トップページビットコイン › ちゃんと知らなきゃマズい!ビットコインにおける信用取引とは!?

ちゃんと知らなきゃマズい!ビットコインにおける信用取引とは!?

ビットコイン,信用取引1

FXや株式、先物取引をすこしでもかじったことのある人や、これからやってみようという人は一度は目にしたことがあるだろう言葉、それは

「信用取引」

ではないでしょうか。
もしFXや株式、先物取引をやったことがあるのに、「信用取引」という言葉を聞いたことがない人がいれば、相当危険です!

すぐにこの記事を最後まで読んで理解を深めてください!

さて、今回はFXなどの「信用取引」についてではなく、仮想通貨、それも

「ビットコイン」の「信用取引」

について話していきたいと思います。

ビットコイン,信用取引2

ビットコインがよくわからない人向け

そもそも、ビットコインがよくわからない!なんていう人もいるかとおもいますので、簡単に説明していきます。

そもそもビットコインとは!?

ビットコインは2008年に考案された暗号技術を用いてブロックチェーンと呼ばれる技術に基づき、さまざまな価値を保存し、移転することが可能な仮想通貨です。

また、ビットコインは普通の通貨とは違い、日本円であれば日本銀行のような、発行主体を持っていないことも特徴のひとつですね。

※実は日本円の紙幣は日本銀行が、硬貨は日本政府が発行権限を持っています。細かいですが。

さらに、発行上限が決まっていて、2100万BTC(BTCはビットコインの単位)までしか発行することはできない決まりがあります。

発行上限は決まっていますが、ビットコインの新規発行スピードを調整することによって、価値の急激な高騰や暴落を防いでいます。

もっとビットコインについて知りたい人は

もっともっとビットコインについて詳しく話していきたいところなのですが、今回は「ビットコインの信用取引」についての記事なので詳しいことは割愛させていただきます。

よりビットコインについて詳しく知りたい!という方は以下のリンクへどうぞ。

ビットコインにおける信用取引ってどんなもの?

ビットコイン,信用取引3

さて、ビットコインについての知識はある程度ついたと思いますので、ビットコインにおける信用取引について話していきます。

ですがその前に、「信用取引」、「レバレッジ」という二つの言葉について説明していきますね。

株式などでよくでてくる「信用取引」、「レバレッジ」って?

「信用取引」とは、簡単に言えば、自分を信用してもらって、自分の持っているお金以上の金額で取引をさせてもらうことを言います。

自分の手元には10万円しかなかったとしても、信用取引をすることで50万円分の金額を動かすことができるんです。

たとえば、絶対に1ヶ月後に上がる!と考えられる投資先(絶対なんてものはないので、この時点で危ない発想ですが)があったとして、今手元には10万円しかない。

そして1ヶ月後、見事に2倍になり、投資していた10万円の2倍である20万円が手に入りました。
つまりは、10万円の利益を受け取ることができたとします。

そこでもし、1ヶ月前に信用取引を行い、50万円分投資していたらどうなっていたでしょうか?

同じように2倍になったとして、100万円手に入ることになり、実質は50万円の利益ですね。

もうおわかりでしょうか?信用取引を行うことで、利益がなんと5倍に膨れ上がりました。

これが信用取引の一例です。

そして、この例の中ででてきた、10万円分の手持ち金を50万円分のお金として取引するとき、その高まる倍率のことを「レバレッジ」と言います。

わかるまでは言葉の意味をつかみづらいですが、なんとかがんばってついてきてくださいね。

レバレッジという言葉を使って、先ほどの例を説明するなら以下のようになります。

手元には10万円しかないが、5倍のレバレッジを使うと、10万円の5倍、つまりは50万円分も取引することができる。

という風な感じですね。

あれ、ということはずっと信用取引をして高いレバレッジをかけていればたくさんお金が手に入るんじゃ?と思ったあなた。現実はそう甘くありません。次で信用取引やレバレッジのリスクについて話していきましょう。

「信用取引」「レバレッジ」のリスク

先ほどの例では、5倍のレバレッジをかけ、実際に投資先が2倍になったからよかったものの、もし投資先が暴落し、50%の価値になったとすればどうなるでしょうか。

50%の価値というのは、50万円分投資をしたにもかかわらず、25万円になるということです。

そこで売りに出したとしても、もともと手元にあったのは10万円で、投資に使った残りの40万円は自らの信用によって借りたものですから、返済しないといけません。

ですが手に入ったお金はすべてで25万円です。

そうすると、取引によって出た損害は40万円から25万円を引いて、15万円ということになります。

手持ちのお金もなくなり、さらには15万円という借金を負うことになってしまいました。

これが信用取引やレバレッジを利用する上で怖いところです。

とはいえ、ロスカットやマージンコールといった、大暴落などの際に利用者を助ける制度もあります。

たとえば、取引所によって異なりますが、ある基準を満たさないと強制的に決済される制度があります。

先ほどの例でいえば、投資先の価値が50%になる前の75%(パーセンテージは例です)になった時点で、利用者の総資産(取引所に登録しているう分)がある基準を下回れば、強制的に決済され、投資していた50万円は37,5万円で返ってくることになります。

もちろん、損をしたことに変わりはありませんが、損害費用はマイナス2,5万円で済んでいますね。

先ほどの15万円の損害に比べれば少なく済みました。

ビットコイン,信用取引4

ビットコインにおける信用取引

ここまで読んでくださった人の中にはうすうす気づいている人もいるかもしれませんが、ビットコインにおける信用取引は、今まで話してきた信用取引と同じです!

ですので、レバレッジもありますし、信用取引では実際の手持ち金よりも多くの資金で取引ができるという良いところもあれば、暴落した際のリスクが大きくなるというマイナス面もおなじです。

大きく、ほかの株式やFXなどと違う点といえば、それは、

「価格変動の大きさ」

だと私は思います。

ビットコインなど仮想通貨のチャート(チャートとは、値動きをあらわしたもの)を見たことがある人ならわかると思いますが、ビットコインなど仮想通貨は値動きが激しいものが多いです。

世界で一番取引が多いビットコインでさえ、15分間の間に1,5%もの価格変動が起きることはよくあるくらいです。

※イメージしづらいかもしれませんが1,5%の変動は非常に大きいです。もし1億円分のビットコインを所有していたとすれば、1,5%価値が下がっただけで、150万円を失うことになるのです。

ですので、ビットコインなど仮想通貨で信用取引を行ったり、レバレッジをかけたりする際にはくれぐれも無理のないようにするとよいでしょう。

ビットコインで信用取引 まとめ

いかがだったでしょうか?

「ビットコインでの信用取引」

FXや株式などと似ているようで、どこか違う怖さがあるのがビットコインなど仮想通貨での信用取引ではないかと私は思っています。

ですが、信用取引を行うことで多額のお金を手にしている人がいることもまた、事実です。

できるのであれば、信用取引やレバレッジなどで借金を負う人生より、億万長者になる人生が良いですよね。

以下、信用取引でというわけではありませんが、仮想通貨で億万長者になった人たちとその経緯についてまとめてあります。興味があればぜひ読んでみてください。

この記事では、信用取引の良い面と悪い面について取り扱いました。ぜひ、これを機に信用取引について検討を始めてみてはどうでしょうか?

ビットコインなど仮想通貨では100円単位から取引を開始できるものもあるので、練習には最適かもしれませんね。

最後になりましたが、投資を行う際にはくれぐれもご自身の頭で考え、行動することをお勧めします。

最後までありがとうございました。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ