トップページ初心者向け › 仮想通貨でよくいうトークンとは?トークンのタイプとメリット、デメリット

仮想通貨でよくいうトークンとは?トークンのタイプとメリット、デメリット

仮想通貨,タイプ

はるかです!こんにちは。
仮想通貨を売買しているとときどき「トークン」という言葉に出会います。英語では「TOKEN」と書き、証拠とか記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持ちます。仮想通貨の世界では、「代用貨幣」の意味ですね。

このトークンとは、一体何でしょうか?また、トークンが発行されると、どんなメリットやデメリットがあるんでしょうか?ご紹介します。

「トークン」の概要とは?

仮想通貨,トークン

ではまず、トークンとは何でしょうか?実は、仮想通貨の世界ではよく使われる言葉なのですが、実はこれといった定義があるわけではないのです。強いて言えば「代替通貨」ですが、「ブロックチェーン上で発行された独自のコイン」という意味ですね。

この仮想通貨のひとつであるトークンは、発行されただけで流通しなければ価値はありません。独自性を出してこそ価値があるというもので、値打ちも上がります。そしてそこに値段がついてビットコインなどとトレードされたりします。

「トークン」は仮想通貨ではないの?

仮想通貨,トークン

そもそも「トークン」は仮想通貨なのでしょうか?

仮想通貨,トークン

トークン仮想通貨の世界では「新しく作られた通貨」という意味を持ちます。その名の通り、トークンも仮想通貨なのですが、厳密に仮想通貨との違いをあげることは難しいです。

ただ、リップルやネムのように、独自のブロックチェーン技術を使って作られた仮想通貨に対して、既存のブロックチェーン技術を使って作られた仮想通貨を「トークン」と呼んでいるようです。

ビットコインとトークンの違いは?

では、ビットコインのような仮想通貨とトークンの違いとは何でしょうか?
ビットコインやリップル、ネムなど仮想通貨は、あらかじめ発行枚数を超えないように設計されています。

総発行数が終わってしまったら、あとはトレードやトランザクションでしか入手することはできなくなります。発行枚数が上限になってしまったら、「打ち止め」ですよね。何百、何千という買い方をする人もいるので、これはすぐに上限が来てしまいそうですね。(=^・^=)

それに対してトークンは発行者が発行総数を自由に決めることができます。強いて言えば、トークンは株式のような性質を持っていると言えるでしょう。

しかし、故人でかなりの発行数を持っていたとしても、その持ち主は株主総会的みたいな会合で、会社の経営に意見することはできないんです。あくまでも「持ち主」でしかないのです。
しかし、トークンの中によっては株式の配当のような機能を持っているものもあります。

いわばクラウドファンディングのようにして発行したトークンの会員限定機能を使って、証明書代わりにしたりと、従来の仮想通貨を超えた使い方もできそうで、トークンの可能性は今後ますます広がっていくと考えられています。いわば「トークン」とは、ブロックチェーン上で発行された「独自のコイン」と呼ぶことができます。

「仮想通貨」は2種類ある?!

「仮想通貨」には2種類があるといいますが、どんなものがあるのでしょうか?一つはビットコインをはじめとする「コイン」と呼ばれるもの。そしてもうひとつは「トークン」です。

日本では仮想通貨トークンは特に区別がされておらず、取引所の銘柄に普通に並べて載っていますが、Cryptocurrency Market Capitalizationsには、仮想通貨と区別されて世界のトークンが実に約550種類も載っており、それぞれどのプラットフォームを元にして作られたものか(ETH,Omni,monoなど)が明確に載っているんです。

トークンで有名なものではOmiseGO(オミセゴー)やAugur(オーガ)の名前も見えます。オーガはコインチェックなどの日本を代表する取引所でも扱っていますが、実はトークンだったのです。これがコイン、これがトークンと区別して書かれているわけではありませんので、ちょっとわかりにくいですね。

「採掘」タイプ(カレンシータイプ)

ビットコインのようなあらかじめ発行枚数が決まっているような仮想通貨(コイン)を「カレンシータイプ」と言います。あらかじめ発行枚数が決まっているため、外部や第三者がこの決まりをねじまげるようなことはできなくなっています。

さらに通貨機能だけを持つものが多いです。
これは、私達が思っている仮想通貨(ビットコイン)のイメージに近いですよね。

発行者がいるタイプ(アセットタイプ)

カレンシータイプに対してこちらのアセットタイプ「トークン」と呼ばれるものです。こちらは、賭け市場やスパコン、ゲームと関係があります。

例えば、モバイルゲームのプラットフォームで作られたMOBILE GO(モバイルゴー)やスーパーコンピューターを作る構想と結びついたGOLEM(ゴーレム)、ユニークで保険業界に革命を起こしそうなAugur(オーガ)があります。実は大人気のリップルやzaifコインもアセットタイプなのです。

このアセットタイプのトークンは、株式のようでもあり、クラウドファンディングのようでもあると言われていますが、いままでのクラウドファンディングと決定的に違うのが、支払いにブロックチェーン技術が使われた仮想通貨を使うということです。

仮想通貨を使っているところが、未来的ですが、それが当たり前のように流通する未来はもうすぐそこに見えているんです!

このトークンのサービス開始のときには、仮想通貨のICOのように支援者から寄付を募り、その代わりにトークンを付与します。

これはいわゆるICOってやつですね。そのトークンが取引所に上場し、その趣旨が評判になれば、値上がりをして、最初に寄付した人が利益を得るというしくみになっています。

ようするにトークンはお金のやりとり以外にも用途を拡大した、アセット系の仮想通貨と言うことができます。

トークン発行のメリットとは?

トークンはお金のやりとりを超えた使い方ができる、可能性に溢れた仮想通貨です。ではこのトークンを発行するメリットとは何でしょうか?

ビジネスそのものを売る

トークンの発行は通貨としての流通とビジネスが合体したものと考えてもいいかと思われます。例えば、保険業界に革命を起こしそうな使い方として、現在の保険とは真逆の健康ならお金を払うというシステムや、ゲーム内アイテム課金に使ったり、ブロガーやクリエイターまで自分のトークンを発行し、作品制作やブログ記事販売などのビジネスと関連つけて売り込むことができます。

また海外では実際にギターにビットコイン受信用のQRコードを貼り付けてライブを行うミュージシャンまで出てきています。新しい感覚のミュージシャンですよね。応援したくなってしまいます。

これにより、会社やエージェントのもとで働くという働き方もぐっと変わって来るのではないでしょうか?

トークンはビットコインなどの他の仮想通貨や各国通貨などとも交換できますので、つまりあなたの発行したトークンはお金と同じ働きがあるのです。いままでは自分のビジネスを世の中に広めるのには宣伝料等がかかりましたが、わずかな手数料だけですみます。

ビットコイン他の仮想通貨の利用が増える

現状では、仮想通貨といえば「投資」のイメージが強いですが、トークンの発行者が成功して、その活動が世の中に広まれば、現在はまだ一部の人だけが利用している状態の仮想通貨の利用者がぐっと増えるのではないでしょうか?

ゲームや音楽、インターネットコンテンツなど、若者が興味を持ちそうないろいろな使い方ができるトークンも出てきています。

トークン発行のデメリットとは?

それではトークン発行のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

事業者側のリスクは?

まず事業者側のリスクとしては他の仮想通貨に比べてかなり影響力のある人が参加していないとなかなかトークンの価値が上がらないということです。

トークンの数はいまや何百とあります。その中で出資者にトークンを買ってもらうには、かなり「インフルエンサー」として影響力のある人がアドバイザーとして参加しているか、アーチストやブロガーの場合は才能や魅力がないと買ってもらえません。

また、あるていど社会性や公益性がないと価値が上がりにくいというデメリットもあります。

また、いくら仮想通貨の流通以外の使い方ができると言っても、利用範囲が広くなりすぎると、仮想通貨法で規制をうける可能性もあります。

投資者側のリスクは?

また投資側としても投資家側が株主のように事業者の事業をモニタリングしたり、意見したりすることができない、取引所に上場しても普及しないとトークンの価値が上がらない、利益が出ても配当がない、などがあります。

前評判は上々だったのに、いざ蓋を開けてみるとぜんぜん価値が上がらないということも、残念ながらあり得ます。新しいトークンが出ても必ずしも価値が上がるというわけではないので、その見極めも大切だということですね。

まとめ

仮想通貨にもコインとトークンの2種類があり、前者はお金として流通するだけのものなのに対して、後者はそれ以外にも、自分のビジネスや事業の価値を売ることを追加できるのものなのですね。

まるでお金とクラウドファンディングと株式投資が混ざったような、金融業界にも革命的なことが行われようとしています。目新しさについ何も考えずに投資してしまいがちですが、トークンの投資にはホワイトペーパー(事業の説明書)をよく読んで、価値があると認められたものに投資するようにしましょう!

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ