トップページエイダ › 【エイダコインの最新状況】公開から3ヶ月で大高騰連発!エイダコインは最強?!

【エイダコインの最新状況】公開から3ヶ月で大高騰連発!エイダコインは最強?!

エイダコイン 公開2-12

大人気エイダコイン最新ニュース!大高騰連発!

エイダコイン 公開1

今大人気のコインといえばエイダコイン!仮想通貨の投資でアルトコインにも手を出している人では、もはや知らない人などいないとも言えるコインですね。エイダコインを公開していて取引できる、数少ない取引所であるBittrexでは、毎日のようにTop Volumeのコインとして登場しています。そして、今日も第一番の座を軽く獲得していました!Bittrexでは取引量の多い通貨が、最新の情報に基づいてマーケットページ最上部で公開されているので、それだけでも結構インパクトがありますよね!

ここのところエイダコイン人気は本当に抜群で、それは大高騰を連発しているのが大きな原因と言えるでしょう。実際にエイダコインが何倍になったのかというのも、非常に興味深い点だと思うので、チャートを見てみましょう。

エイダコイン 公開2

エイダコインの過去のチャートをみてみると、11月末にはたった2,3日の間に4倍近くに高騰しています!その後、半月くらいは息を潜めていたエイダコインですが、また12月半ばになり、突然の大高騰を記録しました。勢いは止まることなく、さらにまたまた4倍ほどに膨れ上がっていますね!まだ公開3ヶ月とは思えないほどの、順調な高騰ぶりを示しています。

エイダコインの根強い人気

ここまで短期間に大高騰を連発していると、本当に多くのユーザーから注目を浴びて、もっと上がって欲しいという圧力が相当なものになっています。上のチャートにさらに、チャート解析のツールを付け加えたのが、下のチャートになります。このチャートをみてもらえばわかる通り、短期間で4倍にも膨れ上がっているにも関わらず、大高騰の反動で暴落するような雰囲気が全くないというのが本当にすごいところです!

エイダコイン 公開3

チャートを利用した短期トレードを行う手法を知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨の世界では、短期間の大幅な高騰は頻繁にあり、実際毎日のように価格が2倍近くに膨れ上がっているコインというのが存在します。ですが、そういうコインはただ単に、ノリと期待だけで高騰しており、その本質的な部分で高騰する価値がないようなものも多いです。そのため、価格が大高騰したコインのほとんどは、反動で元の価格に戻ってしまうのが常です。取引所に上場して公開されたてのコインなんかは、特にそういう傾向が強いです。

それに対して、エイダコインだけはそういう反動での大暴落がほとんどないので、それもエイダコインの大人気の理由と言えるかもしれません。

エイダコイン 公開4

このチャートは、12月17日、大高騰の後に公開されていた注文の予約状況です。圧倒的的に売り圧が半端ない状況になっており、エイダコインの価格の上がりすぎでとんでもない巨壁ができてしまったといえます。こんなチャートは今までみたことがなかったので、非常に驚いているのですが、それだけの人気を誇っているのです。

さらに注目したいのが、価格です。これほどまでの売り圧という巨壁が観測されたわけですが、驚くべきはこの後、巨壁をぶち壊してさらなる高騰に至ったということです。

一般的な思考からしてみると、これほどの売り圧偏重のチャートが出現すれば、大暴落必至と言っても過言ではない状況で、ほとんど価格が下がることなく、さらに高騰しているわけです。

最新の情報にただ乗っかって高騰したラッキー通貨というよりは、根強い人気を誇っているとんでもない仮想通貨だと思います。

エイダコイン公開からたったの80日!

エイダコインの時価総額を見てみると、すでに第7位を獲得しています。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコイン、アイオータという、名だたる仮想通貨が並ぶ中、堂々の第7位というのは、非常に誇れることですよね!

エイダコイン 公開5

そんな素晴らしいエイダコインですが、実はまだエイダコインが公開されてから、たったの80日程度しか経っていないというも非常に驚きです。実際エイダコインが初めてBittrexに上場し、取引されるようになったのは今年の10月2日からですので、本当にまだ若造って感じですよね。イーサリアムの最新版というような言い方をされることもありますが、まだまだ本当に若いコインです。

それにも関わらず、これだけ様々な実績を出していることから、公開直後であっても人気が出ていることは納得できるかなという印象ですね!

エイダコイン公開の歴史について詳しく知りたい方は、次の記事が非常におすすめです。エイダコインの紆余曲折を知ることができると思います。

エイダコインがアメリカのforbes誌に掲載?!

エイダコイン 公開7

では、今回のエイダコインの大高騰の原因ってなんだったんだろう?という風に疑問に思う人も多いかもしれません。その大きな原因と考えられているのが、アメリカのforbes誌にエイダコインが掲載されたことです。

正確に言うと、エイダコインではなく、エイダコインの基盤となっているカルダノのプラットフォームにおける、ウロボロスというブロックチェーンプロトコルが紹介された記事がforbes誌に公開されたわけですが、つまりエイダコインの話ですね!

エイダコインのウロボロスについて掲載されたforbes誌はこちらになります。

https://www.forbes.com/sites/amycastor/2017/08/23/at-crypto-2017-blockchain-presentations-focus-on-proofs-not-concepts/#49c2f7367b70

forbes誌によれば、エイダコインを開発している企業であるIOHKのチーフサイエンティストが、カンファレンスでウロボロスの仕組みなどについて公開したということです。

アメリカのforbesといえば、アメリカの情報誌としては誰もが知っている有名な情報誌でし、社会的な信頼もかなり高いものであるので、forbesでの紹介が、今回の大高騰に大きく寄与したと言えると思います。

エイダコインの基盤!カルダノの体制

ここまで紹介してきたエイダコインは、カルダノというプラットフォームの上に成り立っています。そしてカルダノの今後の発展が、まさにエイダコインの大高騰に繋がっていきます。そういう意味で、エイダコインの大前提であるカルダノの体制や仕組みについて、ここでは紹介していきます。

日本のATMでエイダコインが引き出し可能

カルダノのプラットフォームの斬新なところは、ATMを使うことでエイダコインが引き出し可能だということです。これまで仮想通貨といえば、基本的には取引所で取引を行なっていて、たまにウォレットに入れて管理するというのが一般的でした。

ネット上のやりとりが前提であり、パソコンやあるいはスマートフォンなどを使って投資を行なったりする、あくまでもオンライン上のお金だという認識が強いでしょう。

ですが今回エイダコインでは、ATMの引き出しが可能になります。つまり、今まで現金をATMで引き出してきたような感覚で、エイダコインも引き出せるようになるわけです。

エイダコインのAT Mの公開については、2018年を予定しているみたいですが、詳しい日程や進捗状況などはまだわからない状況です。

デビットカードでエイダコインが支払い可能に?

エイダコイン 公開2-9

ATMだけでなく、デビットカードも使えるようになると言います。仮想通貨は支払いに使えるという話をチラホラ聞いたりはしますが、実際にはどんな風にビットコインなどで支払いできるのか、あまり想像ができない人も多いでしょう。エイダコインに関しては、デビットカードを導入することで、カードを使ってエイダコインで取引できるようになります。

予めエイダコインをウォレットに入れておけば、日本円が全くなかったとしても、エイダコインで支払いが可能になるわけです。エイダコインが使用できるデビットカードの公開も楽しみですね!

エイダコインの利用にはダイダロスウォレットが必要!

エイダコイン 公開2-12

ここで一つポイントになるのが、エイダコインを取引所で投資する以外で利用する際には、ダイダロスウォレットというウォレットが必要になります。それはATMでの引き出しであっても、デビットカードの決済であっても基本的には同じです。

ダイダロスウォレットに予めエイダコインを入れておけば、気軽にエイダコインをATMで引き出せたり、デビットカードで決済ができるようになります。

オンラインカジノからエイダコインの目的が拡張?!

エイダコイン 公開2-11

最新ニュースとして、エイダコインの開発の目的が拡張されたという話が公開されました。

これまで「エイダコインといえばオンラインカジノ!」というような印象を持っていた人もいると思います。それはエイダコインの元々の目的が、オンラインカジノのプラットフォームを整えていくという部分にあったからです。

ブロックチェーンを駆使して公正・公平なオンラインカジノのプラットフォームの構築・運営を目指して頑張ってきたわけですが、思った以上にエイダコインが爆発的にうまくいっていることが、今回の目的拡張の原因ではないかと思います。

PoSを採用することができるという点では、ビットコインやイーサリアムよりも優れていますし、今後のことを考えたときに、さらなるエイダコインの発展を考えるのは非常に当然のことと言えます。

オンラインカジノだけではなく、金融、契約、物流などの社会基盤の構築にも踏み出していくことになるので、エイダコインにさらなる期待が高まります。実際、エイダコイン開発に関する投票システムの構築も既に視野に入れており、非常に楽しみですね!

カルダノ財団とIOHK、エマーゴ

エイダコイン 公開2-13

エイダコインの基盤であるカルダノの体制はカルダノ財団によって成り立っています。カルダノ財団は、カルダノの運営や管理を行なっているわけですが、外注する形でさらに技術開発と営業活動の2本柱を持っています。

カルダノの技術開発を行なっている企業が、IOHK(Input Output HongKong)という企業です。この企業がカンファレンスで公開した内容に関しては、アメリカのforbes誌でも取り上げられており、それでエイダコインの大高騰に繋がったという話は前述しましたね。

さらに、様々な企業と提携してプロジェクトを進行させていくための組織が、エマーゴ(Emurgo)になります。IOHKだけでカルダノやエイダコインがうまくいくわけではなく、カルダノのシステムを世の中に広めていくためのプラットフォームづくりとして、営業活動を行なっているという形になります。

エイダコインはサイエンス的なコイン

エイダコイン 公開2-13

さらにエイダコインの重要な一面を取り上げたいと思います。それはエイダコインが、サイエンス的な思考で開発・運営されているということです。サイエンスとは、物事の本質を見極め、追求していく思想であり、行動指針であります。

これは筆者独自の見解ですが、エイダコインがこれほどまでの人気を誇っている根本的な原因は、エイダコインが純粋にサイエンスを探求しているということにあるのではないかと思っています。

エイダコインは崇高な理念の上に生まれた理想的なコイン

エイダコイン 公開2-14

エイダコインの開発には、イーサリアムやBitSharesなど有力な仮想通貨の開発に携わったチャールズ・ホスキンソンが関わっているとされています。チャールズ・ホスキンソンは天才数学者としても有名であり、サイエンス的な思考や思い入れなどは、人一倍強いと言えるでしょう。

FinTech業界を根本から覆すとさえ言われている天才数学者チャールズ・ホスキンソンが関わっているという時点で、だいぶ大きなアドバンテージがありますよね。

カルダノ財団によれば、カルダノとは以下の技術のことを言います。

新興市場における、新しい分散型経済を構築し、金融を民主化するために設計されたブロックチェーン技術

エイダコインの開発には、実は2年にも及ぶ研究と、1年以上もの開発期間がかかっています。2年もの研究を経てきたエイダコインはまさに、真のサイエンスを追求し続け、新しい分散型経済、金融の民主化に取り組んできたわけです。

プロのサイエンティストたちが集結し、本気で研究開発を重ねた、まさにサイエンス的に理想を追求し続けてきた仮想通貨が、エイダコインというわけなのです。

エイダコインの開発が遅れて詐欺と言われた

エイダコイン 公開2-15

エイダコインが公開されるついこの間まで、エイダコインはずっと詐欺だ詐欺だと言われ続けてきました。それは、開発が長引いてしまったことが原因でしょう。

ですがサイエンスで研究をやっていて、予定通りに開発が行かないことなんて、日常茶飯事です。そもそもそんなに予定通りに開発が進むようだったら、大した研究じゃないというか、人によっては一生かけて一つの研究開発に取り組む人だって普通にあるのです。

そうして考えると、1年やそこら研究が遅れてそれによって公開が遅れたというだけで、何の実態も知らない素人の人たちに詐欺呼ばわりされて、メタクソに言われてきたというのはとんでもなく残念なことです。研究っていうのは、そんなに簡単なものではないですし、目指している理想の世界が素晴らしければ素晴らしいほど、それを実現するのは当たり前です。

確かにエイダコインが当初の開発計画より遅れて、公開も先延ばしになったというのは事実です。ですがエイダコインの本質的な部分を全く知らずに、ただ公開が遅れたというそれだけの理由で、エイダコインをこれまで詐欺呼ばわりしてきた人たちには反省をしてもらいたいところです。

そもそもちゃんとエイダコインの本質的な部分を知らないまま、プレセールスになんとなく参加した人たちは完全に自己責任です。それに、締め切りが近づいたから、適当に開発を終わらせて適当に公開しちゃおう!なんていうようなことがあったら、むしろそっちの方が詐欺なわけです。

エイダコイン公開前に、詐欺だ詐欺だと騒ぎ立てられて、世間からの信頼を損ねてしまったエイダコインですが、これはサイエンスについて理解していない心無い人間が大きな原因と言えるかもしれません。

結局、歳月を経て、これほどまでに素晴らしいシステムを構築し、これまでにない新しいブロックチェーン技術を獲得したカルダノとエイダコインは、公開以来とんでもない人気を集めています。

エイダコイン開発の3原則

エイダコイン 公開2-16

エイダコインのプラットフォームであるカルダノのホームページCardano HUBを見てみると、カルダノ開発のロードマップが記されています。そしてロードマップの最初の部分に、カルダノの3原則が明記されているので、それを抜粋したいと思います。

1、コミュニティの成長及びそのニーズに応えること
2、中本哲史氏のビジョンに沿った堅牢かつ分散されたネットワーク
3、研究と開発とのペースを釣り合わせることで、商業的優位性を科学的厳密性より優先させない

コミュニティの成長という点に関しては、カルダノを中心にして様々なコミュニティが形成されているみたいです。カルダノ財団、IOHK、エマーゴの3企業の提携というのも、一種のコミュニティといえます。さらに、エイダコインを保有しているステークホルダーに投票の権利を与えて、開発方針に関わってもらうというのも、ある種立派なコミュニティと言えるでしょう。

堅牢かつ分散されたネットワークについては、これまでの研究開発で、エイダコインを作り上げたカルダノというプラットフォーム自体が体現している原則になっていると思います。

さらに研究と開発のバランスに関しては、まさにエイダコイン公開までの展開に多くが語られています。商業的優位性を追求するあまり、研究開発が十分にされていない段階で、エイダコインを公開するなんていうことはありえないわけです。サイエンス的に正しい研究を十分に行い、利益だけを追求するのではなく、理想的なサイエンスを追求していく姿勢は、本当に素晴らしいです。詐欺なんていう言葉とは遠くかけ離れたような仮想通貨だと言えると思います。

エイダコインの開発最新状況!

エイダコイン 公開2-17

エイダコインの最新の開発状況をまとめていきたいと思います。エイダコインの流れとしては、Bryon、Shelley、Goguen、Basho、Voltaireという5つの大きなフェーズに分けることができます。Bryonはエイダコイン公開前のフェーズであり、現在のフェーズがShelleyになります。さらにその後、Goguen、Basho、Voltaireという風に開発が進められていき、エイダコインがどんどんアップデートしていく流れになります。

Bryonが終了してエイダコインが公開された

Bryonとはまさに、2年間に及ぶ研究と1年以上の開発のことを示し、エイダコインが公開され取引が行われるまでの基本的なプラットフォームづくりのフェーズと言えるでしょう。カルダノの技術のもっとも根幹をなす部分であり、これを見事完成させ、エイダコインが取引されているというのが、非常に喜ばしいことです。

仮想通貨は全てブロックチェーン技術が元になっていますが、その中でもビットコインが使用した暗号通貨技術とは全く異なるシステムを、全て開発し直したという点で、非常に大きな成果と言えると思います。

エイダコインのアプデートは2018年1月5日予定!あと15日!!

エイダコイン 公開6

そして何としても注目しておきたいのが、エイダコインのアップデートカウントダウンです。これはカルダノのロードまマップのページで見ることができますが、それを元に計算すると、次のアップデートは2018年1月5日予定ということになります!

エイダコインが公開されてから、わずか3ヶ月で2つめの開発フェーズを終了してしまうというのは、非常に驚くべきことだと思います。開発スピードは尋常じゃなく早く、他の仮想通貨と比べても、群を抜いているのではないでしょうか?

 Shelleyでエイダコインは大幅に進化・ネットワークの分散化を達成

エイダコイン 公開2-18

2つめの開発フェーズとは、Shelleyです。Shelleyは非中央集権化を実現すべく、さらに細かいプログラムの実装を行うフェーズになります。今現在進行中のフェーズです。

開発フェーズの概要を簡単にまとめると、以下のようになります。

ウロボロスのオープンな委任機能を導入
マルチシグのトランザクション
ウォレットバックエンド
コンセンサスのインセンティブと手数料
耐量子コンピューター電子署名方式
ライトクライアントの対応
可読性の高いアドレス
ネットワーク
投票センター
ペーパーウォレット
リリース戦略

現在これらの開発で既に完成しているものは一つもありません。実際にあと15日でこれが完成できるのかどうかはわかりませんが、研究開発者たちは、日夜奮闘して開発に勤しんでいることでしょう。

もしあと15日間で、これら全てが完成され、アップデートが行われることになれば、エイダコインは本当にとんでもない成果をあげ、さらに世に注目され大高騰を果たすことになると思います。

今後の開発者たちの頑張りに期待です!

今後のカルダノ改善案にも期待

エイダコイン 公開2-19

Shelleyの開発項目の一つにある投票センターですが、これはエイダコインの開発を促進させるための改善案を収集、蓄積して、さらなる開発に勤むための仕組みになります。最初の段階では、この投票センターではIOHKがカルダノの改善案を集計し、開発を進めていくみたいですが、将来的にはこの投票システムを利用して、ユーザーからも投票を行うように進めていくということです。

ユーザーが開発方針にも大きく関わっていけるということで、投票システムとカルダノ改善案にも大いに期待したいですね!

GoguenとBashoとVoltaire

Shelleyの開発フェーズが終了した後に待ち構えているのが、Goguen、Basho、Voltaireです。Goguenではスマートコントラクト機能の統合を行い、ハッキング攻撃に対するセキュリティ対策も実装していくようです。Bashoは、松尾芭蕉が由来の名前みたいですが、ここでもスマートコントラクトに関する開発を行い、さらなるパフォーマンスの向上を目指していくということです。Voltaireでは、IOHKの財務システム及びガバナンスを、カルダノ上に導入していくことになります。ここまでくると、一般企業のファイナンスやガバナンスを、カルダノというブロックチェーンシステムを用いて行うことができるようになる訳で、まさにブロックチェーンの時代が到来ということですね!

エイダコイン最強説到来!!

エイダコイン 公開2-20

エイダコインの最新状況を追えば追うほど、エイダコイン最強説が浮上してきます。合計3年にも及ぶ研究開発を行い、真のサイエンスを追求し続けてきたカルダノ。結局世界を変えるのはテクノロジーであり、サイエンスです。天才数学者チャールズ・ホスキンソンも関わり、今後さらなる開発が加速していくカルダノとエイダコイン、これ以上ないほどに将来性に溢れていると言えるのではないでしょうか?

研究開発が遅れてきたという過去もありますが、今後どのような展開を見せていくのか、非常に楽しみだと言えますね!

まだエイダコインを購入していない人は、今すぐ海外の取引所に登録して、エイダコインを購入したほうがいいです!今後確実に伸びていく、最有力候補とも言える仮想通貨です。

エイダコインを購入する!

エイダコイン 公開2-21

エイダコインを購入するには、海外取引所を登録する必要があります。エイダコインを公開している取引所は、まだ海外取引所にしか存在しないからです。

それにもかかわらず、エイダコインの取引の大半が日本人だと言われているので、多くの日本人が海外取引所に登録して、たくさんエイダコインを買っているはずです。

エイダコインを取り扱っている取引所にはBINANCEやBittrexなどがありますが、オススメはBINANCEです。BINANCEは手数料がとんでもなく安いのが特徴です。Bittrexは0.35%の手数料がかかりますが、BINANCEはなんと0.1%で、1/3ほどの手数料で仮想通貨を取引することができます。

BINANCEは、ビットコインを入れておくだけで、ビットコインのハードフォークによる分裂でできる新しいコインを付与されるのも魅力的ですね!付与された通貨がなかなか使えなかったりはしますが、単純に無料で新しいコインがワンサカもらえる訳で、登録しておかない理由はないでしょう!

エイダコインの将来性について納得できた人は、BINANCEに登録してエイダコインを購入しちゃいましょう!今購入しておけば、エイダコインの大高騰の波に乗れるかもしれませんよ!

BINANCEに登録してエイダコインを購入する。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ