トップページビットコインキャッシュ › ビットコインキャッシュとビットコインの違いとは??将来どちらが有効か??

ビットコインキャッシュとビットコインの違いとは??将来どちらが有効か??

ビットコインキャッシュとはトコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュを説明するに至って。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュとは、ビットコインの問題を解決するために、分裂する形で開発されたもので、主にデータ容量の問題が改良されました。
今回、ビットコインキャッシュはビットコインと何が違っていて、なぜ地位を高められたのか?
そんな疑問を暴くために、2つの通貨について比較をしながらビットコインキャッシュの特徴を暴いていきたいと思います。なぜ比較していくのかというと、冒頭にも申しましたようにビットコインに不都合があった為に、ビットコインキャッシュが開発されたからです。ビットコインキャッシュを理解するにはやはりビットコインの問題点を理解して、比較していく必要があるのです。

早速ですが、ビットコインとビットコインキャッシュの相違について伝えておきたいと思います。以下の表を見てみてください。ブロックサイズSigwitの部分が異なることがわかるかと思います。この表だけを見てすべて理解できるのであれば、この先読む必要はないかもしれません。反対に、「ブロックサイズとかSigwitと言われても全くわからない!」なんていう方は安心してください。初心者でもわかりやすいように書いていったつもりです。

ビットコインキャッシュ,ビットコイン

ビットコインの問題点

ビットコインキャッシュとは

まず、ビットコインの問題点2つを以下に記しました。今回は、この2点の問題に着目して、ビットコインキャッシュとはなんなのか、ビットコインと比較しながら理解していきましょう!

・スケーラビリティ問題:ブロックのデータ容量に余裕がなく、送金遅延の問題が起きてしまっている問題のこと。ビットコインのブロックのデータ容量は1MBのみとなっています。
・トランザクション展性:ビットコインの「トランザクションID」というデータが外部から改ざん出来る脆弱性があり、かの有名なマウントゴックス社は、この部分をハッキングされ、顧客のIDを盗まれてしまったようです。

トランザクション展性とはなんなのか?:

ビットコインでの取引のことを「トランザクション」と呼びます。これは、あるビットコインアドレスから、どのビットコインアドレスにいくら送金されたかを示しているものです。この取引であるトランザクションの中には、それぞれ取引データの住所とも言えるIDが入っています。そしてこの「トランザクションID」だけが、外部から変更可能であるという、ビットコインに存在する脆弱性が「トランザクション展性(Transaction Malleability)」と呼ばるものです。

トランザクション展性についてもっと詳しく知りたい方へ:

注意点として、外部から変更可能なのはトランザクションIDだけになります。
取引情報 ( 例:AさんからBさんへ3BTC送金したという情報 ) は電子署名というもので保護されているため、トランザクションIDを変更したとしても仮想通貨の送金先・送金額の変更は出来ません。
よって直接、ビットコインを盗難することは不可能なのです。

ではここで、何が問題なのかと言うと、ウォレットや取引所がこのトランザクションID「だけ」を参照して取引を識別していた場合で、その時に、外部からトランザクションIDの変更ハッキングされた時に問題が起こります。
実際にハッキングされると、ID不一致が多く出てしまいます。
その結果、ビットコインの2重送信が多発してしまったり、データの整合性が取れなくなり、改ざんされた取引がビットコイン・ネットワークに承認されてないかのように見せかける事が出来てしまいます。

例として、2014年にビットコインを消失したマウントゴックス社がこのトランザクション展性を利用した攻撃を受けたと発表しました。この発表を信用した場合、マウントゴックス社はこのトランザクションIDを参照する事で送金履歴を管理する古い仕組みを利用していたため、ID不一致が多く出てしまい様々なデータ不整合が出てしまったということになります。

システムがIDを誤検出することで、ビットコインが何度も送信されてしまうといった現象を外部から起こされてしまったのです。このように直接盗む事はできなくとも、ある取引内容を別の人に何度も送るといったことができてしまうのです。結果的にある人の通貨が、事実上盗まれたと同じ結果につながってしまいます。
また、この攻撃によって他の一部のウォレットアプリもID不整合が起こり、仮想通貨の送金、口座残高の参照が不可能になりました。

さてこれから先の解説では、ビットコインとビットコインキャッシュが、このスケーラビリティの問題トランザクション展性の問題を、具体的にどのように解決したのか説明していきたいと思います。

ビットコイン ビットコインキャッシュとは異なる点

ビットコインキャッシュとは

Segwitによる解決

ビットコインキャッシュとは

さて、ビットコインの特徴について、ビットコインキャッシュとは異なる点を説明していきます。先程説明しました「スケーラビリティ問題」、「トランザクション展性」という2つの問題について、ビットコインではSegwit1つで解決しているのですが、Sigwitとは一体どのようなものなのでしょうか??

(Sigwitを使っている点が、ビットコインキャッシュとは大きく異なる部分の1つになります。)

スケーラビリティ問題の解決方法

取引データを分解すると、インプット、アウトプット、電子署名の3つに分けることが出来ます。

・インプット=送信元の情報
・アウトプット=送信先の情報
・電子署名=データに付与される電子的な署名

Segwitではこの3つの内、「電子署名の部分だけを別管理」にすることで、取引データを縮小させています。こうすることによって、約60%の取引データの圧縮を可能にして、より多くのデータを収納することが出来るようになります。つまり、前述したスケーラビリティ問題を解決出来るのです。

ちなみに、Segwit適用後の理論上のブロックの最大容量は約4MBと言われていて、ブロックの平均容量は約1.7MB程度で、2倍もデータ容量を増やすことができるのです。

トランザクション展性解決方法

先程、Segwitでは「電子署名の部分だけを別管理」すると述べました。
実際には電子署名の他にもトランザクションIDの計算に使われるデータも含まれているのです。

ここで言いたいのは、Segwitを使うことによって、トランザクションIDも、取引データ本体とは別の場所に移すことができるので、これによって外部からトランザクションIDを変更することを出来なくさせられるのです。

要するに、マウントゴックスが受けたトランザクション展性攻撃のような取引所やウォレットに対しての攻撃が出来なくなるのです。まとめると、取引所やウォレットの開発者にとってSigwitには、マウントゴックス社と同じようにトランザクションIDのみを参照して取引を認証する仕組みが使えるようになるので、コードを単純にできるというメリットがあるのです。

以上のように、ビットコインが採用しているSegwitは、扱えるデータ容量が増やすことができて、さらには、ハッカーからの攻撃を防げることができるので、安全面も同時に満たすことができるのです。つまり一石二鳥になるわけです。

Segwit導入によるデメリット

ビットコインキャッシュとは

1.Sigwitを導入することが簡単でない理由

この様に、Segwitを導入することによるメリットは大きいとされていますが、導入している通貨はそれ程多くありません。

なぜなのか?理由としては、マイナー(マイニングを行う個人や企業など)の反発があるからです。(ちなみにSegwit承認通貨は以下の4つが挙げられ居ます。デジバイト、モナコイン、ライトコイン、ビットコイン)

もしSegwitを導入することになれば、ノードと呼ばれるコンピューターを、Segwitに対応するものに変えないといけない場合があるのです。
またビットコイン分裂騒動で度々名前の挙がる、中国でマイニング機械の販売会社、Bitmainの、高性能マイニング製品ASICBoostも使えなくなると言われていました。

このように、ビットコインを中心的に支えている中国のマイナー(中国は電気料金が安いので、マイナーが集まる)からの反発で、Segwitを導入することが長らくできていませんでした。

簡単に例えると、今までプレイステーション3を使用していた人が、今度はプレイステーション4が販売されるとなると、今まで3で遊べていたのに遊べなくなるという理由です。

ビットコインキャッシュとは

2.Sigwitを導入するために、ビットコインが取った行動とは?

しかし、逆に私たちのような一般人、マイナー以外の人達からすると、ASICBoostを使っているマイナーが有利になる状況は、ビットコイン本来の目的である「非中央集権での平等」に反しているため、ASICBoostが効かなくなるほうが筋が通っているという見方ができます。

そのためビットコインでは、強制的な※UASFという案によりSegwitが導入されようとしていたのです。

そして、Segwitに反対するマイナー達を押し切るためにも、ビットコインではSegwit2xというASICBoostがそのまま使える案を創り、それによって最終的に多くのマイナー達の支持を得て、Sigwitを導入したのです。

このように、ユーザーよりも、マイナー達(投資家)の気持ちを優先させたとも見て取れるポイントが、ビットコインキャッシュとは異なる部分でもあります。

UASFで優先されるのはマイナーの※ハッシュレート(マシンの計算力hash/s(1秒間に1ハッシュの計算))ではなく、該当ブロックチェーンを利用しているユーザーの賛同率です。

後述の※MASF((M)マイナー・(A)アクティベート・(SF)ソフトフォーク )では、マイナーの私的な都合だけによって、ブロックチェーンの適切な改善案が通らないといった問題があります。

そのような問題を対処するために、ユーザー達が結束してマイナーに圧力をかけることで強制的に改善案に賛同させて、ソフトフォークを実施をさせたのが、先程のUASFなのです。

例えばですが、ハッシュレート10TH/sに達したことは、1秒あたり10兆回ハッシュの計算を行うことができるという意味になります!またこの採掘速度と採掘難易度から採掘量が計算できたり、採掘を行う採掘機の能力を表すためにこのハッシュという単位が使われたりするようです。

※UASFは「(U)ユーザー・(A)アクティベート・(SF)ソフトフォーク」の略語です。

※ソフトフォークとは、簡単に言ってしまえば「ビットコインのシステム変更」ですので、UASFとは「ユーザーが選択するソフトフォーク」と要約することができるかと思います。もっと端的に言うと、マイナーの多数決による支持がなくても、実行することができるシステム変更のことです。

※ハッシュレート(採掘速度)とは、マシンの計算力を表す測定単位のことです。hash/s(1秒間に1ハッシュの計算)という単位が使われます。通常、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)などの接頭辞と合わせて使われ、KHsのように省略されることもあります。

※Miner Activated Soft Fork ( MASF ) とは文字通り、「マイナー主導によるソフトフォーク」を指しています。

※ソフトフォーク=旧仕様との互換性があるので、旧仕様をの押したまま新仕様を利用することになります。

※ハードフォーク=仮想通貨のルールを変える際には、旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することで、旧ルールの互換性が無くなる事を言います!→また、ハードフォークが起こると、旧仕様との互換性が無くなり、期限までにアップデートをしないと旧仕様のまま取り残されます!

3.MASFのメリットとは?

例えばSegwitなどのソフトフォークにおいては、マイナーがSegwitという規格を採用し、賛同しているマイナーが、全体の95%に到達した時点で合意が形成され、その約2週間後に、ソフトフォークが実行されるという方式が取られています。

なぜ95%という高い数字が設けられているのでしょうか。それは、マイナーやその他のネットワークが準備できていないうちにソフトフォークが起きてしまうと、チェーンが長期的に分岐してしまう可能性があるからなのです。このため、実はMASFはフォークの危険性が少なく、安全かつ確実なソフトフォークの1つなのです。

このように、MASFはどれだけ多くのマイナーが賛同するかどうかで決まるので、権力の一極集中を避けた平等な実装方法に見えます。

ビットコインキャッシュとは4.MASFの実状と、UASFが行われる理由とは?

しかしここ最近のビットコインにおいては、利害関係や政治論争といった要素が加わってしまっているのが事実のようです。

ですので、本来のブロックチェーンをより良くするという目的から離れて、論争が起こるというような事態を避けるために、ユーザー主導でソフトフォークを行いたいという考えが起こるようになっているのです。

そしてマイナーに関わらずユーザー主動で通貨の改良が行える、UASFが提起されるようになったのです。

5.投資のチャンス!Sigwit前後の時価総額の動き!

少し話しがそれますが、どうやらSegwitが採用される段階に近付いていくタイミングで、それぞれの通貨が価格を上げる特徴があるようなのです。

まあ考えてみれば、リスク無しで、通貨が安全にしかもより多くの情報を扱えるようになるのですから、期待と信頼が上がるのは当然のことですよね!ビットコインについては複雑な経緯がありますが、Segwitロックイン後の8月には過去最高値を更新し続けた経緯があります。

今後も、ある仮想通貨が「Segwitを導入するか議論している」という情報が広まった場合、価格が上がる可能性が高いと言えそうです。しかし、Segwitはマイナーにとってマイナスな面が大きいため、賛同が得る事が出来ずに殆どの通貨が導入出来ていません。ビットコイン分裂問題でも長らく争点となっていましたし。

ビットコインキャッシュとは?特徴

ビットコインキャッシュとは

さて、これからビットコインキャッシュの生まれた経緯と特徴について説明をしていきます。生まれた経緯ですが、ビットコインの※スケーラビリティの問題を解消するために開発されました。

先程説明した※Segwitに反対する、ビットコインのマイニング大手企業Bitmainや、マイニングプールかつ取引所を運営している「ViaBTC」などによって、2017年8月1日に、ビットコインから※UAHF(ユーザーハードフォーク)して生まれた別の通貨です。

ビットコインは、スケーラビリティ問題について※Sigwitを使用して、解決していきましたが、ビットコインキャッシュはブロックそのものを大きくして解決しました。具体的には、先程の図にも書いてあった通り1MBから8MBヘ変更されました。

“Peer-to-Peer Electronic Cash”というビットコインのビジョンを実現するために生まれてた通貨であり、安い手数料で、安定した送金を可能にすることができるので”ビットコインキャッシュとは本物のビットコイン”と言われています。

※スケーラビリティ:システムの拡張性や柔軟性です。つまり、機能が拡張、もしくは負荷が増大した場合、どれだけシステムが柔軟に対応出来るかということです。

※Segwit(セグウィット):トランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術。「スケーラビリティ問題」、「トランザクション展性」を解決できる技術として期待されています。

ビットコインと異なるビットコインキャッシュの特徴

①ブロックサイズがビットコインの8倍
②新しい難易度調整アルゴリズムを採用
③新しいトランザクションの署名形式
(以下6点は公式サイトより)
速い:数秒で処理され、数分でブロックに取り込まれます。
信憑性:誰にも遮断されることのできない強靭ネットワーク
手数料が安い:世界中のどこへも1円未満
シンプル:だれでも迷う事なく簡単に使える
安定性:価値の保存に適すことが証明された決済システム
セキュリティ:世界で最も安全なブロックセキュリティ

①ブロックサイズがビットコインの8倍

ビットコインの分裂論点の1つになっていたのは、ビットコインのスケーラビリティ問題でした。ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが、1MBに制限されていたことで、処理(遅延)遅延・取引手数料の上昇が多々発生していました。
ビットコインのネットワーク上での取引は理論上1秒間に3~4秒で処理できるはずでしたが、近年の価格高騰の影響により取引量が増加し、手数料は1年間で100倍以上増加しました。

そこで、ビットコインキャッシュはマイナーからの反対の大きいSigwit(セグウィット)を導入することなく、ブロックサイズの上限を1MBから8MBに上げたのです。

②新しい難易度調整アルゴリズムを採用

ビットコインキャッシュとは、旧来のビットコインのチェーンから新しいビットコインキャッシュチェーンに移行した際に、独自の難易度調整アルゴリズム(DAA)採用しており、ハッシュレート変動を抑えつつ、安定して運用できることで知られています。

つまり、送金等のスピードを安定して行えるようにしているのです。これは後ほど詳しく説明します。

また、11月のハードフォークで新アルゴリズム(DAA)を採用しており、今後もアルゴリズム改善が予定されています。(2018年開発ロードマップ)おそらくその時また時価総額が上がるかなと思います!

※DAA(マイニング難易度調整アルゴリズム)

ビットコインキャッシュは、以下に説明しています※EDA※NDAを使っていたものの、ハッシュレートが非常に不安定でありました。そのため、2017年11月14日のハードフォークによって、調整をスムーズに、より安定した仕組みにアップデートされました。

※EDA (Emergency Difficulty Adjustment=緊急難易度調整アルゴリズム)とは:

意味は、ハッシュレートが極めて低い時(現在のブロックのMTP(=Median Time Past)が、6ブロック前のMTPよりも12時間以上である場合)、マイニングの難易度が20%下がる設計のことです。600秒に1つのブロック生成が実行できるよう難易度を調整していました。

※NDA(Normal Difficulty Adjustment)とは:

意味は、ハッシュレート(マイニングのスピードhas/sec)が急激に上がった時に※マイニングの難易度が大幅に引き上げられる設計のことです。

以上の2つのアルゴリズムを使用して、以前までマイニングの難易度を調整してきていました。マイニングの難易度と言われて、イメージがつきますでしょうか?

要は、以下の記事で説明しているのですが、各マイナーが探すべきナンス値を小さくしたり、大きくしたりすることによってマイニングの難易度を調整しているのです。

※分からない方は、初心者でもわかるように丁寧に書いてあるので、以下の記事を読んでおいたほうが良いです。

仕組み上、参加者が多かったり飛び抜けて連打速度の速い参加者が混じったりしていれば10分も待たずにどんどん採掘されてしまうのが想像つくかと思います。

このような状況になると、送金スピードが速い時があったり、いつまで経っても送金できないような時があったりと、信頼できる環境が作れません。その対策として、自動的に上記のようなEDAやNDAを使って難易度を変えていました。

※マイニングの難易度:マイニングの難易度(=採掘難易度)とは、ディフィカルティーとも呼ばれマイニング(採掘)によりブロックを生成する(ナンスを算出する)難易度のこと

③新しいトランザクションの署名形式

さらにビットコインキャッシュとは、新しいシグハッシュの形式により「※リプライプロテクション」「ハードウェアウォレットのセキュリティ向上」「ハッシュの指数的増加問題」の解決、の3つ問題を解決していることで有名です。

※リプライプロテクションとは、リプレイアタックを回避する方法です。リプレイアタックとは、分岐時に派生した元帳を悪意のある者が利用し、元の送信者の元帳から通貨を勝手に送信させる(盗み取る)攻撃であり、攻撃された者の資産が大きく失われる可能性があります。例えば、A→Bにビットコインを送金したのに、全く別のウォレットに1BCHを送金させられるような攻撃のことをリプレイアタックと言います。

ビットコインキャッシュまとめ 投資する方へ

ビットコインキャッシュとは

さて、以上のように、ビットコインキャッシュとビットコインの違いについて話してきましたが、途中途中専門的なことをたくさん挙げていきましたので、まだまだ整理できていない部分もあるかと思います。

読み返すのも億劫で、面倒だなと思う方は以下に書きました、2つの通貨の異なるポイントだけ抑えておけば良いかなと思います!ビットコインキャッシュとはでビットコインんと以下の2つの点で異なると理解しておきましょう!

有名な2つの相違点は以下の2つになります。どちらも容量の問題を解決させるべく改良を行っているのですが、それぞれ方法が異なるのです。

「取引データ量の縮小(Segwit)」=ビットコインが分裂しない(ソフトフォーク)→ビットコイン

「ブロック容量の拡大」=ビットコインが分裂する(ハードフォーク)→ビットコインキャッシュ

いかがだったでしょうか??ビットコインとビットコインキャッシュの違いについてご理解いただけましたでしょうか?さて、これから投資をするのにどちらにするか迷っている方もいらっしゃるかと思います。私個人的には、ビットコインは実用性があって信用性は高いですが、投資には向いていないような気もします。将来的に、仮想通貨が世界中どこでも使われる時代まで、待つというのであれば、安定性といった意味で、長期ホールドしておいても良いかもしれませんが。。あとは、半減期を待って、その時に一気に売るとかでしょうか?比べてビットコインキャッシュは、今後Sigwitを導入できる潜在性がありますし、まだまだ保有している人も少ないため、伸びしろがあるように思うのです。ビットコイン保持者がビットコインキャッシュの方に流れ込んでくることも考えられますし、ビットコインキャッシュとは、二代目ビットコイン、真のビットコインと言っても過言では無いのです。2018年1月半ば現在では、一度価格が急落し、今また落ち着いてきていますので、少しだけなら買っておいても、そこまで損はしないかもしれません。あくまで、個人的な予想でで、責任は持てないのですが、読者様が安全に投資で儲かることを望んでおります。それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

著者:

関連記事

仮想通貨・最新情報!!

仮想通貨ランキング!

にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ

Key word

おすすめサイト

仮想通貨関連記事:著者一覧

お問い合わせ