トップページビットコイン › ビットコインの単位が変わる!?今からでも遅くないワケ!

ビットコインの単位が変わる!?今からでも遅くないワケ!

ビットコイン,今から

ビットコインへの興味が湧いたけど、1BTC=200万!?
ハードルが高くて始められないし、もう遅いかな
と二の足を踏んでいた方も多いかと思います。

そこで今回、ビットコイン今からでも遅くない!
という理由をお伝えしていきます。

ビットコインはまだ間に合う?

昨年末に急にビットフライヤーやコインチェックなどの
仮想通貨の取引所のCMがTVやyoutubeでバンバン流され、
ニュースやバラエティー番組でもビットコインが取り沙汰され、
今まで知らなかった方が仮想通貨の話を耳にすることが多かったのではないでしょうか。

昨年末のビットコインをはじめとする
仮想通貨の急な高騰ぶりを見ても注目が集まったのは一目瞭然ですね。

でも今からビットコインとか仮想通貨を始めてももう遅いんじゃないか、
仮想通貨なんてよくわからないし、
そもそも1ビットコイン=170万で手が出せないから買えないよ
と肩を落とさないでください。

まだビットコインがよくわからないという方はこちらの記事を参考にしてくださいね!

今からでも間に合うビットコイン!?

年末には1ビットコインが220万円台に乗り、
価格は下がったとはいえ、1ビットコインが170万円台(2018/1/11現在)。

もうこれから参入しても遅いんじゃないかと思われる中、
どうして今からでも大丈夫なのか、
その疑問にお答え致します。
ビットコイン,今から
その理由として、
1月頭にビットコインについてのある話題でもちきりになったのです。
そのある話題とは、ビットコインの単位を変更する
という案が出たのです。

現在のビットコインの単位

そもそもですが、
現在、ビットコインを表す単位はBTCです。
1ビットコインを1BTCと表して使っています。

日常生活で0.1円は使いませんが、
ビットコインを始め、
仮想通貨には少数点を使って表すことが多くあります。

ビットコインを所持している方も0.0何BTCと
小数点以下での所持が多いのではないでしょうか。
そして、ビットコインは小数点以下8桁まで
細かく分割することができています。

現時点の1BTCが200万円とおいて計算をすると
最小単位の0.00000001BTCは2銭ということになります。
これでは計算しにくいし、わかりにくいですよね。

ちなみに0.00000001BTCは
1satoshiとなります。

ビットコイン開発者からの提案

ビットコイン開発者のJimmy Song氏からある提案がありました。

ビットコインの基本的な単位BTCからBitsに変更。現在のBTCの100万分の1での表記しよう。

というものです。

つまり、
1BTC=約200万円で取引されているものを
1Bits=約2円で取引がされるようになる、
ということです。

先ほどの0.00…というような途方のない数字を見るより
明らかにわかりやすいですよね。

これを受けて、
まずは小さい金額からビットコインの取引をしよう!と
考える人が取引しやすくなったり、

今からビットコインを始めようと考える人が
ビットコインの価格が高すぎるという拒否反応が薄まるのではないか
といった声が見受けられます。

実際にビットコインの取引単位が今以上に小さいものになれば
仮想通貨の王様といっても過言ではないビットコイン
改めてスポットライトが当たることでしょう。

そして、最低取引額が小さくなるものの、参入障壁がなくなれば
新規参入者の取引も増えていき、全体的にビットコイン
含めた仮想通貨の取引も活発になってくることが考えられるので
今からビットコインを始めても遅くはないと言えるでしょう。

ビットコイン,今から

ビットコインの展望

今までお伝えしたことで、
今からでもビットコインは遅くはないと
感じて頂けたかと思いますが、

さらに今月、
ビットコインには動きがあります。
以下にビットコインの動きをまとめてみました。

ビットコインの動向
日付 イベント
1月11日 DMMビットコインサービス開始
1月20日 ビットコイン ハードフォーク ビットコインスマート
1月22日 ビットコイン ハードフォーク ビットコインインタレスト

上記のように、ビットコインだけでも
1月はこんなに動きがあるんです。

1月11日に開始のDMMの仮想通貨取引所である
DMM Bitcoinはなんと取引手数料が無料で、
さらに円と仮想通貨の入出金に関する手数料が無料と
大きなメリットとなりそうです。

登録も特に難しいことはなく、
入力などの作業は5分以内に終わってしまうくらい簡単です。

大まかなものとして、
・メールアドレスの登録
・パスワード設定
・本人情報の入力
・本人確認書類のアップロード
・携帯番号の認証
という流れになります。

その後、認証コードが郵送されるので
それを受け取り、打ち込んだら登録完了です。
現在の取り扱い通貨としては、
現物取引が可能な通貨はビットコインとイーサリアム、

またレバレッジ取引では
ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
イーサリアムクラシック
リップル
ライトコイン
ネム
と合計7通貨の取引が可能です。

DMM Bitcoinではアルトコインでレバレッジ取引が可能なのも
大きな特徴ですね。
現在のレバレッジ倍率は5倍となっています。

さらに取引ツールの扱いやすさにも期待が集まっており、
PCの取引画面では自分が取引をする際にスムーズな取引が行えるように、
チャートやプライスパネルなど自分の見たい情報を画面上の
自分の置きたいところに置くことができます。

またスマホアプリもリリースをされているので、
取引のしやすさは申し分ないでしょう。

ぜひ、今からビットコインを始める!
という方は登録をしてみてもよいかと思います。
現在は新規口座開設が完了すると1000円プレゼントという
キャンペーンもやっているようです。(2018/1/12現在)

さらにビットコインにハードフォークの動きがあります。
ハードフォークについてはこちらも参考にしてみてくださいね。

上記、記事でもあるようにビットコインのハードフォークには
ネガティブな見方がありますが

一方で、場合によりますが、
ビットコインを持っていただけで
2種類の仮想通貨を持つことができたり、

ハードフォークによって、
ビットコインの価格が上がることもあります。
ビットコインの価格が上がる可能性がある以上、
今後のビットコインの動きから目が離せません。

まとめ

ここまでで今からビットコインは、
まだまだ遅くはない、ということは
お分かりいただけたかと思います。

その話の中で、単位の変化による新規参入者加速の可能性や
ハードフォークによる不安と期待をお伝え致しました。
また、これからどんどんといろんな情報が飛び交うことでしょう。

今からビットコインを始めるという方も、
現時点ビットコインを所有されている方も、
しっかりとこれからの展望やリスク、期待を把握したうえで
ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引をしてくださいね。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ