トップページ初心者向け › 仮想通貨チャートの見方の基本のキ!!ローソク足とはなんなのか?

仮想通貨チャートの見方の基本のキ!!ローソク足とはなんなのか?

仮想通貨チャート見方0

以前、株やFXなどと違って仮想通貨の投資においては、

発行主体の分析によって「割安感」や「将来性」を予測するファンダメンタルズ分析は大きな参考になるのは難しく、

これまでの価格変動を記録したチャートを分析することにより、上昇・下落パターンを導き出すというテクニカル分析を主体にした投資方法が適している、

とお話しいたしました。

しかし、だからと言って

「チャートをよく見ましょう」

と言われても、どのような見方をすればいいかわかりませんよね。

そこで今回は、仮想通貨のチャートの正しい見方を理解するために、

仮想通貨のチャート分析の基本である「ローソク足」について解説していこうと思います。

チャート分析の基本のキ

ローソク足とは、下の画像のようにチャートを構成する単位である赤青(緑)の棒と線の組み合わせのことです。

ちょうど糸が棒の中に入っているローソクのように見えることからそう呼称されています。

仮想通貨チャート見方1

終盤エライ動きをしていますが、その分析は次回以降に見てみるとして、

このローソク足が意味するのは、

「一定時間の間の仮想通貨の値動き」です。

具体的な見方はあとに開設するとして、ローソク足を見ることで以下のことがわかるようになります。

・一定時間の間に価値が上がったか、下がったか(1秒1分5分30分1日1週1月etc)
・一定時間の始まりの値はいくらだったか(始値)
・一定時間の終わりの値はいくらだったか(終値)
・一定時間の中で最高の値はいくらだったか(高値)
・一定時間の中で最低の値はいくらだったか(安値)

これらをそれぞれの時間の区分によって分け、「~足」と呼ばれてチャートを構成しています。

中長期の投資を志す人は「週足」や「月足」のチャートを参考にし、逆に短期目線で投資を行う人は「30分足」や「1日足」に注目している、という感じです。

ローソク足の見方

さて、ローソク足の意味するところを確認したところで

肝心の「ローソク足の見方」を見ていきましょう。

先ほどのチャートを構成しているローソク足を、簡素にイメージ図にすると以下のようになります。

仮想通貨チャート見方2

チャートでは棒に見えていたこの四角形を「柱」

柱の上下に伸びている線のことを「上ヒゲ」「下ヒゲ」といいます。

そして、チャートでも確認できたように「ローソク足」は大きく分けて二種類あります。

仮想通貨チャート見方3

「陽線」は一定時間の間に値が上昇したこと。
「陰線」は一定時間の間に値が下落したこと。

をそれぞれ表しています。

そして画像が示すように、

陽線の「柱の上下」=「終値・始値」
陰線の「柱の上下」=「始値・終値」

を指しています。

違いといえばそこだけで、あとは共通して

「上ヒゲ」=「高値」
「下ヒゲ」=「安値」

を示しています。


とまぁこのように簡単にローソク足を見る分にはこれで問題ないのですが、一つのローソク足に着目して分析する場合には、少々足りないことがあります。

例えば下の図を見てください。

仮想通貨チャート見方4

これが例えば1時間足であったとすると、この陽線は右のグラフに対応して価格を上昇させているように思えます。

しかし実際のところ、仮想通貨の値動きがこんなに単純なものではないということは、容易に想像できるはずです。

一時間というくくりで見ると、同じ価格上昇のように思えても実は全然中身が違うということが多くあります。

仮想通貨チャート見方5

例えば上の図を見てください。

見かけ上は同じ上昇を表している「1時間足」ですが、その意味するところは全く違います。

30分足、15分足、5分足、と細かい値動きを確認して青線のような動きであると確認できた場合、今後も伸びる目算が高いということが見て取れます。

しかし一方で赤線のような動きであるとわかった場合はどうでしょう。

今後下がる可能性があると見当がつくはずです。

このように仮想通貨のチャートを見るときは、ただ特定の時間の足を見て判断するのではなく、時間足を切り替えたり、直前までのチャートの相互関係を考察して判断するようにしましょう。

仮想通貨チャート見方の基本:まとめ

以上、今回は「ローソク足そのものの見方」の解説をいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

今まで、「なんとなくチャートを眺めていた」という段階から、

「この時はこのような値動きをしていたんだ。」
と理解できるようになったことと思います。

確認というか、復習のためにもう一度冒頭のチャートを張っておきましょう。

仮想通貨チャート見方1

相変わらず最後がぶっ飛んでますが、その前の値動きで典型的なものがあったのでそちらを取り上げてみましょう。

仮想通貨チャート見方6

11/29 12:00過ぎから少し下がり、連続上昇したのち、
11/30 24:00連続した下落からの大暴落。

矢印で示した最初の値下がりの16時の1時間足の陰線を分析してみると、以下のようになります。

価格の動き自体は「小さな値下がり」

しかし下ヒゲが大きく伸びていることから、
「急激な下落があったのち上昇に転向して、結果は小さな値下がりに落ち着いた。」

と見られるため、今後の伸びが期待できます。

そしてその通り、
のちに暴落が待ち構えているとはいえ、連続した価格上昇が起こりました。

実はこうした陰線の形を「下影陰線」という用語で呼ぶことができます。

次回は、こうした特定の形の「陽線」「陰線」の呼称と意味について解説していきましょう。

それでは、

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

 

 

仮想通貨初心者におすすめ取引所バイナンス!

仮想通貨の取引所は様々ありますが、コインチェック騒動もあったように、取引所選びは慎重にやっていく必要があります。

「コインチェックなら安全」なんていう根拠のない雰囲気でコインチェックを使っていた人は、もしかしたら今回の事件で大損してしまった人もいたかもしれません。

取引所選びを間違えないように。慎重に取引所を選んでいきましょう!

仮想通貨初心者におすすめな取引所は、何と言ってもバイナンスです。アルトコインもしっかり取引できますし、メンテナンスの際の経営陣の適切な情報共有など、かなり信頼できる取引所と言ってもいいのではないかと思います。まだバイナンスを使っていない人は、これまで利用している取引所のセキュリティや信頼性をよく考えた上で、バイナンスに乗り換えるというのも大事な選択かもしれませんね。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ