トップページ初心者向け › 仮想通貨の話題で頻出の重要用語を解説!

仮想通貨の話題で頻出の重要用語を解説!

仮想通貨,用語

仮想通貨が世界中で注目されていますね。
あなたも仮想通貨に興味を持たれたかもしれません。

しかし、仮想通貨を実際に運用しようと考えている人の中には

「なんか用語が難しすぎてよくわからない!」

と頭を悩ませている人も少なくありません。

仮想通貨を運用していくときには、積極的な情報収集が大切になります。
また、最新情報を取り入れることも必要です。

ですから、用語の意味がわかっていないと情報を正しく読み取ることができません。

よって他のライバルと差をつけられ、儲けられなくなるかもしれません。

そこで、今回は仮想通貨の話題でよく出てくる重要用語をまとめました。

損をしないためにも、この記事を読んで用語の意味をしっかりと理解し
他のライバルたちに差をつけちゃいましょう!

仮想通貨重要用語集

仮想通貨,用語

アルトコイン

アルトコイン(Alternative Coin)とは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

最近、仮想通貨のランキングで上位に入っている
イーサリアムやリップル、ネムなどの仮想通貨もアルトコインです。

このビットコイン「以外」という定義から、
ビットコインは本当に特別な仮想通貨なのだということがよくわかりますね。

ICO

ICO(Initial Coin Offering)とは、株でいう IPO(Initial Public Offering)のようなもので、
これからプロジェクトが公開されるときに資金を調達する手段のことです。

企業やプロダクトチームが、仮想通貨を発行することで資金を調達するという
次世代の資金調達の方法として注目を集めています。

現在では「何を買っても価格は上がる!」と言われています。

ICOに参加しておけば、取引所で公開されるときに
高値で取引されることが多くなるからです。

というわけで、ICOに参加する人がとても多くなっています。

しかしそれを利用して、プロジェクト自体が存在しないのに
資金を集めることを目的にICOを行う詐欺も増えています。

ICOはすぐに大儲けできる可能性が高いものですが、
このような詐欺には注意することが必要になります。

色々とリスクも伴うICOですが、
きちんと理解しておけば儲かること間違いなしの手段です。

重要な 用語として頭に入れてきましょう!

プレセール

プレセールは先ほどのICOと少し似ています。

プレセールはICOを行う前に、テストネットなどに貢献してくれた人、
また大口の契約者向けに行われる事前販売のことです。

ICOを行う前の実験のようなものがプレセールです。

マイニング

仮想通貨,用語
マイニング(採掘)とは、ビットコインのブロックを生成することを言います。

また、ブロックの生成を手伝った人には報酬として
現在は12.5BTCとそのブロック内の取引の手数料がもらえる行為のことを言います。

マイニングは計算によって成り立っているものなので、
膨大な電気代と高い計算能力をもつコンピュータが必要になります。

半減期

ビットコインは総発行量が2100万BTCと決められています。

しかし、2017年10月の段階で約1660万BTCしか発行されておらず、
マイニングによって少しずつ市場に増えています。

現在は約10分に1度、12.5BTCがマイニングによる報酬として出てきます。
2しかし、マイニング報酬には1万ブロックごと(約4年に1度)に半減期というものがあります。

半減期が起こることで、今までのマイニング報酬がが半分に減ってしまいます。

次回の半減期は2020年と言われていて、
現在の12.5BTC→6.25BTCに減ることになります。

ビットコインの総発行量の2100万BTCは、
今後120年かけて市場にすべて放出することになっています。

マイニングと半減期はセットで重要な用語になります。

この2つの用語に関する情報もチェックして起きましょう!

マウントゴックス事件

2014年に起こった事件で、
ビットコインが日本で信用されなくなるきっかけとなった事件です。

当時世界最大の取引所で日本にもあったマウントゴックス社に
預けていたビットコインが盗難した事件のことです。

ビットコイン自体は安全かもしれませんが、
預けていると盗まれる危険があり注意する必要があることを教えてくれた事件です。

秘密鍵

仮想通貨には公開鍵と秘密鍵の2つがあり、
これがないと送金することができない仕組みになっています。

公開鍵は誰でも参照できる鍵のことですが
秘密鍵は、ないと仮想通貨が送金できないので
各自で秘密鍵を保管することが大切になります。

もし秘密鍵が盗まれてしまうと
あなたの資産が盗難にあうので秘密鍵の取り扱いには注意が必要です。

取引所

仮想通貨,用語

仮想通貨を手に入れるときに一般的には、この取引所で交換をします。

取引を行うことで初めて交換ができるようになるので、
あなたが交換したいと思っても希望金額と希望数量を交換してくれる人がいないと、
取引は成立しません。

仮想通貨を運用するときにまず必要な施設がこの取引所になります。

販売所

先ほども言いましたが、
希望する金額と数量を交換してくれる人がいないと取引は行えません。

それでも交換したいと思ったときに便利なのがこの販売所です。

取引所と比べて少し割高になりますが、
希望する金額と数量を販売してくれます。

ウォレット

仮想通貨を扱う上で重要になるのがこのウォレットです。

ウォレットとは日本語で財布のことです。
取引所や販売所で手に入れた仮想通貨はこのウォレットで管理することになります。

取引所や販売所では、自分の秘密鍵を預けることになります。

そのため、取引所や販売所は仮想通貨の管理に向いていないのです。

また、銀行ように
ペイオフ(倒産などが起きても1000万まで保証)のような制度もありません。

そのためウォレットの管理、保管には十分気をつける必要があります。

また、ウォレットにも色々と種類があり、
それらも仮想通貨を理解する上で重要な用語です。

以下にその用語を上げておきました。

ウェブウォレット

モバイルウォレットなどのネット環境で保管するウォレットを総称して言います。

ネット環境で管理するので、手軽ですが
ハッキング被害などのリスクも併せ持つので
大きな金額を保管することには向いていません。

ペーパーウォレット

仮想通貨をネット環境から紙に抜き出して保管するウォレットのことです。

紙で管理するので、保管の安全性はグッと上がりますが
紙の劣化も考えられるので紙の保管が重要になります。

ハードウォレット

ペーパーウォレットと同じでネット環境から引き離しているので、
現状で考えられる保管方法として一番安全な方法と言えます。

しかし、対応する仮想通貨は限られています。
ですから全ての仮想通貨をハードウォレットで保管できないのが課題です。

トークン

トークンとはブロックチェーン上で発行された代わりの貨幣のようなものです。

トークンで経済が成り立つという意味の
「トークンエコノミー」という言葉もあるように、
今後はトークンを使った経済が拡大して、
株式を上回る時代がくるかもしれません。

まとめ

仮想通貨,用語

これまで、簡単ではありますが仮想通貨の話題でよく出てくる
重要用語について解説してきました。

これらの用語は知っているか知らないかで
他のライバルたちと大きな差がつくものです。

仮想通貨の運用ももちろん大切ですが、
仮想通貨の運用のための勉強も継続的に行うことが大切です。

この小さな積み重ねが、あなたの資産を大きく拡大することになります。

仮想通貨に関する最新情報を積極的に取り入れ、
わからないところは調べることも重要です。

仮想通貨の知識を高めて、
より豊かな仮想通貨ライフを送っていきましょう!

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ