トップページアルトコイン › 仮想通貨ネムとは?!将来確実に上がる理由とは?!

仮想通貨ネムとは?!将来確実に上がる理由とは?!

ネム 仮想通貨7

仮想通貨ネムについて、基本的な情報や、なぜ注目されているのか、これからの将来性はどうかといったことをまとめていきたいと思います。

ネムの概要

ネム 仮想通貨1

ネムはアルトコイン

ネムは仮想通貨の一種類です。そして、ネムはアルトコインに属します。アルトコインのアルトは、英語のaltでありすなわちaltanative(代替する)という意味になります。つまりアルトコインとは、ビットコインに代替するコイン、言い換えるとビットコイン以外の仮想通貨ということになります。

実際問題、仮想通貨の種類はとんでもない数存在するので、ビットコイン以外のアルトコインというのは数多く存在し、そのうちの一つがネムということになります。

わざわざビットコイン以外の、代わりのコインを作っている訳なので、アルトコインはそれぞれ違った特徴を持っていることになります。そしてネムは、アルトコインの中でも、様々な点で他のコインと優れているため、今非常に人気を集めているコインという訳です。

ネムの単位と発行

ネムは2015年にスタートし、XEM(ゼム)という単位で取引をされています。なので取引所ではNEMではなくXEMという単位で表記されているので注意が必要です。

またネムの総発行量は8,999,999,999XEMですが、全てが既に発行されており、一番最初に投資家に平等に分けられています。つまり多くの仮想通貨が、マイニングという作業を行って新しい仮想通貨を発行しなければならないのに対して、ネムは全く別のハーベスティングというシステムを導入して独自の手法を取っています。

仮想通貨の発行量というのは、上限というものがあらかじめ決められていたりします。つまり、世の中に存在する通貨の合計量が同じということです。もし発行量の上限よりも少ない量の通貨が世の中に出回っていれば、マイナーさんが新しい通貨を発行することになります。

ネムの場合は、最初の時点で仮想通貨の上限と総発行量が同じなので、新しい通貨が発行されることはないというわけです。つまり世の中にばらまいた通貨を「数は増えないけど、みんなで仲良く取引してね」という感じで富の再分配が行われるということになるわけです。

この時、マイナーのように新しい通貨を発行するのではなく、取引のデータを記録しなければなりません。この取引データを記録していく作業のことをハーベスティングというわけです。

ネムの国内取引所

ネム 仮想通貨2

ネムを扱っている国内取引所は、2つになります。Zaifとcoincheckです。Zaifはテックビューロ株式会社によって運営され、coincheckはコインチェック株式会社によって運営されています。

coincheckはビットコインの取引所として、最大手の取引所で手数料も無料なので、もしまだ取引所を登録していない場合は、coincheckを登録するのがおすすめです。

ネム 仮想通貨3

ネムは新しい経済運動を世界に提示する

ネムが開発されるに当たって、開発者がネム(NEM)に込めた思いは、New Economy Movement(新しい経済運動)でした。そしてその思いは「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクト」という言葉に現れています。

新しい経済活動を実現するために、これまでの仮想通貨にはなかった様々な取り組みがネムでは行われているのがポイントになります。

ネムは優秀な開発者によって作られた!

ネム 仮想通貨4

敢えてここで強調しておきたいことは、ネムという仮想通貨は「新しい経済活動」という大きな理想を実現するために、かなり優秀な開発者が集まって作られた仮想通貨だということです。

実際、ネムは既存の仮想通過のルールに縛られないように、開発者たちは新しいコードを0から全て書いたと言われています。すでに完成しているビットコインや他のコードを利用することなく、新しいタイプの仮想通貨を世に出したかったという強い信念が感じられますね。

仮想通貨には優秀な人材が必要

仮想通貨を作る人たちは、お金を扱っている銀行みたいな仕事をしているのかな?と思っている人も多いかもしれませんが、実は根本的に大きく異なります。

それは、新しいプロジェクトなどが行われる際、仮想通貨はプログラミングのスキルが何よりも大事だということです。つまり開発者が優秀であればあるほど、質の高い通貨やプロジェクトが立ち上がるというわけです。当たり前ですね!

そしてプロジェクトとは基本的に、今まで世の中に存在していなかった、あったら便利な面白いシステムを新しく開発するということになります。すなわち、開発者に求められるのは、クリエイティブで斬新かつ、新規性があり誰もが素晴らしいと思うような理想のシステムを、プログラミングで開発できる優秀な頭脳ということです。

つまり優秀な人材が必要不可欠であり、優秀な人がいればどんどん仮想通貨は素晴らしいものになっていき、誰もが注目をするような理想の通貨に近づいていくことになります。

その点で言えば、今までの仮想通貨の欠点をことごとく解決する、新しいシステム体系を持ったネムを開発した開発者たちは、相当優秀な人たちと言えます。したがって、彼らはいずれネムをとんでもなく素晴らしい通貨にできる可能性がとても高いと言えると思います。

これからの発展が非常に楽しみですね。

PoIという新システムを導入

Polというのは、仮想通貨を取り扱う裏側の人間が、どのようにして報酬をもらうことができるかというルールになります。Polシステムが導入されるまで、POW, POSという2種類のシステムが利用されてきたという背景がありますので、この3つの報酬システムについて詳しく見ていきましょう。

POWは電力消費がかさむ

これまで仮想通貨を利用するためには、通貨をマイナーと言われる人がマイニングにより発見するという作業を行う必要がありました。そしてマイナーが労力を割いて通貨を発行してくれるように、マイナーに通貨発行の報酬を与えるというシステムがありました。それがPOWになります。

POWとは、proof of workのことで、仕事の量に応じて報酬が支払われるということです。簡単に言えば、たくさん頑張った人には、たくさんの報酬が支払われるという、単純なルールになります。ですがPOWの手法を採用していた、従来の仮想通貨を新規発行するには、システム的に膨大な処理が必要であり、電力消費もかさみ大変でした。

POSは不平等

そのため、新しく導入されたシステムがPOSです。POSはproof of stakeのことで、この場合は通貨を保有している量によって報酬が支払われます。つまり、お金を大量に持っていて、ネムを大量に保有している人が大きく報酬をもらえるのです。

お金を持っている人だけが得するという、よく考えてみるとかなり不平等なルールです。そのため、お金の分散という、ネムが目指す理想の世界から外れるている報酬体系ということになります。

PoIは平等で経済的

ネム 仮想通貨7

そこでネムが導入したシステムがPoIになります。PoIはproof of importanceのことで、重要性の証明という意味です。これはネムを持っている額や、これまでにネムを取引した額、あるいは取引した相手など、総合的な指標によってスコアを与えられるものになります。

PoIのスコアが高い人は、そのままネムを活性化させている人ということになるので、ネムを活性化させ、世間一般にネムの影響を与えていく人に高いスコアと高い報酬が与えられるようになり、結果としてネムが世間に影響を与えていくことになります。

アカウントを持っている場合、PoIの基準によってスコア付けが行われ、スコアの高さによって報酬額が決定する訳なので、資産の量だけで報酬は決まらず、より平等なシステムと言えるでしょう。

またPOIなどと比べて、圧倒的に電力消費を押させることができるため、電力消費の面でもより経済的なシステムと言え、社会から注目を集めています。

セキュリティが非常に高い

ネム 仮想通貨5

仮想通貨にとって、セキュリティというのは非常に重要な問題になります。そもそもインターネット上に資産を置いておく訳ですから、セキュリティが弱かった場合、ハッキングされて資産が全てなくなってしまう可能性も絶対にないとは言えません。

その点、ネムはセキュリティの高さでも信頼がおけると言っていいでしょう。

ネムは、EidenTrust++という評価システムを導入しており、このシステムを使用することで、ユーザーを客観的に評価することができます。そのため悪質なユーザーを検知することができ、そうしたユーザーがネムに関わることを防ぐことができます。

またスパムのコードに対する対策もかなりしっかりと取られており、スパムなどが出現した場合には、スパムのノードを局部的にシャットダウンし、他の場所にスパムの影響が広がらないように抑えることが可能になっています。

こうしたネムのセキュリティの高さも、ネムが多くの人を魅了する大きなポイントになります。

APIが公開されており開発環境が非常に有利

ネム 仮想通貨6

ネムの大きな特徴としてAPIが公開されているというものが、存在します。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースのことで、簡単に言えば一般人がプログラムを開発するための開発環境のことを指します。

仮想通貨とは、お金というよりは情報の塊なので、情報をプログラムによってコントロールする必要があります。これを一般人や、あまりプログラミングに精通していない人でも簡単に行うことができるのが、APIになります。

すなわちAPIが公開されていることで、ネムのことや仮想通貨のことをあまり知らない人であっても、適切なルールの元プログラムを開発することができるという訳です。

ネム以前はAPIが公開されている仮想通貨は存在しなかったこともあり、APIが公開されているネムは非常に有利であると言えるでしょう。

というのも、APIが公開されているということは、一般人がネムのプロジェクトを簡単に作ることができ、多くの人が簡単にネムの開発を進めることができるからです。そのためネム自体は他の仮想通貨よりも圧倒的に早いスピードで開発が進み、どんどん最先端の技術を取り入れていくことができるのです。

実際、ネムのAPIを利用している開発者たちは多く存在し、仕事の合間や休日などの時間を利用してどんどん新しいプロジェクトが進められているということです。

ネムは非常に将来性の高い仮想通貨

ここまで見てきてわかったと思いますが、ネムは他の仮想通貨と比べても、かなり将来性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。PoIシステムの導入により、電力消費がかなり抑えられるだけでなく、放っておいてもネムが活性化するような報酬体系を構築しています。セキュリティが高く、資産を預けるのに信頼できます。APIが公開されており、多くの優秀な開発者がネムの新プロジェクトに向けて日々取り組んでいます。

また実績的な面においても、2016年には国際的な親組織としてNEM財団が作られたり、カタパルトという仕組みによって取引の速度が圧倒的に上昇したりと、大きな実績を残していることも事実です。

今後ネムがさらに大きく飛躍し、ネムの価格が大幅に上昇していくことは間違いないでしょう。むしろ2017年10月現在25円/XEMで取引されているのが不思議なくらいです。将来性を見越して、価格がまだ小さいうちにたくさん買っておくのがいいかもしれませんね。

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ