トップページビットコイン › ビットコインで絶対に損しない取引方法を大公開!!

ビットコインで絶対に損しない取引方法を大公開!!

ビットコイン 損 方法6

ビットコインで損する原因

ビットコイン 損 方法1

ビットコインを取引しようと思った時に、やはり不安に思うことは、本当に稼げるだろうか?をしないで取引していけるだろうか?ということでしょう。お金を稼げるかもしれないと思っても、ビットコインの世界のルールを知らずに取引を行なっていると、いつの間にか大損してしまい、辛い思いをしてしまう可能性も大いにあります。

ビットコインで人が損をしてしまう原因は色々ありますが、主な原因としては、感情的に取引を行なってしまう、心理学的なバイアスがかかってしまう、手数料を適切に理解できていないなどがあります。

詳しくは以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひ見てみてください。

では、ビットコインで人が損をしてしまう原因が理解できたという前提で、話を進めていきますね。一体どのように取引すれば、ビットコインの取引で絶対に損をせずに取引できるのか、その方法をご紹介していきたいと思います。

絶対はないけど絶対を目指す

ビットコイン 損 方法2

「絶対に損をしないなんてありえない!!」とあなたは思うかもしれませんが、それは確かに正しいです。もし何があってもをしないとするのであれば、その方法は一つ。ビットコインを買わないことです。

「何を言うか!!」と思うかもしれませんが、損をしないことに徹底的にこだわるのであれば、そもそもビットコインなんて買わない方がいいのです。毎日、毎時間、毎分、自由自在に荒れ狂うコインを見れば、ビットコインが常に損失と隣合わせにあることは容易に想像がつくと思います。

それでもなお、なくなってもいいお金をつぎ込んで取引をして、絶大なチャンスを掴む!そんな感覚で取引を行うことが理想的と言えるでしょう。

ですが、それでビットコインの取引に手を出さないのであれば、話が始まりません。そんなリスクはわかった上で挑戦し、それでもなお絶対に損をしないような方法が知りたい!と言う方向けにこの記事を書いていると言うことです。

絶対に損をしないとは言えないけれど、それでも絶対を目指していくような手法を学んでいきましょう。

ビットコインの手数料は払わない!

ビットコイン 損 方法3

ビットコインを取引してもなお、絶対にをしないためには、まず手数料は限りなくゼロにする必要があります。日本円の入金、出金には、絶対的に手数料がかかりますので、そこは損失とみなさないとして、それ以外の手数料を払わないように気をつけましょう。

手数料が少しでもかかってしまうような取引所や取引方法で取引をしてしまわないように気をつける必要があります。例えば、大手取引所だからと言ってbitFlyerなどを使うのは初心者にはおすすめできません。

なぜなら、取引がうまく行かなかった時、手数料によってどんどんお金がなくなってしまうからです。当然、取引の量が多くなればなるほど、手数料は多めに払わなければいけないので、仮想通貨で億を稼いでいる「億り人」と言われているような人たちでさえも、手数料が無料のものを利用したりしているのです。

手数料で取られる些細な額、これを徹底的に潰していくことが、を絶対にしないための、有効な手段となります。

手数料が安い取引所?

ビットコイン 損 方法4

手数料を0で済ますためには、まず取引所からちゃんと選ぶ必要があります。coincheckであれば、ビットコインの板上での取引は無料になります。ただし、coincheckの販売所で、決められた値段で取引するのは、スプレッドという仕組みで非常に高い手数料を払わされるので、絶対にしてはいけません。またcoincheckでは多様なアルトコインが販売されていますが、こちらも同様にスプレッドを考えると、絶対に買ってはいけませんね。

先ほども書きましたが、bitFlyerに関してはビットコインの初心者は使うべきではありません。bitFlyerはまず大前提として、手数料が高いです。さらに、短期間で高額取引する人は、手数料が安くなるという仕組みを採用しているので、資産家やいわゆる投資家など、お金を持っている人間が得をするルールになっているのです。そこで大した額を投資するつもりがなかったり、取引経験がほとんどない初心者の場合、カモにされて終わってしまう可能性が高いと言えるでしょう。確かに人気のある取引所ですが、初心者には全くお勧めできません。

zaifは手数料がもらえることもあるため、いいと思うかもしれませんが、手数料がマイナスの取引はビットコインとモナコインだけです。したがって、ビットコインとモナコイン以外の取引を行うとしたら、手数料を必至となるため、基本的にはビットコインとモナコインだけの取引をするのがいいかもしれません。そしてzaifは手数料がもらえて嬉しい気はしますが、-0.01%の手数料では大して意味はありません。1万円取引しても1円しかもらえないわけですし、100万円取引しても100円です。そうして考えるとzaifも、お金をたくさん持っている資産家が得をするシステムになっていて、手数料について悩むような初心者にとってはあまり嬉しくない取引所と言えるでしょう。そのため手数料を0にしつつ、zaifを使うのであれば、coincheckでは取引できないモナコインの取引がおすすめです。

アルトコインのロングで!

ビットコイン 損 方法5

ここまで見てわかる通り、手数料無料で取引をすることになると、アルトコインは取引できないことになります。だから、取引量も少なく絶対に損をしたくない人は、ビットコインだけを取引していきましょう。ビットコインもレートは乱高下しているため、短期的に利益を得ることは十分可能になります。

それでもなお「アルトコインを買ってみたい!」「夢に投資してみたい!」という人は、ロングで買うといいでしょう。つまり、短期的には全く取引せず、アルトコインが暴騰した時のために買いためておくということです。当然手数料はかかってしまうので、タイミングを見計らって、ロングで欲しい額を一回だけ買うのがおすすめです。

アルトコインのロングに関しては、買ってしまったら、もう完全に頭の中から消し去りレートなどはあまりみなくてもいいでしょう。日々の小さな乱高下には目も暮れる必要はありません。ただひたすらに、いつか暴騰してお金持ちになれる日を静かに待ちましょう。

数学的に計算をする

ビットコイン 損 方法6

取引をする際に、初心者がやってしまうことは、チャートの上がり下がりを見て、動き出したら慌てて売ったり買ったりすることです。これでは、全く計画性がないため、絶対にうまくいきません。そしてちゃんとした計画を立てるには、数学的にビットコインを取引を計算していかなくてはいけません。

「数学」と聞くと「数学は苦手だな」「ビットコインの取引するだけなのに数学を勉強するのは嫌だな」と思うかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。

安く買って高く売る!

ビットコイン 損 方法7

取引で絶対に大事なことは、をしないことです。そして損をしないために一番大事なことは、安いレートでビットコインを購入し、高いレートでビットコインを売却するということです。この安い、高いというのは、レートの相場として安い高いではありません。自分が決めた基準よりも安い、高いということになります。

例えば、レートが60万のとき1ビットコイン買ったとします。そしたら、この60万というレートは、安いレートという扱いになります。あなたがやるべきことは、レートが60万よりも高い時に、1ビットコイン売るだけです。65万の時でも、61万の時でも60万3千の時でも、とにかく最初に買った60万よりも高いレートで売却すれば絶対に利益を出すことができます。

ここで、利益を出していきたいと思った時には小刻みに販売していくといいでしょう。60万で1BTC買ったあと、63万になったとします。そこであなたは考えるわけですね。「もしかしたらもっと上がって65万になるかもしれない」「いやいや、この辺がマックスだからそろそら下がり出すかもしれない」二つの考えが頭の中をせめぎ合います。この時に小刻みに売却するとうまくいくわけです。

例えば、63万の時点で、0.5BTC売却するのです。つまりこの部分では、0.5BTC分は利益確定になるわけです。その上で、レートの変動を見ていきます。もしさらに上がっていくようだったら、下がり出すまで待ってから65万とかで0.5BTC売れば少し利益が上のせされることになるわけです。もし63万から0.5BTC売った後、レートが下がり出したら、60万を下回る前に売却すればOKです。例えば62万で0.5BTC売れば、ちょっと利益は少ないですが、60万で最初は買ってるわけなので、結果として得をすることになるわけです。

これは一回の取引で行う流れですね。この流れを何度も行うことで、絶対的にをすることなく取引できるのです。これが数学的に取引をするということの意味です。

判断基準を決めて指値で予約する

まず安い値段で取引して、そのあと高い値段で売る。この時に、自分の中で判断基準を決めておくとという方法が有効です。60万で1BTC買った時に「じゃあ63万になったら1BTC売却する」と初めに決めておくのです。そうすれば、63万になった時にどうするか悩まなくてすみます。

これがもし判断基準を決めていないと、一瞬上がって63万を超えたあとすぐに下がってしまうかもしれません。そうするとチャンスを逃してしまうかもしれないので、自分の中で判断基準を持つことが非常に重要だと言えます。60万買ったら、その直後には指値取引で63万の売却を予約注文しておくのがいい方法です。

そうすれば、あとは放っておいても63万で取引が行われます。レートが63万に達した瞬間に利益が確定するわけで、自分はあと何もする必要がないということになります。

当たり前ですが、売却をする値段はうまく調整する必要があります。上げすぎたらなかなか届かないですし、低すぎるとあまり利益になりません。ちょうどいい額を考えて決めたら基本的にはその額は変えない方がいいです。そこで考えた自分のストーリーにしたがって取引すれば、絶対に損をせず取引ができるのです。

無駄に色々考えてチャートの乱高下に右往左往して、結果利益を取り逃がしたり、いつのまにか58万で売却していたということになれば、元も子もないわけですよね。絶対に、その場のノリで取引することはやめましょう。自分の狙った額で取引するようにじっくりと待つのが大事なことです。

急激に下がったタイミングで買う

ビットコイン 損 方法8

これまでお話した手法というのは、自分が買った後にレートが上がってくれないと、話が始まらないのはお分かりでしょうか?自分が60万の時に買った後、どんどんレートが下がって52万とかまで落ちてしまった日には、大損も大損、非常に悔しい思いをしますよね。

そうしたことが起こりにくくなる方法が一つあって、それはレートが急激に下がったタイミングで買うということです。市場というのは、下がったらその分を利益に変えるために、レートを上げたいとみんな思うわけです。そうすると、レートに圧力がかかって反動でレートが上がるんですよね。

このタイミングを狙って取引することで、うまく利益を確保できるようになります。急激に下がったタイミングはいつだって狙い目なので、そこでビットコインを買った上で、売る金額を決めて指値で注文しておけばOKというわけです。

気持ちじゃなくて論理で取引

ビットコイン 損 方法9

ビットコインのチャートの動きを見ていると「あっ、今上がっている!」「どんどん上がる!」という風に、買いたい欲が湧き上がってくることがありますよね。今買っておけば、もっと上がって利益が出るかもしれない!と思うのは普通の気持ちですが、気持ちにつられて買ってしまうと大損しかねないということになります。

急激に下がったあとは反動で上がるように、急激に上がったあとも反動で下がるわけです。この事実を忘れてしまって、その場の衝動で買ってしまうと、あとで反動でレートが下がってきて顔が真っ青になってしまうこともあるかもしれません。

気持ちに従うと、人は正しい判断ができなくなってしまいます。衝動的に取引をするのではなく、冷静に論理的に賢く取引をできるようになりましょう。そうすれば、など絶対にすることなく、確実に利益を上げていくことができるようになるのです。

コツコツ堅実に!

ビットコイン 損 方法10

ここまで主に、手数料に関する話と、取引方法のテクニックの話をしてきました。基本的には、この2つを押さえていれば、絶対にをすることはないと言えるでしょう。ただ、絶対に損をしないということは、その分だけギャンブル的な要素はなくなるということになります。

もちろんギャンブルみたいな考え方で、ビットコインの取引をやるべきではないですが、損をしないということは短期的な利益もガツンといくことはあまりないかもしれません。

ですが、毎日コツコツ利益を出していけば、確実に儲けることはできるでしょう。例えば30万円を運用して、毎日1%の利益を出すことができれば、1週間後には321,641円にまで膨れ上がります。この効果は絶大で、もしこのまま1ヶ月続けば404,355円にまで上がります。

つまりたった1%の利益だけでも、コツコツ堅実に積み重ねることができれば、大きな利益になるというわけです。博打のようにガンガン攻めるのではなく、絶対に損をしないという気持ちで、コツコツ堅実にビットコインを取引していくのが、実は一番のお金持ちへの近道かもしれませんね。

 

また今回は記事内では紹介しなかった、税金についても、損をしない賢い方法というのが存在します。興味のある方は以下の記事を参考にしてください。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ