トップページビットコイン › ビットコインのメリット。初心者が知っておきたいその大前提を総ざらいする!!

ビットコインのメリット。初心者が知っておきたいその大前提を総ざらいする!!

ビットコイン,メリット

こんにちは、佐藤です。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は株価や為替値のように変動し、今まさにその価値はぐんぐんと上昇しています。

ただ仮想通貨のいいところは価値が上昇する可能性があるばかりではありません。

今回はその仮想通貨のメリットについて皆さんにお伝えしていこうと思います。
まず、ビットコインと仮想通貨を混同している方はいませんか?

ビットコインは数ある仮想通貨のなかの1種類にすぎません。

が、一番初めに作られた仮想通貨であり、もっとも価値ある仮想通貨であるためによく取り上げられています。

なので、ビットコインは仮想通貨の代表格ということになります。

それではビットコインを代表とする仮想通貨のメリットについてみていきましょう。

仮想通貨のメリット その1

仮想通貨は中央銀行に属していないというメリット。

これがメリットはどういうことかというと、世界中にある法定通貨、円やアメリカドル、ユーロ、中国元などとは異なり、各国の政府や中央銀行が仮想通貨を発行しているわけではないので、通貨の供給量を任意に変動させて自由自在に通貨価値をコントロールするようなことはできません。

ビットコインの供給量の増え方はあらかじめ「プログラミング」されているので勝手に変えることができないようになっているのです。

法定通貨はお金を預けるとなると、中央集権として銀行がその役割を果たすことになります。

銀行は「会社」ですから、自分の資産の管理をその銀行に任せることになるのです。

一度銀行にお金を預けてしまえば、そのあと銀行はハッキングに会うかもしれませんし、税金を滞納していたりして口座が凍結、差し押さえされることだって十分にあるわけです。

それに今の若い人にはピンとこないかもしれませんが、日本は過去に貯金封鎖が行われた実績があるので、ほとんどの資産を銀行に預けた場合に、それらが貯金封鎖が突然行われることで凍結してしまうことだって0%ではないのです。

冷静に考えて銀行という名の”他人”に自らの資産のほとんどを託しているという状況を「普通じゃない」と思えるくらいの客観性は皆さんには持っていただきたいと思うわけです。

そうやって自分以外の人に資産の管理を任せてしまうと、いざとなってその資産に何かあったときに文句を言えないといことになります。

ビットコイン,メリット
泣き寝入りするしかありません。

こういった中央集権化されたされた基盤にたいしてビットコインのように中央機関を置かないインフラを非中央集権化といいます。

ビットコインの世界では利用者自身がその世界を監視し、仲介役もいなければ中央機関に依存することもありません。

私たちが信用できるのは目の前の数字と自分だけ。

仮想通貨は国などの強大な力と戦うことなく、個人が自らの資産を管理することができる手段だということができるのです。

これは私たちが普段使用している法定通貨ではありえない、仮想通貨ならではの大きなメリットなのです。

仮想通貨のメリット その2

《国境のない通貨で国の概念がなくなる》というメリット

国が違えば、使用している通貨も違うというのが世の中のあたりまえですよね?
そうすると別の国へ行く場合にはその国の通貨に両替しなくてはいけません。

為替だって日々変動します。

両替すれば手数料もかかるために、両替ばかりしていたら損をしてしまいます。

しかし、ビットコインには国境がないため(取引相手がビットコインを受け付けてくれる限り)両替のことを考えずに済みます。

つまり、あなたが今住んでいる国は関係なくなるのです。

しかもビットコインをはじめ、仮想通貨での決済する場所が多いのは日本ではないのでしょうか。

海外でも日本でもビットコイン決済が導入される機会が今後、増えていくことはまず間違いありません。

仮想通貨を利用する全ての人にとっては、ビジネスも買い物も海外旅行もあらゆる面において便利な世の中になっていきます。

便利といえば、ビットコインは銀行システムとは違い、週末、祝日、時間に関係なくいつでも送信可能なんです。

ビットコイン,メリット
24時間365日「送金可能!」

これも大きなメリットですよね。
送金をしたいのに、平日は仕事だから「振り込めない!」

やっと休みが取れたかと思ったら「土日祝日だから振り込めないじゃん!」といった煩わしい状態から解放されるのです。

手数料も格安で1ビットコイン(約90万円)を送金するにしても、手数料は0.0001ビットコイン(約90円)くらい払えば、送金可能になります。

もう死ぬほど安いんです。

この凄さ日本にずっと住んでいたら分かりずらいかもしれません。

というのも日本ではほぼ全国民が銀行口座を持っており、数百円の手数料で翌日には全国どこにでも送金可能だからです。

しかし、世界的に見てこれは素晴らしいことであると同時に、かなり珍しいことでなのです。

例えば、フィリピンなどでは国民が銀行口座を持っているのは全体の30~40%しかなく、逆にスマートフォンの所有率は107%。

ビットコイン,メリット

ビットコインが必要とされ、広まるのは半ば当然のように思えます。

またアメリカで見ても、国内送金でニューヨークからロサンゼルスに送金するとなれば、銀行振り込みの手数料は数千円かかり、そのうえ着金されるのは5日後とかになるのです。

国内送金でこれなので海外送金となるともっと時間とお金がかかるのは想像に難くないと思います。

これが世界の普通で日本はかなり恵まれているということです。

まして日本は少子高齢化でますますビジネス面においてもプライベートにおいても海外へ目が向いていくことでしょう。
想像して下さい。

海外へ送金する際に手数料が何千円もかかり着金に3日もかかることを。

最悪だと思いませんか?

ビットコインなら世界中のどこからどこにでも瞬間的にほぼ無料に近い手数料で送金できる。
だからこそ今こうやってビットコインをはじめとする仮想通貨は必要とされ、どんどん広まっています。

仮想通貨のメリット その3

※チャージバック(組戻し)の心配をしなくていいというメリット

(※チャージバック(組戻し)というのは銀行振り込みの際、間違った口座に振り込んでしまったのでそのお金を取り戻すことをいいます)

私は銀行振り込みでこの組戻しを利用したことがあります。
間違って振り込んでしまったわけです。そこで問い合わせたところ組戻しする必要があり、
お金を取り戻すには834円かかる、と言われました。

しかもその手数料を払って組戻しを試みたあとでも、お金が返金されることは保証できないとまでいわれました(結局戻ってきましたが・・・)

このチャージバックはリスクでしかないし、やり取りも面倒で私は二度と体験したくないですね。逆にビットコインでは銀行振り込みやクレジットカードPaypal支払いような組戻しが存在しません。

そんなことで個人間取引でのチャージバックを回避する意味でも、個人間取引では仮想通貨建ての決済が最善だと私は思います。

仮想通貨のメリット その4

そして最後にハイパーインフレ時にも対応できるというメリット

自国の通貨がハイパーインフレに陥ったとしても、前もって仮想通貨に換えておけば、短期的に資産を守ることができます。

いきなり週末に貯金封鎖が行われたとしても、銀行で長蛇の列にならんでいつまでたってもお金を引き出せなくなるといった心配をする必要はなくなります。

というのも仮想通貨の世界ではあなたの銀行はあなた自身だからです。

今回はメリットしかもビットコインに限った情報をお届けしましたが、もちろんその反対でメリット、ビットコイン以外の仮想通貨についても様々な情報を提供していきたいと思います。

それでは!また!

No tags for this post.

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ