トップページICOとは › 仮想通貨のICOとは?資金繰りは仮想通貨でやる時代

仮想通貨のICOとは?資金繰りは仮想通貨でやる時代

仮想通貨 ICOとは

ICOとは仮想通貨を使った資金調達の方法で、Initial Coin Offering(新規仮想通貨公開)の略称です。この言葉を見てピンとくる方もいるかと思いますが、ICOとはIPO(新規株式公開)の仮想通貨版とも言えるでしょう。

IPOとICO

IPOの仮想通貨版とはどういうことでしょうか。ICOはIPOに対する語なので、IPOと比較することで、ICOを理解しやすくなります。

企業がIPOで資金を調達する流れ

1、株式を発行し、出資者(企業のオーナーやベンチャーキャピタル等)に日本円で出資してもらうことで、企業は資金を調達する。

2、企業を成長させ、一定基準を満たすことで、証券取引所に新規上場する。株式を公開し(IPO)、一般の投資家が自由に取引できるようにする。

3、証券取引所に上場するほど企業は成長しているので、株式は最初の発行時より値上がりし、元の出資者は株式を売却することで利益を得る。

企業がICOで資金を調達する流れ

1、独自の仮想通貨(トークン)を発行し、世界中の一般の人々にビットコインなどの仮想通貨で出資してもらうことで、企業は資金を調達する。

2、企業が一定の基準を満たすことで、仮想通貨取引所にてトークンが売却できるようになる。

3、企業が成長していると、トークンの価値も上がり、元の出資者(世界中の人々)はトークンを売却することで利益を得る。

ICOのメリットとデメリット

仮想通貨 ICOとは1

ICOに出資される側

IPOで資金調達をする場合、メリットとしては、社会的信用が高くなり、銀行からの融資も受けやすくなります。また、知名度が高くなるので、ビジネスに追い風となる等があります。
デメリットとして、証券市場に上場することがネックになります。また、自社だけでは資金調達が完結せず、証券会社の協力が不可欠です。投資家から出資してもらうには、事業計画書や直近の決算を開示する必要もあります。

ICOで資金調達をする場合は、自社だけで資金調達が完結します。また、ICOをする企業はプロジェクトの構想などをまとめた「ホワイトペーパー」という企画書をネット上に公開することで、誰でも世界中の人々から直接出資を受けられます。

ICOは、技術革新と法的な規則の未整備が相まって、IPOよりはるかに簡単に資金調達をすることができるのです。

ICOのデメリットとしては、資金調達の敷居が下がることによって、結局は一部の知名度の高い人だけにお金が集まるという懸念もあるようです。

ICOに出資する側

ICOで出資する側の大きなメリットの1つは、誰もが世界のどこからでも好きなプロジェクトに出資することができるという点です。しかも少額から出資することが可能です。

ICOでは、トークンが高騰することにより、大きな利益を得られる可能性もあります。現在、仮想通貨としてビットコインに続いて人気No.2のイーサリアムも、ICOで始まりました。ICOを行った当時の価格は、1ETHが16円でしたが、最も高騰した時期では42000円を超えています。当時1万円分を購入していれば、数千万円の価値になったということになります。

また、ICOは株式とは異なり、議決権が付属されません。つまり、経営に関与されるリスクが極めて低いので、経営者が創業の早い時期に出資を募ることができます。出資時期が創業時に近いほど、成長した時のリターンが大きくなるので、それもICOの大きなメリットです。

企業のプロジェクトによっては、企業がICOで得た資金を元に完成させたサービスの通貨としてトークンが使われる場合もあります。(ゲーム内で使える仮想通貨のようなものなど)その場合、ICOのトークンはただ高騰を待つためのものではなくなるわけですね。

さらに、ICOのトークンはいつでもインターネット上で転売することができます。

デメリットとしては、出資者を守るルールが未整備なため、非常にハイリスクな投資です。また、詐欺に遭う可能性もあります。ホワイトペーパーの読み方など、リテラシーを身につけることが必要です。

ICOの今後

日本ではICOの事例がまだ少ないですが、日本政府は仮想通貨に対して前向きな法整備を進めているようです。2017年4月に「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」(仮想通貨法)が施行されています。

仮想通貨が日本に浸透していくにつれて、クラウドファンディングのように、ICOも活発になっていくのではないでしょうか。

最後に

企業に限らず、個人レベルでICOを行うことができます。ICOには、「世界をより良くしたい、ワクワクする世界にしたい」という人が協力し合うことで、世界を変える可能性があると思います。個人が世界に大きな影響を及ぼすことができる未来と聞くと、なんだかとってもワクワクしますよね。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ