トップページビットコイン › 仮想通貨ビットコイン殺人事件!!次はあなたも狙われる!?

仮想通貨ビットコイン殺人事件!!次はあなたも狙われる!?

ビットコイン 殺人

名古屋市西区でパート従業員の女性が殺害され、佐賀県の山林で遺体で発見された事件で元土木作業員、西田市也被告(当時21歳)と元アルバイトの少年(当時18歳)が関与しているのがわかりました。
2人は野田さんの所有する仮想通貨ビットコインを奪おうとして犯行に及んだそうです。
今回のビットコイン殺人事件はどんな殺人事件だったのか見ていきましょう。

狙われたのは53歳の女性だった

今回の事件に巻き込まれしてまったのは名古屋市西区に住むパート従業員の野田みゆきさん(53)です。
野田さんは滋賀県の山林で遺体となって発見され、
名古屋家裁は強盗殺人と死体遺棄の内容で送致された元アルバイト店員の18歳の少年を検察官送致(逆走)を決定しました。
また元土木作業員、西田市也被告(21)を強盗殺人罪で起訴が判決で下されました。
犯行は、西田被告が車内で助手席に座る野田さんに催眠スプレーをかけ
首を絞めて殺害したそうです。

西田被告は野田さんの金品を狙う目的ともう一つの殺害理由に仮想通貨のビットコインが関係していたそうです。

事件のカギを握るのはビットコイン

ビットコイン 殺人事件

西田被告と野田さんとの間には金銭トラブルがあったそうです。
2人の出会いは仮想通貨ビットコインの投資セミナーでした。

野田さんは仮想通貨に投資する他に、
自身でも購入者を紹介して報酬を得るという事業を手がけていたそうです。
最近では少しでも生活の足しにしたいという人や、
資産を増やしたい・副業をしたいという人が増えてきており、
そのような考えの人を集め成功者の講演をし仮想通貨の販売をしています。

野田さんが参加していた事業は、
会員を増やすことで自分のランクがあがり
それに応じて報酬も増えるという事業だったそうです。
その事業で野田さんは投資セミナーの司会をしていた時に
西田被告はそのセミナーに参加して知り合ったそうです。

野田さんはそのセミナーに参加していた西田被告を勧誘し
その後何回か連絡をとったのでしょうね。
おそらく西田被告は野田さんにビットコインで儲けている話を聴いたりしていくうちに野田さんの懐事情も聴いていたかもしれません。

狙われたビットコイン

ビットコイン 殺人事件

野田さんは本業も辞めると周りに話すほど仮想通貨にのめり込んでいたようで、
自身ではビットコイン含む4種類の仮想通貨を持っていたそうです。

西田被告はおさななじみの18歳少年が事業に興味があると見せかけ入会を装い
JR大垣駅で野田さんと待ち合わせをしました。
野田さんは車に乗り込みその後18歳少年も滋賀県内で合流しました。

野田さんにとってビットコインの会員を増やせば自身のランクが上がるので
西田被告から新しい会員を紹介してもらえるのはとてもおいしい話です。
恐らく18歳少年も勧誘しようと思っていたのでしょうね。
それが裏目に出てしまいとても最悪な結果となってしまいました。

西田被告と18歳少年は野田さんを殺害し現金5万円とスマートフォンを奪い、山中に埋めた後、ある行動に出ました。

奪われたビットコイン

事件後、野田さんが所有していた4種類の仮想通貨はほぼ現金化され、口座の残高はほぼゼロになっていたそうです。

西田被告は、取引履歴からビットコインを一旦現金化し、
ビットコインを購入を自分の口座に移し替えていたとのことです。
自身のスマートフォンを使い、インターネット上で野田さんのビットコインの口座の
パスワードを使い不正にアクセスすると、自分の口座に約35万円移したとされています。

18歳少年に関しては殺害に関与したことまでしかわかっていませんが、
西田被告からお金を貰えるといって手を貸したのかも知れません。

ビットコイン殺人事件から見た今後・・・

仮想通貨が財産として認定し殺人事件に発展するのは、
今回の事件が極めて異例とされおり、今後仮想通貨が普及すると
増える事件の可能性もありそうです。

仮想通貨はまだ世間に馴染みがあるものではなく、
いろいろな事件が起こっているのも事実です。

仮想通貨をしている人なら誰にでも起こる事件といっても過言ではありませんので
事件に巻き込まれないためにも情報を調べ、注意をしましょう。
そして、安全に仮想通貨を楽しめるといいですね。

No tags for this post.

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ