トップページ草コイン › 2018年の仮想通貨は草コインが狙い目!?知っておくべき草コインはコレ!!

2018年の仮想通貨は草コインが狙い目!?知っておくべき草コインはコレ!!

草コインとは!?

草コインとは、正確な定義が定まっているわけではありませんが、価格が格安で時価総額が低いマイナーなコインです。
仮想通貨は現在1000以上の銘柄が存在すると言われていますが、その90%以上が草コインと言えるでしょう。
草コインには詐欺コインも多く、投資するにはなかなかハイリスクですがその分ハイリターンも期待できます。
一攫千金を狙う人は、宝くじ感覚で手を出して夢を見てみるといいのではないでしょうか。

飛躍的な高騰を成し遂げた草コイン

TRON(TRX) 100倍以上(Min-Max)

無料エンターテイメントシステムの構築を目的に開発。個人クリエイターを支援するプラットフォームの構築を目指す仮想通貨。



詳しくTRONを知りたければこちら

CARDANO(ADA) 300倍以上(Min-Max)

不正のないオンラインカジノのプラットフォームで使われる仮想通貨。途中からオンラインカジノだけでなく金融、物流、スマートコントラクト(契約)などにも応用できるようなプラットフォームの構築にも力を入れ、広範囲での用途へと方針変更。

詳しくADAを知りたければこちら

Triggers(TRIG) 1000倍以上(Min-Max)

銃社会でのセキュリティネット。スマートガン(あらかじめ設定された人しか使えない個人認証システム機能の搭載された銃)の安全性の向上のための利用が期待されている仮想通貨。

VERGE(XVG) 10000倍以上(Min-Max)

プライバシー保護の匿名系仮想通貨。匿名性のオン・オフを選択、つまり公開・非公開を選べる。

最近高騰して話題になっている草コイン

XP 現在0.5円以下

経験値を獲得してレベルアップしていくゲームがあるが、XPはその経験値というものを日常生活に導入することを目的とした仮想通貨。日常で経験した経験値に応じて報酬が発生する仕組みの構築を目指す。

PAC 現在0.05円以下

Community(コミュニティ)、Choice(選択肢)。Content(コンテンツ)、Charity(チャリティ)の4Cを基本方針としている仮想通貨。コミュニティが活発なところが特徴。

詳しくPACを知りたければこちら

SHND 現在0.001円以下

一週間で3000%の暴騰を成し遂げた仮想通貨。今のところ用途が不透明。一部ではネタコインと言われる。

今後を期待できる長期でおすすめ草コイン

TNB 現在25円以下

個人の時間に価値を付け、それを売買できるネットワークの構築を目指すプラットフォーム。地方分権化、国際化、決済の柔軟性、価格の透明性、権利の強力な保護、プルーフ・オブ・ステークを含む時間価値伝達ネットワークの確立を目指す。

CND 現在20円以下

金融アナリストなどの人間の知能と人工知能の効果的な組み合わせで市場予測・取引判断などを実施するプラットフォーム。

AMB 現在200円以下

食品・医薬品を対象として生産地や生産者、成分などを明確にし、安心安全な流通を目指した仮想通貨。協賛団体に国連がある。

まずはバイナンスから!

草コインを売買するためには、様々な取引所を使う必要があります。そしてどの取引所も、海外の取引所になります。

海外の取引所を使ったことがない人であれば、草コインをいきなり購入するのはリスクが高いでしょう。まず海外の取引所がどんなものであるか、どんなコインを取引できるのかなど、メジャーな取引所で練習してみるといいと思います。

海外取引所で安心して使えるのは、バイナンスです。メジャーな仮想通貨はだいたい揃っていますし、利用者も世界的に見て非常に多い使いやすい取引所です。

まだ登録していない人は、バイナンスを登録して、草コインへの第一歩を歩み出しましょう^^

まとめ

今後数10倍、数100倍、数1000倍になる草コインもまだまだ出てくるかもしれません。
しかし草コインには、仕手(人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場で大量に投機的売買を行う相場操縦の一種)も多く、ハイリスクであることを理解した上で投資しなければならないでしょう。
コインの特徴や将来性をよく調べた上で、ご自分の納得できるコインに一攫千金の夢を見てみてください。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ