トップページ初心者向け › 【仮想通貨の5大メリットとは】日本で加速度的に普及?!

【仮想通貨の5大メリットとは】日本で加速度的に普及?!

仮想通貨 メリット2

仮想通貨という言葉が、ようやく世間的にも認知されるようになってきて、ニュースなど話題にも上るようになってきました。

社会から脚光を浴びるようになり、仮想通貨を導入する企業や個人が増えていく中で、なぜ仮想通貨が重要なのか、疑問に思う人も多いかもしれません。

この記事では、仮想通貨のメリットとは何か、なぜ仮想通貨が社会にとって必要なのか、なぜ価値があるのか、といったことを大きく分けて5つの観点から詳細に書いていきたいと思います。

仮想通貨のメリット1:お金じゃなくて情報なので短時間で格安

仮想通貨 メリット1

仮想通貨を単に、ネット上のお金、という風に認識している人が多いかもしれませんが、厳密にいうと仮想通貨はお金ではありません。お金ではなく、情報の塊なのです。

仮想通貨という言葉を考えてもらえばわかるように、そもそも仮想上のものだということです。なぜ情報の塊がお金として使えるのかいうのは、仮想通貨の仕組みを知らないと理解できませんが、簡単に言えば、変更することのできない確固たる情報が蓄積されるからです。つまり、あなたがいくらお金を払ったり受け取ったりしたか、絶対的に変更できないログが残り続けるということです。

仮想通貨がただの情報の塊であることで、大きな2つのメリットを享受することができます。それは送金時間が短く、かつ格安で行うことができるというメリットです。

ただ情報を送るだけなので、作業は難しくなく、1時間やそこらで完全に送金が完了しますし、手数料も銀行やクレジットなど他の媒体と比べると圧倒的に格安で行うことができます。これは仮想通貨のかなり大きメリットと言えるでしょう。

仮想通貨のメリット2:非中央集権的

仮想通貨は、非中央集権的です。すなわち、銀行のようにお金を記録したり、新規に発行したりするような存在が必要なく、プログラムによって自動で行われるということです。

もちろん、取引所というものは存在しますが、それはデータを仲介しているだけであって、システム的には中央に神のように世界を支配する存在はいないのです。

銀行は中央集権によるシステムですが、銀行は自社の都合によって紙幣を発行したり、時によっては預金封鎖をしたりすることもあります。銀行にお金を預けるということは、その銀行という対象を信頼してお金を委ねるということなのです。

仮想通貨の場合は、非中央集権的な構造をしており、新規通貨のコントロールや取引のデータ管理などは全てプログラムによって行われるという意味で、信頼性が高いと言えるのです。

仮想通貨のメリット3:国境を超えて取引可能

仮想通貨 メリット2

仮想通貨のメリット1で触れたように、仮想通貨は情報そのものなので、簡単に国境を超えることができます。そのため国を超えた取引が行われる際には、圧倒的効力を発揮すると言えます。

仮想通貨は同じ通貨であれば、万国共通で使うことができるので、その通貨を扱っている取引所を登録していれば、国や地域に関係なくやりとりをすることができます。

仮想通貨を使わない場合、日本円をアメリカドルやポンドに両替しようとすると、取引に手間や手数料がかなりかかり大変です。ですが日本円を仮想通貨に変えてから、他の通貨に変えるというように、仮想通貨を媒介することで、手間や手数料をかなり抑えて両替することができます。

また、仮想通貨がさらに普及していき、世界中どこでも利用可能になれば、仮想通貨一つで世界中どこでも生活することができるようになるのです。これまでだったら、外国に行けばその土地の貨幣に両替する必要があったのが、その手間暇が全て消えると考えるとすごい効力と言えるでしょう。

同様に、海外でのビジネスを展開するに当たっても、仮想通貨で取引ができるようになるので、利便性は非常に高く、メリットは大いにあると言えるでしょう。

仮想通貨のメリット4:貨幣価値が不安定な国の代替保存

日本において仮想通貨がこれまであまり注目を浴びてこなかった原因として、日本円の価値が非常に安定しているというものが挙げられます。すなわち、日本円の価値に大きな変動がなく安心できるため、仮想通貨が必ずしも必要ではなかったということです。

世の中には、紛争が頻繁に起きていたり、国全体として貧しかったりする国は山ほどあります。そして、そうした国の貨幣価値は大きく変動してしまうため、国民にとっては紙幣が一瞬にしてただの紙切れになってしまう可能性が常に存在するのです。

我々日本人にとっては、日本円がほとんど価値ゼロになることなど想像もつきませんが、世の中にはそういうリスクと隣合わせでいきている国家は山ほどあるのです。そうした国では、国の紙幣よりもビットコインなどの仮想通貨の方がよっぽど安定しており信頼できたりするのです。

世界に視野を広げてみるだけで、仮想通貨の存在価値はものすごく上昇することが感じられることでしょう。

仮想通貨のメリット5:投機対象として面白い

仮想通貨 メリット3

仮想通貨は、投機対象としても非常に有効です。それは仮想通貨の価値が、短期的に大きく変動するからです。価値の変動が大きいということは、その差分をうまく利益にしていければ、莫大な資産を生むことさえ容易にあり得るということです。実際、仮想通貨の取引で億単位で稼いでいる個人が存在するというのは、非常に面白い事実と言えるでしょう。

仮想通貨の種類はある程度の技術力があれば、誰でも作ることができます。つまり仮想通貨の種類はどんどん増え続けていきます。そして新しい仮想通貨は、市場にほとんど出回っていないため、その価値は乱高下しやすいと言えるのです。

例えば、長くから存在するビットコインは、世の中に出回っている量が非常に多いため、一人の取引額は全体からみて大きな影響とはならず、価値の変動は小さいです。それに対して、比較的歴史の浅いライトコインなどは流通量が少ないため、一人一人の取引額が全体に占める割合が大きく、価値の変動が大きくなります。

したがって、新しいコインであればあるほど、仮想通貨の価値は大きく変動しやすく、その分投資した時のリターンが大きくなる可能性があるのです。そのため、投機対象としては仮想通貨は有効であり、注目を集めているのです。

また仮想通貨の取引は、完全匿名で行われる仕様になっているので、誰にも何も言われることなく自由に取引することができます。そして比較的新しい仮想通貨であれば、市場に出回っている通貨の量に占める取引量の割合が高くなるため、高額の資金を投資することで仮想通貨の相場をある程度意図的にコントロール可能です。

すなわち、仮想通貨の乱高下は人によってはコントロールできる可能であり、狙ったタイミングで通貨の価値を上げたり下げたりできるということです。こうして考えてみると、高い確率で通貨の価値を予測することができ、投機対象として面白いと言えるのです。

仮想通貨は加速度的に普及していく
仮想通貨のメリットについてここまで見てきましたが、これで仮想通貨の素晴らしさがわかったでしょうか。もちろん、仮想通貨によるデメリットが存在することも事実ですが、これだけのメリットがあることを考えると、仮想通貨が日本に大きく普及するのは時間の問題だと言えます。

大企業が仮想通貨を導入し始めれば、他の企業も追随して広まっていきますし、そうなれば日本国民にとっても仮想通貨での取引が日常的行われることは、容易に想像がつきます。

2017年に入り仮想通貨の法律が新しく制定されたことなども考慮に入れれば、仮想通貨はこれから加速度的に日本国内で普及していくことになるかもしれません。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ