トップページ初心者向け › どの仮想通貨がいいのだろう?仮想通貨の時価総額を徹底解説!

どの仮想通貨がいいのだろう?仮想通貨の時価総額を徹底解説!

仮想通貨の時価総額

株式市場での取引において、「時価総額」は重要な判断材料の一つです。

仮想通貨も例にもれず、時価総額はどの仮想通貨に投資するかの判断材料として注目しなければなりません。

そもそも時価総額ってなんだっけ?

時価総額が重要視されるのはなぜなのか?

仮想通貨の時価総額の計算方法とは?

今回はそんな仮想通貨の時価総額について解説していきます。

そもそも時価総額とは

時価総額は英語では
”Market capitalization”(マーケット・キャピタリゼーション)といい、
略してマーケットキャップと呼ばれます。

時価総額の簡単な算出方式は、

発行量×市場価格

です。

仮想通貨においては、通常$で表されています。

乱暴に言ってしまえば、時価総額を把握すれば、
「今、いくら出せば○○という株式、仮想通貨をいくら買い占められるか」
という値(値段)を知ることが出来るのです。

また、時価総額とは対象の市場規模を端的に表しています。

投資先の仮想通貨の市場規模を知ること、
つまりその仮想通貨がどれだけ活発に取引されているかを知るということです。

そう考えれば、時価総額がどれだけ重要な判断材料であるか、がお分かりになるでしょう。

なぜ時価総額が重要視されるのか

時価総額=信用度

時価総額のグラフ資料
先ほどの式をもう一度見てください。

発行量×市場価格

この式に続く【=】の値を大きくするにはどうすればいいでしょうか?

簡単な算数の問題です。

答えは、【発行量】と【市場価格】のいずれか、もしくは両方を増やすことですよね。

ではどうすればこの二つの値を上げることが出来るでしょうか。

発行量を上げるということは、それだけ市場に多く出回るということです。つまり、それだけたくさんの人の信用を勝ち得ているということになります。

また、市場価格が上がるということは、それだけ信用して高いお金を払う人が多いということです。

つまり何が言いたいかというと、
どちらも信用を数値化したものである発行量と市場価格を掛け合わせたのが時価総額ということ。

時価総額とはそれすなわち市場における信用を一番網羅的に示しているものなのです。

仮想通貨とは、文字通り「仮想」のものです。

実体がないのですから、存在を担保するのは市場における信用以外にありません。

もし市場における信用が失われたとしたら、その仮想通貨はこの世から消えるほかないのです。

よって、間違っても信用できない仮想通貨には投資してはいけません。

その仮想通貨が投資先として信用に足るものなのかどうか、を数値化した時価総額を見て投資の判断をしましょう。

仮想通貨の中には詐欺の類のものもありますから、その対抗策としても有効ですよ。

仮想通貨の時価総額を知るには

時価総額を調べる
ここまで読み進めたあなたは、仮想通貨取引をするうえで時価総額がどれだけ重要なのかを知ることができました。

では実際に、仮想通貨の時価総額を知るためにはどうすればいいでしょうか?

計算して仮想通貨の時価総額を知る

一つは先ほどの計算式を当てはめて、算出する方法があります。

1単位当たりの価格(Price)×全体の供給量(Supply)

この式のそれぞれに現在の数値を当てはめて計算するだけです。

やることは簡単ですが、時価総額を知りたいと思うたびにそれぞれの数値を調べ、計算するのははっきり言って面倒ですよね。

そんなあなたに朗報です。

世界中の仮想通貨を簡単に調べることが出来るサイトがしっかりと存在しています。

coinmarketcap.comで調べる

このcoinmarketcap.comというサイトでは今現在の時価総額はもちろん、その仮想通貨の時価総額ランキングを調べることが出来ます。

つまり、仮想通貨の市場における信用度ランキングですね。

時価総額を知りたい場合は、知りたい仮想通貨の行とMarket Cap(M.Cap)の列が交差している数字を参照しましょう。

これでいちいち計算する必要はありません。

決して時価総額が全てではない

仮想通貨は時価総額だけで作ってはいけない。
ここまでで、時価総額を知ることの重要性と時価総額の調べ方についてお話してきました。

しかし、ここで注意しておかなくてはならないことがあります。
それは、時価総額が全てではないということです。

もちろん判断材料の指標としては注目しなくてはなりません。

ただ、時価総額だけを見て判断してはいけない要因というのがあるのです。

そんな要因を二つご紹介しましょう。

発行量が異なる

一つには、仮想通貨によって発行量が異なるということです。

ビットコインは2009年から、イーサリアムは2014年から発行開始されています。

仮想通貨は徐々に一定の割合で発行されていくという特性上、若い仮想通貨では力が弱いのは当たり前です。

また特定の国が発行する通貨は、その国の経済の規模によって流通量・発行量を操作しています。

つまり、その国の経済状況によって発行数は変則的なのです。

しかし仮想通貨の場合一定の割合で発行されていく、つまり一定の割合で成長して続けていくという特性があるので、潜在的な仮想通貨の力が未知数ながら存在しているのです。

なので仮想通貨の時価総額だけを比較しても、その仮想通貨の本当の力を指示しているものではないことがわかります。

失われた通貨の存在

時価総額を算出する要素である発行量は、必ずしも実際に存在している・流通できる通貨がどれだけあるのかを指示しているわけではありません。

例えばビットコインの場合、「秘密鍵」という暗号によって取引が成り立ちます。

この秘密鍵が失われた場合、どうなるでしょうか?

もうそのビットコインは死んだも同然です。使用することは出来ません。
いうなれば、もう何者にも開けることが叶わなくなった金庫にしまい込まれたのと同じです。

現実で例えると、タンスに大事にしまわれていたへそくりが、火事で灰になってしまった状態です。

この火事で焼けてしまった分は日本円の時価総額に反映されることはありません。

また、仮想通貨の中には時間がたつと消滅する仕組みの通貨もあり、発行量が減ることもあります。

発行方法・管理の違い

仮想通貨の発行には、大きく分けて二つあります。

一つは設備と電気代という資源を用いてマイニングによって掘り出されるものです。
これは発行主体というものが存在せず、CPUのマシンパワーが採掘します。

二つ目は管理主体が独自に発行することが可能なものです。一般的な通貨と類似していますね。

資源を用いて発行される仮想通貨は全て市場に出回ります。一方で、管理主体が存在する仮想通貨は、管理者が保管することが出来ます。

この違いは市場価格の形成に大きく影響します。

例えば、全て流通しているものの場合、価格の暴落時に調整する主体が存在しません。
これはすなわち、保管している通貨によって調整することができないということです。

一方で、管理主体が存在する仮想通貨の場合、管理者の思惑によって市場価格が変動することになります。

こういった発行方法・管理の違いによって、時価総額の数値の意味合いが変わってきてしまうのです。

仮想通貨の時価総額についてまとめ

いかがですか?

仮想通貨の時価総額

仮想のモノである仮想通貨は信用が命です。

その信用の指標として時価総額は大きな参考材料となります。

しかし、発行量の違いや仮想通貨の特性によって、必ずしも正確なものではないことがわかりました。

やはり、投資先の判断材料として時価総額だけを見るのはリスキーですね。

その仮想通貨の時価総額のみならず、発行の方法、発行開始の時期、などを多面的に考えて投資するのが、一番の方法でしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ