トップページ初心者向け › 価値のないビットコインが作った一つの歴史とは?

価値のないビットコインが作った一つの歴史とは?

ビットコイン 歴史

ビットコインは仮想通貨としてメディアでも取り上げられたりしていますが、
まだ歴史も浅く「名前は聞いたことあるけどどんなものなの?」というくらい
日本ではまだまだ浸透はしていません。

また過去に事件があった為「怪しい。。。」といった悪いイメージが付いてしまったのも
事実です。

今回は今までのビットコインの歴史を振り返ってみましょう。

ビットコインの始まりは一つの論文からだった

ビットコイン 歴史

2008年10月31日
ビットコインに関する論文「Bitcoin;A Peer‐to‐Peer electronic cash system」が
Satoshi Nakamoto(中本哲史)という人物によって発表されました。

この論文は、従来の管理者が通貨を発行するのではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、暗号化された技術と組み合わせるもので情報の書き換えや偽造を防ぎ信頼性を確保するというものだったよです。
この考えに賛同した人たちがあつまりプログラミングが組まれビットコインが生まれました。

ところで中本哲史という人物ですが事実上存在しているか不明であり、どこの誰だか、日本人なのかさえわかっていません。
中本哲史という名前すら偽名だとしたらなんとも不思議ですよね。

2009年に初のビットコイン誕生

ビットコイン 歴史

多くの人たちがあつまりプログラミンを組んでビットコインが初めて誕生しましたが、
はじめからビットコインが仮想通貨として取引きされていたわけではありません。

まずは、ビットコインに問題がないかゲームのような感覚でスタートしました。
実際には取引きをしたわけでもなく発掘をしたり、送金をしたりとテストの繰り返しだった為
ビットコイン自体にまったく価値がなかったのです。

ではテストから次はどのような方法でビットコインが動いていったのでしょうか。

ビットコインと1枚のピザ

ビットコイン 歴史

まったく価値がなかったビットコインをある日一人のエンジニアが一つの賭けに出ました。

「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と暗号化通貨のメーリングリストに投稿しました。

これを見た別のプログラマーがピザ屋に注文し、家に届け1万ビットコインと交換したのが
ビットコインの取引の始まりと言われています。

面白いからと言ってなんの価値もないビットコインとピザと交換するのも
勇気がいることですよね。

そのように考えるとすごいですよね。

始まりが1人のエンジニアが面白いということで始めたことが、通貨として使えそうと
広がり世界中で使われる仮想通貨となりました。

今のビットコインと今後のビットコイン

ビットコイン 歴史

2017年のビットコインは以前のように急激に価値をあげることはないのですが、少しずつ値を上げていっていますのでまだまだ目が離せない仮想通貨となりそうです。

ビットコインはプログラムで最大の発行数が2100万ビットコインと決められているため
ビットコインを求める人が多くなれば多くなるほどその価値はあがり発掘できる量が難しくなります。

また、ビットコインが立ち上がった当初は数百人の利用者だったため、普通のパソコンでも
簡単に発掘ができたのですが、最近では高速処理ができるパソコンを使ってのやり取りを
しているユーザーが多くいち早く現金をビットコインに交換して値上がりを待つ人も
いるそうです。

しかし、一つ問題なのは、ビットコインは価格の変動が激しい仮想通貨です。
買占め等によってビットコインの価値が急騰するとバブル崩壊のように一気に崩れることと
一部の投資家たちは囁かれています。

いかがでしたか?今回はビットコインの歴史についてご説明してきましたが今後のビットコインの動きは
実際どのようになるかは誰もわかりません。
新たな歴史生まれる可能性があるビットコインから今後も目が離せません。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ