トップページ初心者向け › 仮想通貨を購入するのにクレジットカードはあり?他は何が使えるの?

仮想通貨を購入するのにクレジットカードはあり?他は何が使えるの?

仮想通貨,購入

仮想通貨の概要

仮想通貨,購入

仮想通貨ってそもそも何なの?

仮想通貨は「暗号通貨」とも言われ、インターネットでよく聞かれる、公開鍵と秘密鍵の技術を応用したインターネット上の通貨です。
仮想通貨を買う時は、たいていの場合「取引所」を経由して購入すると思います。まず、好きな取引所を決め、口座を開設します。本人情報などを入力し、本人確認書類をWeb経由で提出すると、後日、確認のためのはがきが送られてきます。
ここまでくると、もう仮想通貨の購入が可能です。仮想通貨は日本円やドルのように実体が見えません。名前からしてなんだか胡散臭いもののように感じる人もいるでしょう。そんなものにいったいお金を払えるのでしょうか?

仮想通貨は誰でも作れるお金?!

仮想通貨は実は、日本銀行のように金融機関でなくても、誰でも作れるお金なのです。しかし、仮想通貨を作るには、ちゃんと国会で「仮想通貨法」も可決されましたし、金融庁の認可も下りています。それにいまや大手の家電量販店や旅行会社、それに給料をビットコインで支払う会社まであるのです。胡散臭いものだったら、国会でも議決されないでしょうし、金融庁も各企業も許可を出さないですよね。
ですが、コインの銘柄によってはあまりにも相場が乱高下を繰り返したり、数百倍になったりするので、いまだに「危険なもの」というイメージは拭いきれないのが実際のところです。ようやく最近になってビットコインをはじめとした仮想通貨の取引所のTVCMが流れるようになったように、まだ仮想通貨が世間に認知されるようになって、日が浅いため、海のものとも山のものともわからない人が多いためです。

仮想通貨の購入時はどうする?

仮想通貨,購入
さて、では仮想通貨を買う時には実際にはどうしたらいいのでしょうか?取引所によって若干の差異はあるかも知れませんが、大抵の場合、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済が利用できます。次にそれぞれを利用する場合のメリットやデメリットを見ていきましょう。

クレジットカード

仮想通貨を買うのには、まず日本円を入金しなければなりません。それにはまずクレジットカードが使えます。買い方は大抵の取引所の場合、「クレジットカード購入」のボタンから、コインの銘柄を選び、購入金額を決めます。一番人気の取引所coincheck(コインチェック)では、5,000円、10,000円、50,000円から1,000,000円まであらかじめ金額が入っていればそのボタンを押すだけ、または細かく金額を指定しても買うことができます。
しかしながら、クレジットカードでの仮想通貨購入は実際のレートではなく、クレジットカード購入専用のレートとなり、手数料も8~10%取られています。さらに大きな金額をカードで買い、それを分割にしようとすると、更に分割割賦の手数料も取られてしまいますので、注意が必要です。
決済が終わるとすぐに取引所内のウォレットに表示されますが、送金ができる(実際のお金に換えられる)のは1週間程度後となります。その為、例えば支払いのためにクレジットカードで入金しても、実際に支払いができるのは1週間程度後となってしまいますので、気をつける必要があります。

銀行振込

仮想通貨の購入には、銀行振込も利用できます。銀行振込には、各取引所で利用者専用の振込用口座が用意されています。必ず振込人の前に取引所の仮想通貨アプリなどに表示されている「ID番号」をつけて振り込みましょう。また、この場合、銀行側の振込手数料がかかりますが、住信SBIネット銀行なら手数料が無料なのでお得です。
ただし、土日祝など銀行が休みの時は、いくらネット上で決済しても着金するのは翌営業日となりますので、せっかくの購入チャンスを逃してしまうことにもなりかねません。タイミングを見計らった上で使いましょう。

コンビニ入金

一定金額以上からコンビニ入金も可能ですが、コンビニ(ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマートなど)での端末で操作する前に、各取引所のアプリなどから「決済申請」を入力して送信しなければなりません。また、この時、700円程度の手数料がかかってしまう点に注意が必要です。
さらにコンビニに出向き、専用の端末での操作が必要です。「決済番号」を忘れないで持っていくようにしましょう。また、この時、更にコンビニ手数料も300円程度必要となってしまいますので、コンビニ入金は結構な手数料を払うことになってしまいます。土日祝など、銀行が休みの時や、クレジットカードが何らかの理由で使用不可の場合の購入だけにとどめておいたほうがいいでしょう。

クイック入金(ペイジー)

便利なことに、国民年金保険なども決済しできる「ペイジー」が「クイック入金」として購入できます。これは、やはり取引所のアプリなどから、決済申請を出し、その後各銀行ATMやコンビニのATMなどからお金を払うというものです。決済申請をする時に、700円程度の手数料がかかります。

まとめ

仮想通貨,購入

仮想通貨にまだなじみがないうちは、「仮想通貨を購入するのは、いったいどうやればいいのだろう?」と疑問に思う人も多いかと思います。
仮想通貨購入には、上記のようなクレジットカード、銀行振込、コンビニ入金、そしてクイック入金(ペイジー)があります。
いずれの場合も、何らかの手数料は取られてしまいますので、こまめに入金する場合にはそれで結構な額になってしまうことも考えられます。ただし、住信SBIネット銀行からの入金であれば、振込手数料が無料ですので、これが一番お得だと言えるのではないでしょうか。
あとは、余裕のある時にまとまった金額を取引所に日本円として入金しておくのもひとつの手としておすすめ致します。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ