トップページビットコイン › ビットコインのマイニングで億万長者も夢じゃない

ビットコインのマイニングで億万長者も夢じゃない

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

こんにちは、佐藤です。
ビットコインをはじめとする仮想通貨の値上がりが続く昨今ですが、その中でも皆さんの中にはマイニングという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

「マイニング」は直訳すれば、「採掘」の意味になりますが、仮想通貨でのマイニングとはいったいどういうものなのか?

そもそも知っていなければ損するようなものなのか?

だとすれば、マイニングは具体的には何をしたらいいものなのか?

分からない方も多いと思いますので、順を追って説明していこうと思います。

ビットコインのマイニングってなんなの?

マイニングを知るためにはまず、ビットコインをはじめとする仮想通貨の仕組みを知る必要があります。

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記していきます。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象機関に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められるわけです。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

その整合性をチェックする作業はコンピュータによる計算でできるものなのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこでビットコインでは、この追記作業に有志のコンピュータリソースを借りています。このように余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、世界中の人がみんなで共有できる1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人や追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。

つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

採掘(マイニング)とはまさにこの新規発行に至る行為のことを呼んでいるのです。

働き者にはビットコインを!

他にゲームをしたり、ネットで遊んだりしていてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝のしるしが、新規ビットコイン発行なのです。

この採掘(マイニング)をコンピューターの計算能力をお金に変える仕事と割り切って日夜励んでいる人々が世界中に存在しています

このようにしてビットコインの安全性も常に保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。

そのため、ビットコインの発展を信じる人たちが、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインはいったい誰が管理しているの?

国家や企業が管理していない通貨であるビットコインはいったい誰が発行し、流通を管理しているのかと疑問に思いますよね?

普通に考えれば、だれも管理していない通貨などリスクの塊でしかないと思われてしまうところです。

誰かが勝手に通貨を大量に発行してしまえば、その通貨の大金持ちなり、通貨の信用は失われてしまいます。

そんな不安定な通貨は流通しませんし、誰も価値を見出しませんよね?

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理するシステムになっています。

これがビットコインの最大の特徴と言えますね。

具体的に話しますと、頂点に一元管理しているものがいない状態で、全員が対等の立場に立ってやり取りしている状態なのです。

イメージ図としては下の通りになり、このシステムをピア・トゥ・ピア(Peer to Peer、P2P)と言います。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

このシステムだとビットコインのすべての取引が公開されます。

どのビットコインからどのビットコインアドレスにいくら送金されたか、すべて確認可能になります。

一見、危険に感じる方もいるかもしれませんが、そのビットコインアドレスを持っているのは誰か?という情報については、まったく公開されません。

というのもビットコインアドレスには個人情報は全く入っていないからです。

このため、極めて高い透明性と極めて高い匿名性が存在することを可能にしているのです。

(ビットコインアドレス:銀行口座でいえば、口座番号に相当するもの)

なので誰が管理しているの?という疑問に対して大雑把に答えるとすると
「利用者みんなで管理している」ということになります。

じゃあ、ビットコインは無限に生み出されるの?

国や中央銀行に管理、関与されないビットコインをはじめとする暗号通貨。

では、ビットコインは無限に生み出されるものなのか?というと
そうではありません。

ビットコインの総発行量は、事前に決められています。

また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。

そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じたりすることを避ける設計がはじめからなされているのです。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

ビットコインの発行送料は、2140年までに2,100万Bitcoinとされていて、それ以降は新規
に発行されることはありません。

個人がマイニングする方法は?

ビットコインには「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムが存在します。

ブロックチェーンとは簡単に言えば

「AさんがBさんに1BTC送金しました」といったようなやり取りのデータ記録、

これを「データを書き込む作業」そのものが「ビットコインの採掘」であり、

この書き込まれたデータを管理するシステムが「ブロックチェーン」と呼ばれるものです。

マイニング報酬とマイナー

ブロックチェーンへの「データの書き込み」は、専用マシンによって行われます。

この専用マシンを使って取引データををブロックチェーンへ書き込んでいるこの行為を
「ビットコインの採掘・マイニング」と呼びます。

そしてこのマイニングを行う人や企業を「マイナー」と呼びます。

こんなに稼げるマイニング

取引データ(1ブロック)は10分で1個作られます。

この「ブックを作った人」に「マイニング報酬」がビットコインで支払われます。

マイニング報酬は2017年現在、「12.5BTC」です。

最近のビットコイン価格が200万円前後なので、

1個のブロックを作ると「2500万円」前後の報酬があるわけです。

10分おきに2500万円も稼げるチャンスがあるので、マイニングは注目されているわけです。

1日に採掘されているマイニングの量は1800BTCです。

日本円にして「450億円」以上ですから、すごい規模ですよね。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

さらには、その10分間の「取引手数料」も報酬として入ってきます。

10分とはいえ、「世界中で行われた取引の手数料」ですから、それだけでも数十万円、数百万円レベルになるわけです。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

ビットコインのマイニングを個人でする方法!

現在、マイニングをする方法は2つあります。

「専用のマイニングマシンを使う方法」

または
「クラウドマイニングに参加する」の方法です。

一番気になるところですから、しっかり見ていくことにしましょう。

専用のマイニングマシン

まず専用のマイニングを使う方法ですが、これはマシンを購入して設定すれば誰にでも始めることが可能です、

実はこのマイニングマシンは、Amazonでも普通に購入できます。

マイニングマシンで有名なのが「BITMAIN」ですね。

BITMAINは、多くのマイナー企業にも機会を販売するほど巨大な企業ですし、
自社でもマイニングプール(マイニングを行う工場)を管理しています。

ちなみにBITMAIN社のマイニングプールは「Antpool(アントプール)」と呼ばれる世界一のマイナーです。

ランキングで世界のマイナーがわかります。
ビットコインマイニング,仮想通貨,採掘

ビットコインの採掘マシンっていくらなの?

ただこのマイニングマシン、ちょっとAmazonを覗いてもらえばわかりますが、
かなりの高額商品となっています。

BITMAIN社が販売している、マイニングマシンの最新のものはおよそ1台で90万円になっています。

以前はこんなに高くはなかったのですが、ビットコインの価格の上昇と合わせてこちらも価格が急上昇しているようですね。

パソコンでマイニングできるのかな?

「専用のマシン」じゃなくてもっと手軽にできないものか。

実はできるんです。

マイニングを行う専用のソフトをダウンロードして行う方法です。

これなら今日からでも始めれます。

最も有名なのが「Bitcoin Miner(ビットコインマイナー)」というダウンロードソフトです。

さらにマイニングツールに「MINER GATE」があります。

これは初心者でも使いやすいGUI対応(グラフィックユーザインターフェース=画面を見ながら操作できる)のマイニングツールです。

これらをインストール、アカウントを作成し、登録すれば作業としては終わりです。

詳しい操作方法は公式サイトに譲りますがMINER GATE公式サイト基本的には自動で採掘してくれるものなので、作業量は本当に少ないです。

やる気次第で誰でも始められるとうことです。

自分でマイニング。どれだけ採掘できるの?

この自動マイニング作業ですがどれだけ稼げるのか?採掘されるものなのか?

自動なのでパソコンの電源はつけっぱなしにしておかなければならないわけで、今はむしろそちらの電力代の方がかかるというのが現状のようです。

ビットコイン,マイニング,仮想通貨,採掘

1日当たり「数円」ほどの採掘量です。

ただこうしている間にもビットコインをはじめとする仮想通貨の価値は上昇気流にあります。

なのでこれでコツコツ採掘、マイニングしていくことでのちに莫大な資産を形成していたなんてことはもう夢物語では済まなくなってきています。

もし、あなたが莫大なパソコンを所持し、莫大な資産を形成したいと望んでいるのなら
仮想通貨のマイニングはそのチャンスとなるのではないでしょうか?

No tags for this post.

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ