの構築が求められると考えます。

トークン価値の担保

トークンも通常の仮想通貨のコインと同じように価値が変動します。
dapps (分散型アプリケーション)はアプリケーション上で使われているトークンに価値があり、それで報酬が支払われることによって運営されています。

つまり、dappsを今後も利用し社会に組み込む事を考えた場合はトークンの価値を一定にし継続する事が最低限必要です。

仮にトークンで使用しているトークンの価値が0.1円になった場合、報酬をもらっても殆ど意味がなくなりdappsとして機能しなくなります。

つまりdappsの命はトークンという事になります。
よってdappsは提供の数を多く増やす必要があります。提供先が減りサービス自体に需要がなくなるとトークンの価値が下落してしまうのと同時にdappsの参加者が減ってしまいます。

FacebookのCEO、マークザッカーバーグも2018年の年始に暗号通貨について言及

FacebookのCEOのマークザッカーバーグがDappsについて言及しました。
マークザッカーバーグはDappsの醍醐味である、中央集権と非中央集権の対比について話しました。

この対比に可能性を見いだしている理由は、テクノロジーが個々人に力を与えるような分散化する原動力になると考えているからである。

FacebookのCEOがDappsについて言及した事はDappsに大きな影響を与えていると思います。Facebookは巨大なテック企業なので、その企業のトップがDappsに興味を持っているという事は、今後Dappsが大きく飛躍する事が出来ると考えます。

初心者でもわかる分散型取引所! Kyber Networkの使い方を徹底解説

Kyber Networkは2018年6月のイベントでリブランディングによって生まれ変わる事が発表されました。
投資家の中でKyber Networkは今一番波にのっているDEXです。

仮想通貨は株やFXをしてこなかった人が多いので、取引所が難しいとスタートラインすらきる事が出来ません。

しかし、Kyber Networkは初心者でも簡単で使いやすいので紹介します。
Kyber Networkとコインチェックは仕組みが似ているので取引がしやすいです。

簡潔にいうと販売所の形式と似ていてクリックするだけで購入できます。
バイナンスの様に細かい取引画面じゃないのでわかりやすいです。

実際に私もKyber Network の KyberSwap を使用してみたのですが、とても使いやすかったです。

取引のレートは、他の取引所のレートから算出しているので安定した価格と同時に自動的に購入者にレートを算出します。

スプレットの差が少し出ますが、コインチェックや他の取引所よりもスプレット範囲が狭いので手数料も良心的です。

KyberSwap の使い方

KyberSwap の使い方は非常に簡単です。
インターネット上でEthereumウォレットであるTrustをインストールします。
Trustを使用してKyberSwapを利用する事が出来ます。

Trustを使用してイーサリアムを購入します。そのイーサリアムを使ってトークンを購入が出来ます。
購入したトークンはそのままウォレットに入金されるので凄い便利です。

Dappsにおいてトークンは必ず使うものなので、Dappsの利用を考えている人は購入してみましょう。

他にはどんな分散型取引所(DEX)があるの?

分散型取引所(DEX)はDappsを利用したシステムです。

分散型取引所は通常の取引所とは異なり、管理者や中央サーバが存在しないだけでなく、管理者の利益に経営方針が傾きません。
又、セキュリティの方でも取引所自体がハッキングの被害に遭いにくいので、取引をしていて安心できます。

l EtherDelta

EtherDeltaはその名前の通り、イーサリアムのブロックチェーンを利用して取引所を運営しています。

知名度と性能を考えた時にイーサリアムは仮想通貨の中でno1です。
EtherDeltaはイーサリアムをベースとした仮想通貨であれば全てトレード出来るというメリットがあります。

利便性を考えてもEtherDeltaは使いやすく分散型取引所の中でもオススメです。

l 0x
0xは分散型取引所を構築するためのプラットフォームとして使用されている事が多いです。
他の取引所と違い0x上でいくつもの分散型取引所のプログラムが稼動しています。

他の分散型取引所は取引を行う度に手数料がかかりますが、0xでは手数料を極力低くする事を目標にしています。

0xの開発が進展する事によって、更に多くの分散型取引所が稼働するようになれば、Dappsを知らない人や興味がない人もDappsに注目するようになるので更なる飛躍になると思います。

l Bancor
Bancorは流動性の低下という問題を解決するためのプロトコルで有名です。
分散型取引所は知名度がまだ低いため流動性が低いという最大のデメリットがあります。

例えば10円で購入して12円の時に売却をしたいと思っても12円で購入してくれる人がいないと取引は成立しないためにトレードが成立しません。

Bancorは流動性の低さに着目して解決する為に技術を採用しているので今後が楽しみです。

Dappsはゲームとの組み合わせが抜群に良い!?

Dappsの知識が既にある人はゲームとの組み合わせを一番イメージがしやすいと思います。
私も最初Dappsはゲームなのかと勘違いしていたのですが、それくらいDappsとゲームの関係は密接でゲームとの相性がいいです。

Dappsのゲームは多くのゲームで、イーサリアムに還元する事が出来ます。
イーサリアムに還元する事が出来るという事は、必然的に現金化をする事が出来るという事なので、ゲームをプレイしながら稼ぐ事が出来ます。

一石二鳥という言葉が相応しいのはDappsだと私は思います。
Dappsは効率的に楽しみながら稼げるという素晴らしい仕組みになっています。

l Etheremon(イーサエモン)

Etheremonはイーサリアムネットワーク上に構築された分散型アプリケーションの事をいいます。
Dappsのゲームの中で一番有名なのもEtheremonともいわれています。

Etheremonは子供から大人まで大人気のゲームポケットモンスターに似ています。
Etheremonの醍醐味としては、イーサーモンスターをゲットしたり、Etheremonをしている人が既にゲットしているイーサーモンスターと自分のイーサーモンスターを交換したりする事が出来ます。

又、捕まえたイーサーモンスターを戦わせて進化させるといった要素もあります。
まさに、ポケットモンスターと同じ内容になります。

Dappsのゲームというだけあって、分散型アプリケーションで全て作成されており中央集権的に管理している人は誰もいません。

これによって、自分がEtheremonをプレイしてゲットしたイーサーモンスターを他の人にとられたりする事はありません。

又、ゲームをよくする人であればチート(cheat)の存在でゲームをやめる人が多いですが、EtheremonはDappsを使用しているので外部からの影響を受けることはありません。
つまりチートは絶対に存在しないという事です。

又、Etheremonのモンスターは従来のコレクショングッズと同じようにイーサエモンを売ったり交換したりする事が出来ます。

従来のコレクショングッズと異なる点は、Etheremonの世界では、モンスターを捕まえて鍛えるというゲーム性があります。
鍛える場合EMONTを稼ぐ事が出来るので、お金を稼ぐ事が出来ました。

EMONTとはゲーム内通貨の事で、詳しい説明は後ほど詳しく説明します。

Etheremonをプレイする際に準備しないといけないもの

イーサエモンの世界でプレイするには、ユーザーはスマートコントラクトでイーサリアムトランザクションを行う必要があるので、トランザクションを行なう必要があります。

トランザクションを実際に行なうのは大きく分けて3つ必要なものがあります。

l パソコン(ChromeかFirefoxをインストール)
l イーサリアムのウォレット
l 通貨のイーサリアム(ETH)
上記の3つがあげられます。

Etheremonのゲームとしての目標は何か?

Etheremonのゲームとしての目標は、実は公式では特に設定されていません。EMONTを稼ぐのを目標としている人もいれば、Etheremonのコンプリートを目指している人もいます。

Etheremonのすごいところは、常にアップデートを繰り返してし、ユーザーからの要望のレスポンスも早いため常に改良されています。小難しそうなマイニングを遊びながらしたいという方や最新のDappsの技術に触れていたいという方にはそれが目的となりますね。

Etheremonは稼げる?

EtheremonはプレイするのにETHGasがかかります。アプリケーションを動かす際にはどうしてもこの手数料を支払う必要があるのです。Etheremonは、EMONTをゲーム内の活躍に応じて支払われますが、現状はうまくやらないと大きく稼ぐことは難しいようです。

Dappsの市場価値は爆発する可能性も高い

仮想通貨と比べまだまだ名前の知られていないDappsですが、実際、仮想通貨よりも先に私たちが触れることになるのは、Dappsのほうが先になるでしょう。

ゲーム一つにしても、ただ時間を浪費するだけでなくゲームをしている間も稼ぐことができるとしたら素敵ですよね。

しかも、非中央集権だから悪質なガチャや運営による突然の終了がないというのもうれしいところです。ぜひ未来のアプリケーションDappsに今のうちから触れてみてはいかがでしょうか?

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ