トップページビットコイン › 仮想通貨は投資だけ?貯蓄には使えないの?

仮想通貨は投資だけ?貯蓄には使えないの?

仮想通貨 両替

仮想通貨は投資?

仮想通貨 投資

まず、仮想通貨を使ってお金を稼ぐという観念は、投資としての側面を指しています。色々な情報を全体的に観てみると、ある意味FXのようで、ある意味先物取引のようで、またある意味株のようでもあります。”仮想通貨元年だ”、”仮想通貨バブルだ”、と、ネットを賑わせている方々は、基本的には投資として捉えているので、実際「投資」という言葉が連発されています。自身も、投資の世界や金融の世界に身を置いていた人が多いのも確かです。

仮想通貨投資の5つの方法

仮想通貨 投資

仮想通貨投資として捉えた場合、大きく次の5つのやり方があります。
1.両替 (ドル建て預金、ユーロ建て預金のような方法)
2.マイニング (仮想通貨ならではの運用方法)
3.アービトラージ (取引所ごとの扱い金額の差益を売買で得る方法)
4.ICO (未公開株を買う、株の売買に似ている)
5.トレード (FXや先物取引的な投資方法)

これらのやり方からも、既に色々な投資をしてきた投資家たちが、自分の得意とする方法で仮想通貨を利用し、それを人に教えて更に利益を得ているのも納得がいきます。
例えば、5.トレードなどは、仮想通貨だからと言って、素人が簡単に利益を出せるとは思いません。FXや先物取引などで、プロ級に利益を叩き出してきた人たち向けだと解釈した方が良いと思います。
もちろん、これを機にトレードの世界に足を踏み入れようと決意している方は、十分勉強をしながらやるのも、1つのチャンスかもしれません。何にしても自己責任でやらねばなりませんから、お金を失うというリスクだけは、しっかりと認識しておくべきだと思います。

仮想通貨で貯蓄するってできるの?

仮想通貨 投資

価格が変動する仮想通貨で、将来的な安心や安定を求める貯蓄は可能でしょうか。
リスクが少なく、銀行に預金しているよりは、利益を得られそうな貯蓄型のやり方となると、
1.両替、4.ICOとなります。
ただ、ICOは、資金的に余裕のある人、寝かせておいても構わない、宝くじを買うようなつもりでいないと、必ず価格が上がる保証は無いというリスクが有ります。また、どれを買うのかが一番の問題で、現在、巷には詐欺的なものも横行していますので、よほど信頼できる仮想通貨の専門家から指導を受けない限り、安易に手を出すべきではないのではと、筆者は思っています。
とうことで、ここでは、仮想通貨を貯蓄や流通に運用していくことができる、両替について掘り下げてみようと思います。

仮想通貨 投資

仮想通貨の代名詞のようなビットコイン

世界的には、仮想通貨と呼ばず、暗号通貨と呼ばれていますが、日本では仮想通貨の方が馴染みやすかったのか、そう呼ぶことにしているようです。
その仮想通貨の代名詞のようなものが、ビットコインです。それ故、2017年を仮想通貨元年とする理由は、このビットコインの認知度が上がり、価格が数百倍に膨れ上がり始めているからです。今後は、このビットコインを基軸通貨として(米ドルのように)、他のコインの売買に使われるようになるということなので、まずは、手持ちの円をビットコインに両替するところから始めてみましょう。

仮想通貨(ビットコイン)に両替するのが、なぜ貯蓄になるの?

では、逆に、今のまま銀行に預金しているのが、これからも安心安全な貯蓄の方法だと、あなたは思っていますか?利子は殆どつかず、下ろすのにも手数料がかかります。平日の夕方6時以降、朝は8時45分まで、自分のお金を下ろすのに108円の手数料を払わないといけないのです。普通に仕事をしている人にとっては、必ず手数料がかかると思わざるを得ないですよね。それでいて、預けているお金には、年間でも(もちろん預金額により違いますが)100円の利子もつかないのにです。この状況を、貯蓄と呼べるのでしょうか?

保険による貯蓄もありますが、一時期のようなおいしい保険による貯蓄は、殆ど無いと思います。保険料も必ず払っていかないといけませんし、保険会社がいつ無くなるかという心配もありますから、昔ほど先を楽しみにできる保険は殆どありません。

仮想通貨なら安心かと言われたら、上記のように投資的な側面が強いですから、決して絶対という言葉は使えないものの、銀行に寝かしておいて、現金にこだわり続けるよりは、将来的にも有望なのではないかと筆者は考えています。

貯蓄と流通を一緒に考える

仮想通貨 投資

通貨の流通とは、使えるかどうかです。例えば、通貨ではない金銀宝石等の場合、直接そのものを流通の取引手段に使うことはありません。古くは質屋、現在は買取屋に持っていき、現金化して初めて流通で使えるのです。流通という言い方が堅ければ、買い物と言えばわかりやすいでしょう。金(キン)を持って買い物に行く人はいませんよね。つまりそういうことです。

仮想通貨も、これまでは投資上の取引に使われるだけでしたが、今や国からも通貨として認められ、世界の価値ある通貨のランキングでも、何と昨年6位となりました。そして、日本でも仮想通貨を買い物で使える店が増えてきたのです。これってどういうことだと思いますか?現金を持たずに、スマホを使って買い物ができてしまうってことなんです。

デビットカードやクレジットカードもありますが、デビットカードの場合、銀行残高が減るわけですし、クレジットカードなら、これから支払いをしていかなければならないということですよね。もちろん、仮想通貨も支払う金額は同じですが、そのお金が違うんです。
銀行に預金しているお金の価値は、上がることがありません。利子の歩合が上がったり下がったりするだけで、お金自体が増えることが無いのです。それに対して、仮想通貨、特にビットコインの場合、それ自体の価値が上がるので、両替した金額以上の金額になっていることが多いのです。もちろん、下がることもあります。そこが、株価の様で、投資を怖いと思っている方々が避けがちになる理由ですね。

得する仮想通貨の貯蓄法

仮想通貨 投資

ビットコインは、その価値が1ビットコイン30万円だろうと、200万円だろうと、500円分から購入することができます。つまり、500円分の預金から始められるのです。

まず、ビットコインを購入できる、ウォレットを開設します。ウォレットとはお財布の意味ですが、銀行口座の様なものだと思って頂ければいいです。

次に、その口座に1000円分のビットコインを購入します。(別に幾らでもかまわないのですが、購入時より価値が下がってしまうと、悲しいので)
それが、2000円以上になった時に、1000円を残してそれ以上の金額で買い物をするのです。現金化してもいいですけど、必ず1000円は残します。
この方法なら、元金を崩さず、利益分だけ享受することができます。
この際、3種類の判断ができます。1つ目は、利益を早目に得てしまう。2つ目は、そのまま上がり下がりを楽しむ。3つ目は、上がった時に全額現金化し、次に下がった時に、また1000円分を購入する。

結局、最初に説明した投資を、少額でしていることになるのですが、ポイントは、宝くじを買うような気持ちで、当たらなければ失ってしまうとわかっている額でやってみるという点です。投資の世界は、上がり下がりで一喜一憂していては、精神的に強い人でないと参ってしまいます。でも、案外100円のロトや200円のスクラッチなど、少額だと失ってもそんなに大きく一喜一憂することは無いですよね。

大きく儲けたいと思っている方にとって、投資の観点からは、現在の仮想通貨は絶対的チャンスのようですが、わからない状態から、全てを注ぎ込むのはやめておきましょう。まずは、その価値が上がっていくことを少額で楽しみながら、仮想通貨が流通のしっかりとした手段になった時、うろたえることなく当たり前に活用できるようになっていることが一番の強みになりそうだと筆者は考えています。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ