トップページビットコイン › 【新たなハードフォークの可能性】分列が続くビットコイン ビットコインシルバー、ビットコインダイヤモンドとは!?

【新たなハードフォークの可能性】分列が続くビットコイン ビットコインシルバー、ビットコインダイヤモンドとは!?

ビットコイン,ハードフォーク,分裂

第2段のハードフォークになる可能性があったSegwit2xは、2017年11月8日、コミュニティの賛同が得られないことを理由に無期限の延期になると発表がありました。

ビットコインが再び分裂することによる混乱は避けられましたが、その後もビットコイン取引価格の乱高下は続いています。

Segwit2xの延期によって落ち着きを取り戻したように思えたビットコインですが、新たな分裂の噂が広がっています。

以下の4つの仮想通貨がビットコインから分裂するといわれています。

「ビットコインシルバー(BTSI)」、「ビットコインキャッシュプラス(BCP)」、「ビットコインダイヤモンド(BCD)」、「スーパービットコイン(SBTC)」。

まだまだ、ビットコインに関する騒動は収まらないようです。

そこで今回は、ビットコインの新たなハードフォーク(分裂)の動きと分裂する意図について探っていきたいと思います。

ビットコインから分裂した仮想通貨 振り返り

ビットコイン,ハードフォーク,分裂

ビットコインから分裂した仮想通貨には、『ビットコインキャッシュ』(Bitcoin Cash)と『ビットコインゴールド』(Bitcoin Gold)があります。

今回のビットコインの新たな分裂騒動を見る前に、どのような流れで分裂騒動が続くようになったのかを見ていきましょう。

ビットコインキャッシュの分裂(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にハードフォークを行い、ビットコインから分裂しました。

ビットコインにとっては最初のハードフォークであり、中国のマイナー集団を中心としたグループが中心となってビットコインから分裂しました。

現在の時価総額は、ビットコイン(14兆3600億円)、イーサリアム(3兆5800億円)に次いで3番手(2兆5100億円)となっています。

ちなみに、このビットコインキャッシュの分裂では、ビットコインを持っていた人は、同単位のビットコインキャッシュを手に入れました。

つまり、1BTC(ビットコイン)を持っていた人は、1BTH(ビットコインキャッシュ)を手に入れたのです。
※ただし、ビットコインキャッシュの取り扱いを表明していた取引所にビットコインを持っていた場合に限ります。

ある仮想通貨が分裂すると両方の仮想通貨が手に入る場合があることを知っておきましょう。

ビットコインゴールドの分裂(Bitcoin Gold)

ビットコインゴールドは、10月25日にビットコインから分裂しました。

ビットコインからの分裂としては2回目になります。

ただ、時価総額はビットコインキャッシュほど高くはなっていないので、それほど市場からの支持は高くないようです。

単位は、BTG(ビットコインゴールド)です。

分裂が延期されたB2X

Segwit2xというハードフォークによってビットコインから分裂しようとしていた仮想通貨がB2X(ビーツーエックス)です。

しかし、賛同を得られないことを理由にハードフォークを延期しています。

今後の動きに注目です。

どうしてビットコインから分裂するのか?

ビットコイン,ハードフォーク,分裂
ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、B2Xどれもに共通しているのが「スケーラビリティ問題」を解決するということでした。

ビットコインは、システムの構造的な問題として、取引量が増えるとビットコインの送金が遅くなるというスケーラビリティ問題を抱えています。

問題を抱えながらもなかなかシステムが変更されないため、自分達で新しく仮想通貨を分裂させていたのです。

しかし、「スケーラビリティ問題」を解決すると主張する分裂の中でも、利益をあげるために行っているケースもあるように感じます。

ビットコインキャッシュの分裂では、ビットコインを持っていた人は、同単位のビットコインキャッシュを手に入れて、大きな利益を上げた方もいました。

市場では、2つの仮想通貨が手に入るとのことでビットコインへ資金が集中し、取引価格は90万円を超えた日もありました。

ビットコインから分裂する主な理由としては、スケーラビリティ問題の解決と利益を得る2つがあるのです。

ビットコインの新たな分裂騒動

ビットコイン,ハードフォーク,分裂
今回の新しくビットコインからハードフォークして分裂する可能性があるものとしては、以下の4つです。

「ビットコインシルバー(BTSI)」
「ビットコインキャッシュプラス(BCP)」
「ビットコインダイヤモンド(BCD)」
「スーパービットコイン(SBTC)」

どの4つの仮想通貨もスケーラビリティ問題の解決を主張していますが、本気でこの問題を解決しようとしているようには思えません。

どうもビットコインから分裂したり、分裂するという噂を流したりして利益を上げようとしているように見える点もあります。

ビットコインから分裂した場合、2つの仮想通貨が手に入り、利益を挙げることができます。

また、Segwit2xは延期されませんでしたが、その間もビットコインの取引価格は史上最高額を越える勢いで伸びていったので、ビットコインの価格を上げる効果もハードフォークにはあるようです。

ハードフォークを行うときちんと発表しているのは、ビットコインシルバーだけです。

ビットコインキャッシュプラスは、2018年1月2日に分裂させるとサイトを公開していましたが、このサイトは現在閉鎖されています。

ビットコインダイヤモンド、スーパービットコインに至っては噂先行で状況さえつかめていません。

現在のところ、取引価格がついているのがビットコインシルバーのみで、取引価格も0.003ドル(約0.33円)と市場からはほとんど支持されていないようです。

まとめ

ビットコインの新たな分裂の動きについて、以下の内容でお話をしてきました。

ビットコインから分裂した仮想通貨 振り返り
ビットコインキャッシュの分裂
ビットコインゴールドの分裂
分裂が延期されたB2X
ビットコインの新たな分裂騒動

今回の分裂のようなケースが続くようだとビットコインの信用性はどんどん失われていくでしょう。

利益優先の分裂をどう抑えていくのか、ビットコインコミュィティの対応が待たれます。

ビットコインの抱えているスケーラビリティ問題を解決し、一般の方が安心して取引のできる仮想通貨にビットコインをしていく解決策が待たれます。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ