トップページアルトコイン › ダッシュの今後を予測!ダッシュコインで億り人になろう!!

ダッシュの今後を予測!ダッシュコインで億り人になろう!!

ダッシュコイン 今後4

「億り人」になりたければダッシュコインを買おう!

仮想通貨には、ビットコイン以外にも様々な通貨が存在します。そしてビットコイン以外の通貨のことをアルトコインと呼びます。これはとても面白い話なんですが、「億り人」になっている人たちが、口を揃えて言う言葉がこれです。

「将来上がるであろうアルトコインを大量に買い込め!」

個人的にも、この考えは全面的に賛成で、ありきたりなビットコインをただただ所有しているよりも、狙い目のアルトコインを発見して購入しておいた方が、簡単に億れますよ!!もしあなたが、仮想通貨で夢見て、リアルに億り人になりたいのであれば、今すぐにアルトコインを買ってください。

そして今回紹介する、狙い目のコインは、ダッシュコイン

ダッシュコインの知名度は、日本ではまだまだ高くないですが、これからグングン上昇していくことは間違いないです。そして今後、様々なチャンスが待ち構えているということで、買っておいて損はないでしょう。というか買っておかないと損しちゃいますよ!

ダッシュコインについて、これから説明していきますが、ダッシュコインは実は、ビットコインを越えるとさえ言われているような、非常に面白いコインです。これからダッシュコインに何が起きるんだろうかと、ぜひ想像しながら記事を読んでいただけたらとお思います。

ダッシュコインの概要

まず簡単にダッシュコインの概要を説明していきます!ダッシュの公式ページも参考にしてください!

ダッシュコイン(DASH)の概要
開始 2014年
創業者 Evan Duffield
主な取引所 コインチェック、Bittrex
主な使用目的 決済用
開発組織 DASHFOUNPATLON
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work / Proof of Service
発行上限 2200万
通貨単位 DASH
主要な提携企業 Bitcart:アマゾンのギフトカード決済
公式ページ https://www.dash.org/

 

DASHの創業が開始したのは2014年です。ビットコインが使われだしたのが2009年でしばらくは仮想通貨の波はなかった感じで、今話題沸騰中のビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生ですから、DASHの歴史は意外と古いことがわかるでしょう。

注目すべきところは、DASHがすでに決済用として使われているということです。実用的に決済手段として使われていれば、その利便性からどんどん新しい企業も採用していく可能性があるので、面白いところですね。

ダッシュコインの11月14日現在の時価総額は3532億円であり、仮想通貨の中では第6位となっていますね!このままの調子でいくと、そのうちLitecoinを抜かして第5位に躍り出ることも十分考えられるので、期待したいところです!

ダッシュコイン 今後3

ダッシュコインの今後を決める3大特徴とは?!

公式ページにいくと、ダッシュコインの特徴が紹介されていますが、これらの特徴に加えて、さらにアルゴリズムの特徴も付加して、3大特徴を順番に解説していきたいと思います。以下のスクリーンショットは、公式ページに掲載されている、特徴になります。

ダッシュコイン 今後2

通貨として最強の即時決済機能

ダッシュコイン 今後6

ダッシュコインの大きな特徴として、すでに決済用手段として使われているというものがありますが、それを容易に実現可能にしているのが、即時決済機能です。

もう少し幅広い言葉で説明すると、送金スピードが圧倒的に速いということです。ビットコインで取引を行おうとしたら、処理の確定までに10分ほどかかってしまいますが、なんとダッシュコインであれば、1秒間に28回の取引を実行することができます。

単純に計算すると16,800倍ものスピードで決済を行うことができるわけで、驚異的ですよね!これならば、即時決済と自信を持って言えますよん!

ダッシュコインのコインジョインが凄い!!

ダッシュコイン 今後7

スピードが速いというのは、もしかすると仮想通貨にとってはありきたりなことかもしれませんが、これを可能にしている素晴らしい仕組み、コインジョインがあります。

コインジョインというのは、これまでトランザクションと言われる取引の記録を、ビットコインでは一人一人おこなっていたのを、まとめてやってしまおう!という効率的な手法です。

英語が得意な人は、joinという単語の意味を知って入れば、なんとなく想像がつくかもしれません。joinというのは訳としては「参加する」というような意味ですが「集まる」とイメージするとわかりやすいと思います。、すなわち、いろんな取り引きを一箇所に集めて、その取り引きを改めて再分配するという手法です。

例えば買いたい人の取り引きを100人ぶん集めてまとめてしまい、売りたい人100人の希望に合わせて再分配するという感じです。これをすることで、今まで単純に100回分の作業が必要だったのが、1回の分の作業で済んでしまうわけです。

もちろんまとめる段階で、新しい作業は増えますが、それは大した労力にはならないので、圧倒的に効率よく取引を行うことができ、送金スピードがとんでもなく速いのです。

ダッシュコインは匿名性が非常に高い

ダッシュコイン 今後8

先程説明した、コインジョインの仕組みを利用することで、ダッシュコインは匿名性をも獲得することができます。すなわち100人分の取引データを集めてしまうわけなので、まとめられたデータを見ても、どれが誰のなのかわからないわけで、匿名性が生まれるというわけです。

基本的にビットコインは、匿名の状況を生み出さないように、ブロックチェーンというものを作って、全ての取り引きを集団で監視でき流ように作られていましたね。ダッシュコインにおいては、その互いに監視できる状態を進化させることで、取り引き自体はブロックチェーンで連結させながらも、コインジョインで匿名性を持たせているというわけです。

匿名性が高くなると、金融や銀行などでの使用ができますから、銀行業界が仮想通貨に進出しようとしている今、ダッシュコインの未来は明るそうです!

大きな動きとしては、イーサリアムがイーサリアム連合というものを作っていて、様々な企業が連携してイーサリアムをプロットフォームとした様々なサービスを展開しようとしています。ここには三菱東京UFJなどの大手銀行も参加しているわけです。

イーサリアム企業連合に関しては、こちらの記事を参考にしてください!

 

これまで日本円を扱ってきた銀行が、ついに仮想通貨に手を伸ばしているのですから、即時決済機能が付いていて匿名性も抜群のダッシュコインを金融業界が見逃してしまうわけはないというわけです。

近々、ダッシュコインが銀行に取り入れられるというような報道があることも十分考えられますね!

ダッシュコインはセキュリティー性も高い

ダッシュコイン 今後9

匿名だったら、詐欺として使われたり、色々危ないのではないか!というような話も、ダッシュコインについてはよく聞きます。

ですがこれは本当でしょうか?ダークマーケットに使われたり、マネーロンダリングに利用されたり、脱税の温床になったり、そんなことがあるでしょうか?

もちろん絶対にないという保証はないですが、あまり考えづらいというのが個人的な意見です。危険性を考えることはもちろん大事なことですが、じゃあダッシュコインの開発者がそういう危険性を無視して開発しているかといえば、全然そんなことはありません。

ダッシュコインの開発者たちはもちろん、セキュリティーに関して十分な対策をして取っていますし、公式ページにも非中央集権的に分散してトランザクションを管理していると書かれています。

それにもし銀行などの金融業会が、今後関わることになれば、セキュリティーが簡単に破れるようなことはないとも言えるでしょう。ほとんどの日本人が、銀行にお金を預けておけば、絶対にお金は無くならないし安全だと思っているのは、いささか問題があるかもしれませんが、それほど銀行のセキュリティーが高いのも事実です。

銀行がセキュリティーガバガバだったら、とうに倒産してますからね!そういう意味では、即時決済機能で銀行業界を見方につけることができれば、セキュリティーの問題はほとんど心配してする必要がないとも言えるかもしれません。

マスターノードを使って承認を高速化!

ダッシュコイン 今後10

ダッシュコインの3つめの特徴は、マスターノードと呼ばれる仕組みになります!マスターノードとは、マイニングの手法として、通常のマイニングだけでなく、もう一つの新しいマイニングの仕方になります。

通常のマイニングの場合は、マイナーは競いあってマイニングの解を探索しますが、マスターノードはかなり競い合いが全く必要ありません。

というのも、マスターノードでは、マイナーのうちランダムで承認の許可を与えるマイナーを決めるからです。ランダムで行うので、コンピューターの性能は関係ないし、ある意味公平な仕組みなわけですが、これを行うことでマイニングの作業をしなくてもブロックチェーンを作り出すことができるようになるわけです。

この仕組みが、Proof of Serviceと言われる仕組みなのですが、このマスターノードがあることで、一瞬で取引を行うことができ、一瞬のうちにダッシュコインを送金できるというわけです。

スケーラビリティ問題を簡単に解決する今後のダッシュコイン!!

ここまでダッシュコインの3大特長を解説してきましたが、ここで大事なことは、ダッシュコインがスケーラビリティー問題を簡単だに解決することができるのではないかと言われていることです。

スケーラビリティーとは、仮想通貨では最も根本的な課題で、これまで数々の仮想通貨の開発者たちを悩ませてきた大きな問題です。これを簡単に解決できてしまうとすれば、これはもはやダッシュコインが仮想通貨のトップになってしまうことさえ考えられるということです。

それでは、スケーラビリティーとは何かという話をして、さらにダッシュコインのポテンシャルに付いて説明していきます。

ビットコインはスケーラビリティーに悩まされている

ダッシュコイン 今後12

ビットコインをこれまで何度も悩ませてきた課題としてスケーラビリティというものがあります。簡単に説明すると、スケーラビリティとは、仮想通貨の取引量の限界の事をさします。

ビットコインを取引する際に、マイナーがマイニングを行なっているわけですが、マイナーがマイニングを行うためには、大量の電力と時間が必要になります。マイニングの作業は、ひたすらコンピューターに大変な計算をさせて、求めたい解を発見するということをやっているわけですが、これにはコストがかかるわけです。

そのために、ビットコインのマイニングは、まだまだ手が回っておらず、ビットコインの送金スピードはかなり遅くなっているわけです。仮想通貨の利用はこれから日本でもどんどん増えていくわけなので、その分だけマイニングが必要になり、大量の取り引きを対処できなくなってしまうというのが、スケーラビリティーの問題になります。

ビットコインはスケーラビリティーで分裂してきた

ダッシュコイン 今後13

そして2017年の下半期に発生しているビットコインの分裂騒動の根本的な原因は、実はスケーラビリティーでした。もし全ての取引を簡単に実現できるのであれば、わざわざ仮想通貨の性能を上げるためにハードフォークを行う必要はないのです。

ビットコインの分裂で問題となっていたことは、どのようにしてスケーラビリティーを解決するか、その方法論です。スケーラビリティに対する様々な対応法が存在する中で、どの対応法が良いかを争った末に分裂することになったのが、ビットコインの分裂騒動なわけです。

その結果、元来のビットコインから、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドが生まれ、SegWit2xが分裂しかけて中止になったわけです。

ダッシュコインはビットコインを超えられる?!

ダッシュコイン 今後14

ここまで見てきたように、ビットコインがこれまで超えられなかった壁、ビットコインの分裂騒動を引き起こしてしまった根本原因である、スケーラビリティーを、ダッシュコインが解決できるとすればどうでしょうか?!

これは仮想通貨の変遷における、新しいフェーズとなることはまちがいないでしょう。これまでのビットコインが支配していた仮想通過の世界に、新しくダッシュコインが切り込んでくる、そんな面白い展開が今後待ち受けているかもしれません。

ダッシュコインの開発者である、Evan Duffieldが6月29日に公開した記事には、スケーラビリティーをダッシュコインがいかに解決することができるかということがかなり詳細に書かれています。

Evan Duffield: How To Enable On-Chain Scaling

 

これはEvan Duffieldの構想ではありますが、ダッシュコインではこの解決が実現できるということは間違いないでしょう。そしてこのスケーラビリティーの解決に一役買っているのが、先ほど説明したマスターノードになります。

マスターノードを使うことで、スケーラビリティは解決し、他の仮想通貨がもがき苦しんでいる難問に対して、大きな前進に繋がるというわけです。記事の中でEvan Duffieldは「他の仮想通貨がなぜマスターノードを採用しないのか、疑問に感じている」というようなことを書いているくらいです。

つまりそれだけポテンシャルのある素晴らしい仕組みをダッシュコインは実装していて、それが他の仮想通貨はまだそれに手を出していないというわけです。こういうのをオーシャンブルーといい、要は独壇場っていうことです。

スケーラビリティー問題が簡単に解決してしまい、ダッシュコインがその恩恵を如実に受けるようになった時、ダッシュコインの人気は跳ね上がるでしょう!本当に今後が期待できるアルトコインです。

ダッシュコインの今後の展望を予測!

ダッシュコイン 今後17

ここまでで、ダッシュコインの概要はかなり詳しく説明しました!ダッシュコインの将来性がだんだん見えてきた人も多いのではないかと思います。

そしてここからは、ダッシュコインが今後どのような流れを辿っていくのか、簡単に予測をしていきたいとお思います。

スケーラビリティー問題解決

ダッシュコインにスケーラビリティに関して、これまで問題とされたことは私が知る限りはありません。そして現在時価総額第6位である事を考えると、まだまだ問題になることはないでしょう。

ところがこの先、仮想通貨の母数が増え、どんどん仮想通貨ユーザーが増えていけば、自ずと仮想通貨全体としてスケーラビリティーに注目がいくようになります。

その時に、ダッシュコインは平然な顔をしてマスターノードを使用し、即時決済機能を揺るがすことなく、圧倒的送金スピードを維持し続けるでしょう。

つまり、仮想通貨業界のスケールが大きくなっていくことで、ダッシュコインの利便性は価値をましていくわけです。

マスターノードをの価値が認められる

ダッシュコイン 今後18

マスターノードがすごい!となり、たとえばビットコインがマスターノードを導入したらどうでしょうか?これは仮想通貨のトップをひた走るビットコインが、ダッシュコインの圧倒的価値を認めたということになります。

そうなれば、間違いなくダッシュコインの価値は跳ね上がり、どんどん仮想通貨の世界で有名になっていくでしょう。

マスターノードの価値が認められ、利用されることになることは、そのままダッシュコインの価値の上昇になるというわけです。マスターノードが認められるのはまだ先の話かもしれませんが、これは必ず起こるといっても過言ではないほど、現実的で効率的な選択だと思います。

決済機能のプラットフォーム

そしてもう一つ注目するべきなのは、決済機能としてのプラットフォームです。ダッシュコインは2014年に生まれてから比較的歴史が長いので、なんだかんだ円比較での価値も高いですし、決済機能としても使用されています。

決済機能としての利用がスムーズであることが認識され、もっと利用したいという企業が増えていくことは大いに考えられます。あるいは銀行などの金融機関がダッシュコインを採用するようなことがあれば、また一気に通貨としての価値が上がり、人気を増すことでしょう。

本質的に素晴らしい仕組みを持っていることは、非常に強いことだと思います。たとえ今はそれほど知名度がなかったとしても、これから脚光を浴びるようになれば、有名になればなるほどどんどん人が集まってくるわけです。

そのうちダッシュコインのバブルのような時期がお訪れる日がくるかもしれませんね!

億り人になりたい人はダッシュコインを買おう!

ダッシュコイン 今後19

最初にも話したことですが、仮想通貨で大きく稼ごうと思ったら、これから跳ね上がるかもしれないアルトコインをたくさん所有しておくことが、一番簡単でいい方法です。

余剰資金があるのであれば、銀行に預けておくよりもダッシュコインに交換して持っていた方が絶対にいいでしょう。

注目を浴びて高騰する瞬間はいつ訪れるかわかりません。億り人になりたい人は、ダッシュコインに変えて持っておくのがおすすめです。きっと数ヶ月後には大喜びできるでしょう!

ダッシュコインが買える取引所はコインチェック

最後にダッシュコインを買うことのできる取引所を紹介したいと思います。日本ではまだダッシュコインを取り扱っている取引所はほとんどないので、まだ登録していない人は、コインチェックを登録して、ダッシュコインを買いましょう。

コインチエックは、日本の取引所の中では、手数料がまたユーザーもかなり多いため、良心的な取引所ですよ!

ダッシュコインを買うならコインチエック!

 

利用するのはChangedly

コインチェックを紹介しましたが、スプレッドを気にして買えないなと考える人がいるのであれば、Changedlyを使いましょう!

Changedlyを登録しておけば、手数料無料でビットコインを購入しておきながら、ビットコインからダッシュコインに交換することができます。Changedlyを知らずに知らずに大損をしている人が意外と多いという、知る人ぞ知る優良な交換所になりますので、ダッシュコインはこちらで入手するといいでしょう!

格安でダッシュコインを入手できるChangedly

 

今後は海外取引所のBittrexもおすすめ

そして、日本の取引所では物足りないな〜と思っているがいれば、おすすめは海外取引所のBittrexです。Bittrexは非常に様々種類の仮想通貨を取り扱っていますし、手数料も0.25%と超格安なので、超絶おすすめです。

海外取引所なので、もちろん全て英語表記になりますが、使い心地は最高なので、ぜひBittrexを登録して使ってみてください。意外と簡単に登録できますよ!

ダッシュコインの将来性を、ダッシュコインの最新ニュースから紐解く!さらにダッシュコインについて知りたい方は、こちらがおすすめです。

著者:

関連記事

今稼げる!!仮想通貨FX取引所

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ