トップページアルトコイン › 今後伸びる可能性大! 2018年大注目の仮想通貨:Omisego(OMG)について徹底解説!

今後伸びる可能性大! 2018年大注目の仮想通貨:Omisego(OMG)について徹底解説!

Omisego,仮想通貨

昨年、仮想通貨の価格が大きく値上がりし大きな注目を集めました。
みなさんの中にも仮想通貨を運用し始めた方がいるかもしれません。

そんな仮想通貨ですが、日本だけではなく
海外の仮想通貨事情もすごいことになっています。

「今年は仮想通貨でボロ儲けしたいな…」

と考えているあなたは、海外で取り扱われている仮想通貨にも注目すると
将来的に資産をより増やすことができるかもしれません。

そこで今回は、海外で取り扱われている仮想通貨の中でも
特に注目されているOmisego(OMG)という仮想通貨についてご紹介します。

面白い名前の仮想通貨ですが実はとてもすごい仮想通貨で、
大きな可能性をもつ仮想通貨なのです。

ぜひ参考にしてみてください!

Omisegoはどんな仮想通貨なのか?

Omisego,仮想通貨

まずはOmisegoについての基本的な情報をご紹介します。

・通貨名:Omisego(OMG)
・アルゴリズム:proof of stake
・発行上限枚数:140,245,398OMG

Omisegoの詳しい情報

先ほど基本情報をご紹介しましたが、これをみてもわからない人の方が多いと思います。

Omisegoは『Omise』という東南アジアで使われている
決済システムが元になっている仮想通貨です。

ビットコインの次に注目されている仮想通貨の一つにイーサリアムがあります。

実はOmisegoはイーサリアムのブロックチェーンを
利用しているトークンとしても有名です。

以前はビットコインのブロックチェーンを使った仮想通貨が主流でした。

しかし、最近ではOmisegoのように
イーサリアムのブロックチェーンを使った仮想通貨も増えてきています

決済システム:Omiseについて

OMGの元になっている決済システム、Omiseですが、
実かこれは日本人の長谷川潤という起業家によって立ち上げられたサービスなのです。

Omiseが導入されたことで銀行口座を持っていなくても、
スマホさえあれば簡単に送金できるようになりました

Omiseが東南アジアで普及している理由

Omisego,仮想通貨

日本人からすると、銀行口座はほとんどの国民が持っているという認識のはずです。

日本には世界的に信頼されている「円」があるので、
国民のほとんどが銀行を利用しています。

逆に、銀行口座を持っていない人を見つける方が難しいでしょう。

しかし、アジアの国の中には口座を開設するのにお金がかかるところもあります。
そのため、日本のように口座を持っている人が少ない国もあるのです。

とはいえ最近ではスマホが世界的に普及しています。
ですから口座はなくてもスマホは持っているという人も多いのです。

ということで、スマホ一つで決済できる手段が
受け入れられるのも当たり前のことなのです。

日本人からすると変な感じがしますが、
Omiseはこの状況に目をつけたサービスだということがわかります。

Omisegoを使うメリット

仮想通貨は使うことによるメリットがないと普及しません。

では、なぜ今Omisegoが注目されているのか?

その理由の一つに「イーサリアムブロックチェーンとの連携」が考えられます。

Omisegoのブロックチェーンはイーサリアムと連携しています。

ですから、イーサリアムを媒体として通貨の交換ができる
『為替スプレッド』が注目されているのです。

為替スプレッドが導入されることで、通貨どうしの取引の流動性が高まります。
ブロックチェーン上でトークンどうしを交換することもできます。

よってこのことを『分散型取引所』と呼んだりもしています。

仕組み的にはイーサリアムと同じく
ランキングの上位につけているリップル(XRP)にも似ています。

Omisegoは日本で購入できるの?

Omisego,仮想通貨

現在注目が集まっているOmisegoですが、
残念ながらまだ日本で購入することはできません

ですから、あなたが運用を考えているとするなら
『海外の取引所』を利用する必要があります。

仮想通貨に詳しい方ならわかると思いますが、
海外の取引所を利用する場合でも必ず日本の取引所に登録する必要があります

その理由は、日本円を海外の取引所に送金できないからです。

ですから、まずは日本円をビットコインやイーサリアムに帰るいつようがあります。

その後、海外の取引所に送金することで初めて取引できるようになります。

日本の取引所に登録していない方へ

これまでにみてきた、Omisego購入までの流れをまとめると

①日本の取引所に登録
②日本の取引所で日本円を仮想通貨に変える
③海外の取引所に登録
④日本から海外に仮想通貨を送金する

以上のような流れになります。

もしかすると、これから仮想通貨を運用しようと考えて
まだ日本の取引所に登録していない方もいるかもしれません。

取引所は日本の中にもいくつか存在します。

信頼できる取引所であれば、どこを選んでも問題ありません。

しかし、その中でも私が個人的にオススメするのが『コインチェック』です。

コインチェックは仮想通貨を運用している方なら
知らない人はいないというくらい有名な取引所です。

初めての人からベテランの方まで幅広く利用されているので、
まだの方はまずコインチェックに登録することをオススメします。

コインチェックのオススメポイント

・初心者でも登録〜購入まで簡単にできる
・最短3分で登録できる
・取り扱ったいる通貨の数が豊富
・保証制度が充実している

Omisegoを取り扱う海外の取引所

日本の取引所で登録を済ませたら、今度は海外の取引所の登録が必要になります。

私がオススメする海外の取引所は『bittrex』という取引所です。

この取引所は、全世界の仮想通貨を豊富に取り揃えており、
何千もの仮想通貨と取引することができます。

今回ご紹介するOmisegoもbittrexで取引できます。

Omisegoに投資する価値はある?

日本と海外の両方の取引所に登録すれば、
Omisegoにいつでも投資できるようになります。

Omisegoは現在、東南アジアでシェアを拡大している仮想通貨です。

仮想通貨が普及してからまだ数年しか経っていませんが、
タイのモバイル会社では3分の2がOmiseのサービスを利用しています。

今後はタイに限らず、アジア各国がOmiseの導入を始める可能性もあります。

ですから、今よりもさらに価格が伸びる可能性が十分考えられます。

また、スマホがさらに普及することで
Omiseのサービスも拡大が期待できます

ですから今のうちに投資する価値は十分にあると言えるでしょう。

ここまでみてきた Omisegoをオススメする理由をまとめると

・東南アジアで普及し始めている
・イーサリアムのブロックチェーンを使っている
・為替スプレッドを抑えられる
格安の手数料で送金・決済ができる
・トークンどうしでの交換ができる

このような点です。

現状としては、Omisegoの価格はまだまだ低いです。

しかし本格的に普及するようになると、
価格は今の数倍、数十倍になるポテンシャルを秘めた仮想通貨です。

投資するチャンスだとお考えであれば、
一度Omisegoに投資することを考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

Omisego,仮想通貨

今回ご紹介したOmisegoは、
日本ではまだ知名度が低いですが東南アジアでは有名な仮想通貨です。

今のサービスでも普及する可能性は高いですが、
Omiseがさらに新しいサービスを仕掛けてくると、
爆発的な高騰が起きるかもしれません。

もしあなたがOmisegoへの投資を考えているのであれば、頭に入れておくことがあります。

それは将来的な可能と、投資するときのリスクです。

仮想通貨市場もまだまだ発展途上です。
チャンスをしっかりとモノにするためにも積極的に最新情報を取り入れていきましょう!

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ