トップページ初心者向け › 最近よく見る用語 「ハードフォーク」ってなに?

最近よく見る用語 「ハードフォーク」ってなに?

仮想通貨,ハードフォーク

最近ビットコインのニュースが出る時、
「ハードフォーク」というワードをよく見かけます。

あなたはこのワードを正しく説明できますか?

実はこのハードフォーク、仮想通貨の未来を決める可能性のある
非常に重要なキーワードなのです。

ですからこれを知らないことで、実際に仮想通貨を取り扱っている方は
得られる利益が減ったり、無駄な運用をしてしまう可能性があります。

ここでハードフォークのことについてよく理解し、
仮想通貨で損をしないようにしましょう!

ハードフォークとは…

仮想通貨,ハードフォーク

ハードフォークとは、仮想通貨のルールを変える際に
今までのルールを無視して新ルールを適用することで
今までのルールの互換性がなくなることです。

仮想通貨は取引情報が入っているデータ(ブロック)が
組み合わさって成り立っています。(これをブロックチェーンと言います)

このブロックチェーンは最初から連なる一つのデータの列です。

よってこのデータの列のシステムを変えるときには、
次の2つの方法が取られます。

①それらの全てのシステムを変更して旧システムもそのまま使えるようにする方法

②新システムを採用し、旧システムは無視する方法

②の方法のことをハードフォーク、①の方法のことをソフトフォークと言います。

ハードフォークとソフトフォーク

仮想通貨,ハードフォーク

ここからは図を使ってよりハードフォークとソフトフォークのことについて
理解していきましょう!

ハードフォークは情報の箱を大きくするイメージ

仮想通貨,ハードフォーク

上の図の黒丸は一つ一つの取引情報、箱はブロックだと思ってください。

この箱がヒモで繋がれている状態が
ビットコインなどで使われているブロックチェーンです。

ハードフォークの場合はシステムを変更する際、箱そのものの大きさを変更します。

ですから今まで使っていた箱の大きさはもう使うことができません。
よってその情報のやりとりもできなくなってしまいます。(=互換性がなくなる)

仮想通貨,ハードフォーク

つまりハードフォークでは、途中の箱を変えてしまうので
以前使っていた箱とのやりとりができなくなってしまうのです。

その代表的な例が、イーサリアムから発生したイーサリアムクラシックです。

ソフトフォークは黒丸を小さくするイメージ

仮想通貨,ハードフォーク

一方、ソフトフォークは箱の大きさはそのままで、
中の黒丸の大きさを小さくしようとする方法です。

黒丸の一つ一つが小さくなれば、
今まで入っていた黒丸よりさらに多くの黒丸を入れることができます。

よってソフトフォークでは、
取引情報が入っている黒丸を圧縮するのでブロックのサイズは変わりません。

仮想通貨,ハードフォーク

ですから、ハードフォークが抱えていた「互換性〜」の問題が起きにくいのです。

スマホの中のデータも小さくすればよりたくさん入れることができますよね?

ソフトフォークはそれと同じような原理なのです。

ソフトフォークが使われた代表的な例が、以前話題になったsegwitです。

仮想通貨が世界に広がる上で避けて通れない問題
「スケーラビリティ問題」ってなに?

仮想通貨,ハードフォーク

ハードフォークが話題になりやすい理由は、今までのことからわかるように
「仮想通貨そのものの分裂」につながるからなのです。

ですから、ハードフォークに対して反発する人も少なくありません。

「それはわかったけど、なんでこんなにフォークが必要なの?」

と疑問に感じる人がいると思います。

その理由となるのが「スケーラビリティ」の問題です。

スケーラビリティとは、利用者の増大に適応してシステムを拡張できる能力のことです。

ビットコインは最近になって世界中から注目されるようになり、
利用者は爆発的に増加しています。

ビットコインの取引情報は先ほどの「ブロック」に保存されます。

しかし、ブロックには1MBという容量が決まっており、
この容量を超えて処理することができません。

そのため、ビットコインは1秒間に7取引、
つまり1日に60万4800取引までしか処理ができないのです。

この数字はVISAやMaster Cardといったクレジットカードなどの
決済システムと比べてとても遅いです

クレジットカードは1秒間に4万5000取引まで取引できます。

通常はこれの10分の1のスピードで処理を行なっており、
1日に4~5億もの取引を処理しているのです。

以前はビットコインの利用者も今ほど多くはなく、
決済にかかる時間も早く決済料も安くですみました。

しかしビットコインは現在、急激にその利用者を増やしています。

よってこのスケーラビリティ問題の発生により
利用者の増加に対応できず決済が遅くなるなどの問題が発生する可能性があります。

また決済料も銀行の決済料と変わりなくなっています。

つまり昔は便利だった仮想通貨も
流通量が増大したことで、現在では「あまり便利ではない」ものになりつつあります。

つまりハードフォークとは?

まず、ハードフォークが話題になるのは今まで見てきたように
スケーラビリティの問題が発生したためです。

そしてハードフォークで登場した「互換性がなくなる」というのは
言い換えれば、今の仮想通貨と新しい仮想通貨のどちらが便利かということです。

まとめると、ハードフォーク
「どちらの仮想通貨がより便利か?」という仮想通貨の価値を決めるものです。

この仮想通貨に対する期待が、実際の仮想通貨の価格変動に影響を与えています。

まとめ

仮想通貨,ハードフォーク

ここまで聞いたあなたの中には、

「ハードフォークって、どの仮想通貨が稼げるかを決めるツールなんだ」

と思われた人もいると思います。

なぜなら私たち人間には、
「損したくない、もっと得したい!」と思う気持ちがあるからです。

しかし注意して欲しいのは、
ハードフォーク「だけ」が仮想通貨の価値を決める訳ではないということです。

例えば、その通貨がどれだけ市場に定着しているかや
インフラとして信用されているかも通貨の価値を決めるのに重要な要素です。

仮想通貨に限らず、
そもそもお金はどれだけ人から信用されるかが大切になるものです。

一つの用語だけにこだわるのではなく、全体を見て長期的な視点で考えながら、
仮想通貨の今後を見守る姿勢も必要になります。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ