トップページ初心者向け › ビットコインを抱える投資家が怯える問題点とは何か?

ビットコインを抱える投資家が怯える問題点とは何か?

ビットコイン 問題

投資を始める人が始めやすいといわているビットコインですが
これまでにもさまざまな問題がありました。
その中でも一大事件と言われているマウントゴックス事件です。
マウントゴックス事件をきっかけにセキュリティーが強化され現在では投資家の信頼を少しは
取り戻せたかと思いますが、そのほかにもまだまだ問題があると言われています。
何が問題視されているか見ていきましょう。

問題点1:相手が特定できない匿名性

ビットコイン 問題
匿名と聞くと相手が特定されないのでメリットと捉える人もいると思いますが
必ずしもそうとは言えません。

確かに、国や銀行が関与しない為、個人情報保護という観点で見れば最大のメリットと言えますが、「仲介者がいない」ということは大きな犯罪にも手を染めやすくなるということになります。

例えば違法な取引きをされた場合、送信者と受信者の履歴を見ない限り、
絶対に他社にばれるということがないんです。

このリスクを避けるために取引所で本人確認を義務つけることで軽減されると思います。

問題2: 法律の問題

ビットコインは仮想通貨であり国で発行しているものではありません。
国が発行している通貨であれば、国の経済をコントロールができますし、規制をかけるとこだってできますが、それが一切できなくなります。

国によってはビットコインの取引きを禁止にしたり制限をかけている国もあります。
規制をかけても仮想通貨を根本的に無くしたわけではありません。

また、仮想通貨に関する法律がまだまだ未整備であり、法律があいまいな部分が多く
ビットコインのビジネスの問題の一つになっています。

日本でも仮想通貨の法案が出来ましたが課題があるのは事実です。

 

問題3:  価格変動が半端じゃない

ビットコイン 問題

ビットコインのもう一つの問題は価格変動が激しいことです。
価格変動が大きいということは投資家たちにとって大きな利益を出しやすいことでもありますが、
暴落した時に一瞬にして資産を失うというデメリットにもなります。

しかし、株や為替の従来の投資よりも少額から投資が行えるため、
ビットコインは投資の入門編として始めることが多く、そのあと株や為替に移行する人もおり、
投資の入り口となっているの事実です。

問題4:  取引手数料がどんどん上昇する可能性がある!?

ビットコイン 問題

ビットコインの取引手数料が少しずつ上がってきているのをご存知ですか?
マイナーの報酬は新規発行されたコインが中心ですが、取引き手数料が報酬の中心となった時、
マイニングのインセンティブを維持するためどうしても手数料が上がってしまうそうです。

ビットコインの発行数はすでに決まっており、利用者が増え取引が多くなると。ビットコインのシステムで処理可能な最大取引量に対して手数料が競争となり、迅速な取引をするために手数料が上がってしまうという問題があります。

取引手数料の上昇ははあくまでも可能性ですので、実際そうなるとはわかりませんが手数料がどんどん上昇する予想は投資家からもされています。

まとめ

現状ビットコインにはさまざまな問題があります。過去にあったマウントゴックス事件の時に一度信用を失ってしまったビットコインですが、そこから改善し、利用者の信頼を回復させたのも事実です。
今後も徐々に利用者保護の仕組みは整っていくと思われますし、普及がされればさらに、問題も改善されより良いものになっていくと思います。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ